エイオン / Aion (AION) とは?

最新価格情報

現在価格:
¥6.04
時価総額:
¥22.46億
時価総額ランク :
131位
24H取引量:
¥4.32億
24H変動額:
¥-0.41
24H変動率:
-6.36%

コインチェック コインチェック

簡単にまとめると
[+ 編集]

第3世代のブロックチェーンネットワーク

  • Aionは、ブロックチェーンネットワークにおけるスケーラビリティ、プライバシー、相互運用性の未解決の問題に対処するために設計された多層ブロックチェーンシステム

あらゆるプライベートチェーンとパブリットチェーンを接続する

  • Aionはパブリックブロックチェーンと他のパブリックブロックチェーンを接続するだけでなく、企業のプライベートブロックチェーンとの接続をも可能にするプラットフォームである。



※日本語字幕の表示方法: 設定⚙ → 字幕 → 自動翻訳 → "日本語"を選択

何がすごいのか?
[+ 編集]

連合

  • Aion準拠ブロックチェーンとイーサリアム間のデータと価値を送容易にする


スケーラビリティ

  • 迅速なトランザクション処理と全てのAionブロックチェーンへのデータ容量を増加させる。
  • スポーク:他のブロックチェーンと相互運用性を維持するカスタマイズパブリックチェーンとプライベートチェーンを作成するし、作成者がガバナンス、コンセンサス、発行を選択できる。
  • AIONトークンは、新たなブロックチェーンの作成、チェーンブリッジによるマネタイズ化、全ネットワークの確保のために使用されるガスである。
  • Aion多層ブロックチェーンはコンピューターネットワークに似ており、異種システム間でやり取りするためのプロトコルと規格を提供する。また、情報に加えAionネットワークでは参加するブロックチェーン間でのロジックと価値を橋渡しし、すべての取引がオンチェーン上で行われる価値連鎖を作る。
  • Aion-1はAionネットワークの根幹であり、将来のネットワーク実装の基礎を提供する規格化されたテンプレートとなる。


コンセンサス

  • 2種類のBFTプロトコルをもち、ブリッジコンセンサスと接続ネットワークコンセンサス2つを設計している。
  • ーブリッジコンセンサスはブリッジ上でコンセンサスに迅速に行うための軽量であり、接続ネットワークコンセンサスは規模の安定性を提供することに焦点を当てた合意アルゴリズムである。
  • Aion仮想マシン(Aion virtual machine)はカスタマイズ可、軽量、パフォーマンスが高く、安定したVMである。

どんな技術か?
[+ 編集]

開発状況 github logo

  • スター : 321
  • フォーク : 108
  • ウォッチャー : 85
  • イシュー : 0
  • コントリビューター : 38
  • 1ヶ月のコミット : 68

誰がつくっているのか?
[+ 編集]

メンバー一覧

名前 役職
Matthew Spoke CEO
Kesem Frank COO
Jinius Tu CTO
Jason Burke CFO
Dipesh Pradhan Business Development

経営陣インタビュー

これまでの実績
[+ 編集]

最新ニュース

今後の将来性は?
[+ 編集]

議論になっていること
[+ 編集]

次にみるべき記事
[+ 編集]

Aion(AION)が買える取引所の一覧

取引所 24H 取引量シェア
Binance 53.27%
Bilaxy 25.71%
Bitrue 11.81%
Coinbene 6.21%
ATOMARS 2.21%

資金調達の状況

累計調達額 : 24.10億円

調達ラウンド 調達額 リード投資家 日時
Initial Coin Offering 24.10億円 不明 2017/10

投資家一覧

投資家 参加ラウンド
Andreas Schwartz Initial Coin Offering

公式情報

Aionに設定されているタグ

この記事について