Amp (AMP) とは?

最新価格情報

現在価格:
¥6.64
時価総額:
¥3194.86億
時価総額ランク :
68位
24H取引量:
¥54.47億
24H変動額:
¥-0.2086
24H変動率:
-3.04%

簡単にまとめると
[+ 編集]

アンプについて(AMP )

Flexa Networkは、実店舗のベンダーで暗号通貨による支払いを可能にします。 

このネットワークでは、BTC、ETHなどのサポートされている暗号通貨を使用して商品やサービスの支払いを行うことができ、ベンダーはフィアットで支払いを受け取ります。 

Flexaは、トークン「AMP」を使用して、それぞれのデジタル資産ネットワークで確認されている間、暗号支払いを担保し、受取人に法定紙幣で支払いを決済します。これにより、ネットワークでの確認時間の遅延、価格の変動、幅広い採用など、暗号エコシステムを悩ませてきたいくつかの問題が解決されます。

  • トークン

Amp(AMP)は、Flexa Networkでの支払いを担保するために使用されるデジタル資産トークンであり、支払いを即座に安全にします。トークンのERC20標準に従ってイーサリアム上に構築されています。AMPは、法定通貨またはその他のデジタル通貨で売買できます。

アンプは、暗号通貨ウォレットとジェミニのようなカストディアンに保存できます。

  • 供給

AMPトークンの供給は1,000億AMPに固定されています。


  • Flexacoin(FXC)との違い

 同じプロジェクトが発行している仮想通貨に、Flexacoin(FXC)がありますが、新事業に柔軟に対応するため、AMPにはいくつかの変更が加えられています。

何がすごいのか?
[+ 編集]

アンプ101

Ampは、特にセキュリティと不可逆性を優先するユースケース向けに、高速で効率的な価値の転送を促進するように設計されたデジタル担保トークンです。

担保として、Ampは未確認のままの転送の価値を保証します。このプロセスには、数秒から数時間、数日かかる場合があります。担保として使用されるアンプトークンは、通常、特定の転送のコンセンサスが達成されたときに解放され、別の転送を担保するために利用できるようにします。譲渡についてコンセンサスが得られない場合は、代わりにAmp担保を清算して損失を補うことができます。


アンプのユニークな点

Ampは、保留中または将来の価値の転送に対する即時の検証可能な保証を容易にするため、転送に依存するアクションを遅滞なく進めることができます。Ampを担保として使用することにより、個人およびエンティティは、不変の元帳で透過的に証明できる担保のセキュリティと効率の恩恵を受けます。

Ampもアセットに依存しません。Ampの機能セットは、デジタルまたは物理的なあらゆる形式の価値移転と普遍的に互換性があるため、あらゆる種類の資産の即時の不可逆的なトランザクションを容易にするために使用できます。

チェーンに担保を差し入れるプロセスを整理するために、Ampは担保パーティションの概念を採用しています。担保となるエンティティ、プロセス、アプリケーション、またはトランザクションごとに、Ampは、任意の数のオペレーターアドレスからアクセスまたは管理できるパーティションを指定し、事実上無制限のユースケースのセットに対してきめ細かい制御と拡張を可能にします。



Ampはどのように機能しますか?

Amp担保モデルの中核となるのは、担保パーティションの概念です。担保パーティションは、特定の目的のために担保を提供するAmpトークンのサブセットを表し、一意のパーティションアドレスを持つEthereumブロックチェーン上で区別されます。各担保パーティションには、転送フックと特権に関する独自のルールセットを付与できます。また、特別な機能を有効にするために、事前定義されたパーティション戦略を実装することもできます(たとえば、トークンが元のアドレスを離れることなく賭けられる担保モデル)。

担保をロック、リリース、および報酬するために、Ampはオンチェーン担保マネージャーを使用します。これは、特定の担保アプリケーションに代わってAmpを管理するスマートコントラクトです。担保マネージャーは担保パーティションと緊密に連携して、必要に応じてAmpトークンの転送を許可、拒否、リダイレクトし、価値転送アクティビティの担保化をサポートします。Ampは、任意の数の担保マネージャー契約の実装をサポートするように設計されており、誰でも独自の担保マネージャースマートコントラクトを構築および展開して、Ampを独自のアプリケーションおよびユースケースと統合できます。

Amp上に構築された最初の担保マネージャーはFlexa担保マネージャーであり、デジタル資産の支払いを保護する目的でFlexaネットワークに賭けられたAmpトークンを管理します。ステーキングAmpを奨励するために、Flexa担保マネージャーは、各担保パーティションを「プール」として使用します。このプールには、誰でもAmpトークンを提供でき、Flexa担保マネージャーは、成功した各転送の値のパーセンテージとしてネットワーク報酬を預け入れます。Flexaネットワーク内でのAmpの役割により、ネットワーク全体の支出容量の価値が発生するだけでなく、非常に弾力的で指数関数的なネットワーク報酬のシステムも提供します。


アンプトークンについて

Ampは、Ethereum上に構築されたERC20準拠のトークンです。Ampスマートコントラクトは、MITライセンスの下でオープンソース標準としてリリースされました。

Ampとそれに関連するスマートコントラクトは、ConsenSys Diligence(2020年6月)とTrail of Bits(2020年8月)の両方によって監査されました。

Ampトークン契約アドレスは次のとおり0xfF20817765cB7f73d4bde2e66e067E58D11095C2です。

公式にサポートされているAmp契約の実装は他にありません。また、2020年9月8日火曜日まで、Ampを作成する公式の方法はありません。

代替のAmpトークンを受け入れるように説得しようとする詐欺師に注意してください。これはおそらく価値がなく、FlexaCapacityなどのアプリでは使用できません。セキュリティのため、公式のAmpトークン契約のみを操作していることを確認し、Etherscanで取引を確認するか、TwitterまたはDiscordでAmp契約アドレスを確認してから取引してください。



どんな技術か?
[+ 編集]

  • Ampは、担保パーティションと担保マネージャーのシステムを通じて検証可能な担保を提供するための、わかりやすいが用途の広いインターフェースを提供すると主張しています。担保パーティションを指定して、アカウント、アプリケーション、さらにはトランザクションを担保し、イーサリアムブロックチェーンで直接検証可能な残高を運ぶことができる場合、担保マネージャーは、必要に応じてこれらのパーティションの担保を順番にロック、解放、リダイレクトできるスマートコントラクトです価値移転活動を支援するため。Ampは、担保化のさまざまなユースケースをサポートし、事前定義されたパーティション戦略の概念も導入します。これにより、トークンを元のアドレスから離れることなく賭けることができる担保モデルなどの特別な機能を有効にできます。

開発状況 github logo

  • スター : 0
  • フォーク : 0
  • ウォッチャー : 0
  • イシュー : 0
  • コントリビューター : 0
  • 1ヶ月のコミット : 0

誰がつくっているのか?
[+ 編集]

メンバー一覧

名前 役職
Dor Konforty Founder, CEO
Eran Ozery COO
Avi Lior VP of Product
Ifat Tal-Havia CFO
Zachi Hazan VP R&D

これまでの実績
[+ 編集]

  • 2021年3月 取引所Geminiに上場
  • 2021年6月 取引所Coinbaseに上場

今後の将来性は?
[+ 編集]

不動産、デジタル支払い、法定通貨交換、

およびローンの分配を含む完全な価値交換保証サービスを提供。

資産の担保移転はAMPの機能によってスムーズに行われます。

 

AMPは、Flexaネットワークと呼ばれる暗号支払いを通じて行われた

スプレッドの担保としても使用でき、支払いが失敗した場合や遅延した

場合もAMP を担保として清算して支払い問題を解決するんです。

 

よてAMP は、トランザクションを行う両方の当事者のための

追加のセキュリティ システムにもなるというわけです。

 

以上を踏まえて、今後、どうなるのかというと、

 

AMPの「担保」があらゆる場面での仮想通貨決済を

可能にすることになります。これはすごいことです。

 

店舗側の「価格変動リスク」や「取引承認時間が長いリスク」

を解決。ビットコイン決済を採用している店舗でBTCのブロック

承認を安全に行うには約60分とされているので、販売後の一定時間、

店舗は取引が確定しないリスクを抱えます。

 

これでは純粋なビットコイン決済は採用できません。

さらにビットコインを保有する価格変動リスクも抱えます。

 

AMPでは、顧客がビットコインやアルトコインで支払っても、

法定通貨(円やドル)などで受け取る環境を提供ができるように

なるので、注目されているのです。

 

店舗が法定通貨を受け取るまでの間、「担保」としてAMPを

使うため、ビットコインの承認が正しく行われなくても、

手元にはAMPがあるから安心ということになるわけです。

 

議論になっていること
[+ 編集]

次にみるべき記事
[+ 編集]

Amp(AMP)が買える取引所の一覧

取引所 24H 取引量シェア
Coinbase 74.28%
Gemini 25.14%
Bittrex 0.47%
Poloniex 0.11%

公式情報

Ampに設定されているタグ

この記事について