1inch (1INCH) とは?

最新価格情報

現在価格:
¥324.28
時価総額:
¥559.32億
時価総額ランク :
121位
24H取引量:
¥83.13億
24H変動額:
¥ +25.58
24H変動率:
+8.56%

簡単にまとめると
[+ 編集]

  • 1インチ交換は、1回のトランザクションで最良の価格でトークンのスワップを実行するDEXアグリゲーターです。DEXは比較的新しい概念であるため、すべてのDEX(分散型取引所)の中心的な問題は流動性の欠如であることが一般的な場所です。まず第一に、1インチのDEXアグリゲーターは流動性の問題に対処しているため、大量採用が容易になっています。最適化アルゴリズムは、異なる取引所間で取引を分割します。これにより、トランザクションを実行するための最も効率的な方法を使用できます。1インチプロトコルは、幅広いDEXから流動性を調達します。これにより、DeFi(分散型金融)取引への単一のエントリポイントとなり、エコシステムエクスペリエンスが実現します。
  • 略称は1INCHとなる。
  • DEXアグリゲーターである「1inch Exchange(分散型取引所)」が発行
  • 1INCHはガバナンストークンであり、1INCHの保有者は、DEXの「株主」のように投票権を持つことになり、1inch Exchangeの意思決定に関わることができます。
  • DEXの開発費用、開発者への報酬、セキュリティ維持費用、アドバイザーへの報酬、投資家への利益還元などに1INCHが使われることになっています

何がすごいのか?
[+ 編集]

どんな技術か?
[+ 編集]

開発状況

  • スター : 0
  • フォーク : 0
  • ウォッチャー : 0
  • イシュー : 0
  • コントリビューター : 0
  • 1ヶ月のコミット : 0

誰がつくっているのか?
[+ 編集]

これまでの実績
[+ 編集]

今後の将来性は?
[+ 編集]

「DEXアグリゲーター」は成長市場!

特定の管理者が不在で稼働するDEXは、DeFi(分散型金融サービス)の盛り上がりなどを受けて役割が大きくなっています。

ハッキングのリスクが少ないなどのメリットもあるため、今後、ジワジワと中央集権的な取引所に対してシェアを獲得していくことになるでしょう。

となれば、必然的に複数のDEXから最良のレートで取引できる「DEXアグリゲーター」も盛り上がってきます。

1inch Exchangeは、Uniswap、KyberNetwork、0xなど複数のDEXに接続しています。

これにより投資家はこれまで、「どのDEXがもっとも安く買えたり、高く売れたりするか?」を考えることなく、取引することができるようになるのです。


1INCHは競合と比較した強みも

DEXアグリゲーター」というジャンルは1INCHだけではありません。

今後、ライバルとの競争にさらされることになります。

たとえば、Paraswapや0x APIなどが代表的なライバルとしてあげられますね。

ただし、1inch Exchangeには、

  • 現在、サービスが無料で提供されている。
  • 流動性マイニングができる。
  • フロントランニング防止機能が実装されている。


といったライバルに対する強みがあります。

まず、1inch Exchangeは、目先の収益を重視せず、長期的なシェア獲得を最優先しているようです。

そのため現在は手数料が無料となっており、ベンチャーキャピタルからの出資で開発資金をまかなっているようです。

また、流動性マイニング(仮想通貨を預け、流動性を提供することで1INCHを獲得できる運用方法)に対応しています。

これは、投資家を引きつけるのに大きく貢献することでしょう。

さらに、フロントランニング防止機能が実装されているのも強みです。

フロントランニングとは、「誰かが発注した瞬間に、コンピュータにより高速で注文を出し、先回りして自身の注文を約定させる行為」のこと。

議論になっていること
[+ 編集]

次にみるべき記事
[+ 編集]

1inch(1INCH)が買える取引所の一覧

取引所 24H 取引量シェア
Binance 43.88%
OKEx 12.65%
Huobi 11.69%
BitForex 9.9%
Coinbase Pro 7.32%

公式情報

公式サイト : https://1inch.exchange/

1inchに設定されているタグ

この記事について