アーダー / Ardor (ARDR) とは?

最新価格情報

現在価格:
¥26.69
時価総額:
¥266.66億
時価総額ランク :
182位
24H取引量:
¥29.49億
24H変動額:
¥ +0.2471
24H変動率:
+0.93%

簡単にまとめると
[+ 編集]

BaaS(Blocks-as-a-Service)プラットフォーム

  • Ardorは、ユーザーが資産発行のために自由に独自のサイドチェーンを作成できるようにするBaaS(Blocks-as-a-Service)プラットフォーム。 元々Nxt2.0という名前で開発されていたアルトコインプラットフォームで、2016年にアーダーに名前を変更。アーダーの最大の特徴はメインチェーンと子チェーンの仕組み。
  • メインチェーンはすべての子チェーンを安定させ、トランザクションを処理する。
  • 子チェーンとは、メインのブロックチェーンとは別に用意された補助的な役割を担うチェーン。チェーンを分けて負担を軽減することで、処理が高速でスケーラビリティの問題が起きないという強みを持つ。
  • 略称はARDRとなる。


独自のプライベートチェーン&パブリックチェーンの開発

  • Ardorを用いて独自のプライベートチェーン、パブリックチェーンを簡単に作成することができ、各ブロックチェーンは子チェーンとしてメインチェーンと接続されている。
  • この子チェーンはNxtブロックチェーンで使用されていたすべての機能を使用することができる。

※日本語字幕の表示方法: 設定⚙ → 字幕 → 自動翻訳 → "日本語"を選択

何がすごいのか?
[+ 編集]

Ardorの親チェーンは(ビットコインがそうであるように)多くの企業が参加しており、非中央集権的に管理されているので、非常にセキュリティが高くなっています。

そこでセキュリティにかかわる重要な処理を親チェーンで処理し、自社業務のトランザクションを子チェーンで処理すればいいのです。

こうすることで、企業には以下のようなメリットがあります。

  • 企業は自社の子チェーンの開発に集中することができる
  • セキュリティは親チェーン(Ardor)に頼れる
  • 独自トークンと独自ブロックチェーンを持てるので、企業が経済圏を構築できる
  • スケーラビリティ問題を回避できる

どんな技術か?
[+ 編集]

Ardorは、基本的な設計がNXTと共通になっています。

NXTはかつて、「バージョンアップ版のビットコイン」を目指して、ビットコインと違うアルゴリズムであるPoS(Proof of Stake)を採用した初期の仮想通貨。

黎明期からの投資家にはなじみのある銘柄ですが、そんなNXTの特徴を引き継きながら、子チェーンを使ってスケーラビリティ問題の解決を図っているのがArdorです。

開発状況 github logo

  • スター : 11
  • フォーク : 5
  • ウォッチャー : 11
  • イシュー : 10
  • コントリビューター : 0
  • 1ヶ月のコミット : 1

誰がつくっているのか?
[+ 編集]

メンバー一覧

名前 役職
Kristina Kalcheva Co-Founder & Managing Director
Lior Yaffe Co-Founder & Managing Director
Petko Petkov Co-Founder & Core Developer
Tomislav Gountchev Lead Software Developer

これまでの実績
[+ 編集]

今後の将来性は?
[+ 編集]

議論になっていること
[+ 編集]

次にみるべき記事
[+ 編集]

Ardor(ARDR)が買える取引所の一覧

取引所 24H 取引量シェア
Upbit 48.11%
Bilaxy 31.2%
Binance 14.49%
HitBTC 2.24%
TOKOK 2.1%

公式情報

Ardorに設定されているタグ

この記事について