Apollo (APL) とは?

最新価格情報

現在価格:
¥0.1833
時価総額:
¥26.98億
時価総額ランク :
633位
24H取引量:
¥7690.11万
24H変動額:
¥-0.0106
24H変動率:
-5.51%

簡単にまとめると
[+ 編集]

Apollo(正式名称:Apollo Currency)とは

世界初の「オールインワン型プライバシーコイン」の開発を目指すプロジェクト。

何がすごいのか?
[+ 編集]

Apolloの特徴

シャーディングという技術を採用し、超高速な取引を実現していること。

シャーディングとは、取引の処理を並列に分散して処理する画期的な技術で、スケーラビリティ問題を解決することができるとして注目を集めています。

Apolloのシャーディングである「Apolloシャーディング」は、すでに2019年4月1日に有効となりました。

これはApolloが主張するところによると、主要なライバル通貨でもっとも早いシャーディングの採用です。


世界で最も強力なDAppsを提供

Apolloはビットコインのように送金でき、匿名性コインのようにプライバシーを保ち、さらにイーサリアムのようにDApps(分散型アプリケーション)を構築できます。

DAppsはイーサリアムの最大の特徴ですが、やはりスケーラビリティ問題に直面しているのが現状。

ApolloのDAppsは上記のシャーディングにより、「無制限のストレージ」を実現しました。

これにより、Apolloによると世界最強のDAppsが誕生しました。

どんな技術か?
[+ 編集]

開発状況

  • スター : 86
  • フォーク : 36
  • ウォッチャー : 37
  • イシュー : 2
  • コントリビューター : 15
  • 1ヶ月のコミット : 8

誰がつくっているのか?
[+ 編集]

これまでの実績
[+ 編集]

今後の将来性は?
[+ 編集]

これ以上なく「多機能」な仮想通貨

Apolloは、時価総額トップ20に入る主要な仮想通貨が持つほどんどの機能を取り入れることを目指しています。


Apolloは「NXT」のコピーであるとして裁判沙汰に

Apolloはすでに存在する仮想通貨「NXT」のコピーだとの非難があります。

Apolloは、NXTとほとんど同じで、そのソースコードの数行を書き換え、多数の機能に派手な名前を付けただけだというのです。

ある投資家は、「投資家を騙すため、画期的な技術であるかのように大げさな名前と与えて、誇大広告している」と述べています。


Apolloは「NXT」のコピーであるとして裁判沙汰に

とはいえ、このような優れたオールインワン通貨が、なぜビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨よりも割安で放置されているのか、疑問ですよね。

実は、Apolloはすでに存在する仮想通貨「NXT」のコピーだとの非難があります。

Apolloは、NXTとほとんど同じで、そのソースコードの数行を書き換え、多数の機能に派手な名前を付けただけだというのです。

ある投資家は、「投資家を騙すため、画期的な技術であるかのように大げさな名前と与えて、誇大広告している」と述べています。

事実、2020年になると、仮想通貨NXTを開発しているソフトウェア会社JeluridaはApolloにコードを複製されたとして訴え、勝訴しています。

「究極のオールインワン仮想通貨」でありながら、その採用や普及が進まないのは、こうした背景もあると考えられますね。


議論になっていること
[+ 編集]

次にみるべき記事
[+ 編集]

公式情報

Apolloに設定されているタグ

この記事について