Automata (ATA) とは?

最新価格情報

現在価格:
¥56.89
時価総額:
¥97.98億
時価総額ランク :
276位
24H取引量:
¥42.59億
24H変動額:
¥-0.9817
24H変動率:
-1.70%

簡単にまとめると
[+ 編集]

Automata(ATA)とは

Web3.0 dAppsにプライバシーミドルウェアを提供する分散型サービスプロトコル。
プロジェクト名称はAutomata Network / トークンシンボルはATA
  • 最新の暗号技術やプライバシー保護アルゴリズム、トラストコンピューティング技術を活用することで匿名投票、MEV(Miner Extractable Value)の最小化、No-tracking Indexingなどの多彩なユースケースを可能にし、複数のブロックチェーン上のdAppsにプライバシーミドルウェアを提供します。

何がすごいのか?
[+ 編集]

  • Automata Networkは、プライバシーミドルウェアという魅力的な提案により、DeFiやWeb3.0のプライバシーサービスとして認知されることを目指しています。既存の支援製品やサービスは、プライバシーを中心的な価値提案として提供するために、ユーザビリティにおいて様々なトレードオフを行っており、期待に反してしまいます。Automataでは、ユーザーが理想論よりも機能性や使いやすさを重視することを期待しています。
  • Automataのプライバシーに特化したサービスは、直感的でシームレスな方法で、ネイティブなブロックチェーン環境にプライバシーをもたらすことを意図して構築されています。つまり、修正を一切必要とせず、統合コストがあったとしてもごくわずかです。
  • Automataは、匿名投票、MEV Minimization、Do-not-track Indexingなど、Web3.0向けに構築された豊富なアプリケーションをサポートしています。開発者は、オープンソースのコードとAPIにより、より良い構成要素を得ることができます。ユーザーは安全に取引ができ、自分のアイデンティティを取り戻すことができ、Web3.0の経済活動の規模が大きくなるにつれて、個人はより多くの機会と選択肢を得ることができます。
  • Automataの技術インフラは、Intel SGXなどのハードウェアで安全に保護された計算機能と、業界初となるdApps用Oblivious RAMの実装で成り立っています。これにより、ソフトウェアやプロトコル設計の安定した基盤が構築されています。また、USENIX Security、NDSS、RAID、EuroSys、ICDCSなどの一流カンファレンスでプライバシーとセキュリティの研究論文を頻繁に発表しており、経験豊富な開発チームによって運営されています。



どんな技術か?
[+ 編集]

  • Automata Networkのミドルウェア的なソリューションスタックは、ガバナンスのための匿名のオフチェーン投票サービスであるWitness、DEXのためのMEV最小化ソリューションであるConveyor、ユーザーのためのdo-not-trackインデックスサービスであるLibrarianで構成されています。
  • Witnessは、身元や意見を明らかにしたくない投票者が、匿名でプロジェクトのガバナンスに参加するためのオフチェーン投票サービスです。Ethereum、Binance Smart Chain、その他のSubstrate-based EVM対応チェーンへのサポートを提供するほか、以下のような特徴があります。
  • 「ローコスト」/投票はオフチェーンで行われるため、ガスコストがかからず、高額なガス代に躊躇することなく、より多くのトークン保有者がガバナンスに参加することができます。
  • 「チェーンフック」/有効にすると、投票結果に基づいてオンチェーンでの実行がトリガーされます。Chainhookは、プロポーザル作成時に登録したオンチェーンのスマートコントラクトを安全に呼び出すことができます
  • 「プライバシー」/公開(投票者のアドレスと票数を完全に公開)、中程度(票数のみ公開)、非公開(投票結果のみを公開し、投票者の身元や票数は公開しない)など、非公開レベルの異なる投票の種類を選択できます。
  • 「モジュラー」/それぞれの機能を単独で使用することも、一緒に使用することも可能です。例えば、プロジェクトがオンチェーンで実行せずにシグナリングツールとしてWitnessを使用したい場合も使用可能です。
  • 「マルチチェーン対応」/Ethereum, Binance Smart Chain, その他サブストレートベースのEVM対応チェーンをサポートしています。
  • 「コンベヤー」/MEV Minimization Conveyorは、MEV問題を解決するためのチェーンを問わないソリューションであり、UniswapなどのDEXとシームレスに動作し、変更の必要はありません。決められた順序でトランザクションを取り込み、出力することで、フロントランニングフリーゾーンを形成し、トランザクションの順序変更による混乱を解消します。特徴はユーザーはガス代を直接支払うことなく取引が可能になります。(ガスレス取引)
  • 「Anti-front-run」/Conveyorに対応した取引ペアでは、フロントランニングによる取引は行われません。
  • 「オーダーに関するプライバシー」/トランザクションのオーダーは、それが決定され、変更不可能な場合を除き、明らかにされません。ホスティングノードを含む誰もが、決定される前のオーダーを知ることはありません。
  • 「シームレスな統合」/複数のプラットフォーム上のDEXを、低い統合オーバーヘッドでサポートできます。



開発状況

  • スター : 0
  • フォーク : 0
  • ウォッチャー : 0
  • イシュー : 0
  • コントリビューター : 0
  • 1ヶ月のコミット : 0

誰がつくっているのか?
[+ 編集]

これまでの実績
[+ 編集]

バイナンスローンチプールの20番目のプロジェクトとして発表

2021年6月2日午前0時(UTC)よりBNB,BUSDおよびDOTトークンを別々のプールにステークして、30日間に渡ってATAトークンをファーム出来るようになりました。その後、2021年6月7日午前6時(UTC)にATAをイノベーションゾーンに上場し、ATA/BTC, ATA/BNB, ATA/BUSD, ATA/USDTの取引ペアで取引を開始します。

使い方

簡単です!簡単なガイドをまとめました。


Binanceアカウントにログインした後、Launchpoolページに移動します

トークンを賭けるプールを選択します。この例では、BNB、BUSD、およびDOTの3つの異なるATA流動性プールが利用可能であることがわかります。

[賭け金]ボタンをクリックすると、賭け金の合計額、1日の利回り報酬、年間利回り率など、プールの賭け金の詳細が表示されます。

最後の微調整として、ブックマークする詳細と日付は次のとおりです。

BinanceでのATAのリストは、2021–06–07 06:00 AM(UTC)です。

農業は2021–06–02 00:00 AM(UTC)に開始されます。

スマートコントラクトアドレス:ATA(ERC-20); ATA(BEP-20)

今後の将来性は?
[+ 編集]

  • ガスレス取引はもちろん著名な研究者の参加等があれば将来重要なトークンになる可能性があります。

議論になっていること
[+ 編集]

次にみるべき記事
[+ 編集]

・coinmarketcap https://coinmarketcap.com/currencies/automata-network/

公式情報

公式サイト : https://www.ata.network/

Automataに設定されているタグ

この記事について