Aave WBTC v1 (AWBTC) とは?

最新価格情報

現在価格:
¥428.08万
時価総額:
¥0.0000
時価総額ランク :
-
24H取引量:
¥9.00億
24H変動額:
¥ +17.53万
24H変動率:
+4.27%

簡単にまとめると
[+ 編集]

Aaveの利付トークン(略してaToken)は、預入れ時に発行され、償還時に破壊されます。 aTokensは、Aaveプロトコルで預け入れられる原資産の値に1対1で比例がされます。 aDaiなどのATokenは、自由に保存、譲渡、取引できます。

  • ATokensは、原資産が借り手に貸し出されている間、お客様のウォレットに直接にリアルタイムで利息を確認できます!
  • 略称はAWBTCとなる。

何がすごいのか?
[+ 編集]

Aaveは、ユーザーが預金者または借り手として参加できる分散型の非保管流動性プロトコルです。預金者は市場に流動性を提供して受動的な収入を得る一方、借り手は担保過剰(永続的)または担保不足(1ブロックの流動性)で借りることができます。

このポータルは、プロトコルの基本を理解するためにAaveの主要なリソースにリンクしています。AaveコミュニティのDiscordサーバーに関するディスカッションに参加してください。私たちのチームとコミュニティのメンバーは、あなたがAaveの上に構築するのを手伝うことを楽しみにしています。


よくある質問


Aaveとその主な機能の概要については、よくある質問を確認してください。

Aavenomics


Aavenomicsは、Aaveプロトコルの分散化と自律性への形式化されたパスを導入します。

FlashPaperの

FlashPaper、Aavenomics提案の統合。

ガバナンスフォーラム


このフォーラムは、Aave改善提案(AIP)、リスク要因、および一般的なガバナンスの議論などに関するAaveのガバナンスの議論に専念しています。

リスクの枠組み


リスクフレームワークは、プロトコルの基本的なリスクを分析し、それらを軽減するために実施されているプロセスを説明します。

資産リスク

資産リスクは、新しい資産を追加することの影響を超えています。Aaveの方法論は、各資産のリスクを定量化し、その適合性と適切なリスクパラメーターを評価します。

資産のリスク・パラメータ

流動性リスク

流動性リスクは、プロトコルの過去の利用とaTokenの流動性の分析によってそれらを検証するために実施されている流動性リスク軽減戦略を提示します。

金利モデル

Aaveの借入金利モデルは、流動性リスクの管理の中心です。利用率が上がると、資本価格の上昇の結果としての借入金利も上がります。金利モデルは、各通貨のパラメーターを使用して記述されます。

金利シミュレーション

プロトコルメトリックを確認し、ローンを評価できるAaveの金利シミュレーションスプレッドシート。

ガントレットによってAaveの市場リスクアセスメント

Gauntlet Networkは、エージェントベースシミュレーションを使用して、価格と市場の混雑の両方の観点から、ストレスのある市場条件下でAave V1、V2、およびセーフティモジュールにストレスをかけます。シミュレーションは、プロトコルが支払能力を維持しながら極端な市場条件に直面できることを示しています。

開発者


プロトコルが内部でどのように機能するかを理解するために、Aaveのスマートコントラクトを深く掘り下げます。

どんな技術か?
[+ 編集]

開発状況

  • スター : 810
  • フォーク : 336
  • ウォッチャー : 92
  • イシュー : 25
  • コントリビューター : 2
  • 1ヶ月のコミット : 0

誰がつくっているのか?
[+ 編集]

これまでの実績
[+ 編集]

今後の将来性は?
[+ 編集]

議論になっていること
[+ 編集]

次にみるべき記事
[+ 編集]

公式情報

公式サイト : https://aave.com/atokens

Aave WBTC v1に設定されているタグ

この記事について