Avalanche (AVAX) とは?

最新価格情報

現在価格:
¥6581.50
時価総額:
¥1.45兆
時価総額ランク :
17位
24H取引量:
¥834.37億
24H変動額:
¥ +131.39
24H変動率:
+2.04%

簡単にまとめると
[+ 編集]

  • Avalancheブロックチェーンの開発元AVA Labsは6月25日、同社が発行するAVAXトークンのプライベートセールス完了を報告している。調達した資金は1,200万ドル。
  • 今回の資金調達ラウンドには、Galaxy Digital、Bitmain、Initialized Capital、NGC Ventures、Dragonfly Capitalと、非公開の個人投資家が参加している。
  • Avalancheとは、ビットコインやイーサリアムが採用するPoW(プルーフ・オブ・ワーク)とは異なる合意形成アルゴリズムのことであり、より高速な取引処理を実現するとして期待されている。
  • 略称はAVAXとなる。

何がすごいのか?
[+ 編集]

  • ビットコインが1秒間に処理できる取引の数は3~7件といわれています。この数はグローバルな送金ネットワークを支えるには圧倒的に不足しています。例えば、VISAネットワークは最大で1秒間に約5万6,000件の送金取引を処理することが可能です。
  • 処理速度が高いブロックチェーンの典型的な欠点は分散性の低さだといわれます。つまり、取引処理ネットワークに参加するコンピュータの数が減らし、セキュリティを犠牲にすることで、処理スピードを上昇させる方法です。しかしAvalancheはそのジレンマをも解決可能だとしており、理論上数千・数百万ノードを参加させ、セキュリティを維持した形でネットワークを動かすことが可能だそうです。

どんな技術か?
[+ 編集]

開発状況 github logo

  • スター : 859
  • フォーク : 191
  • ウォッチャー : 96
  • イシュー : 290
  • コントリビューター : 24
  • 1ヶ月のコミット : 262

誰がつくっているのか?
[+ 編集]

Ava Labs

ニューヨークのブルックリンを拠点に活動している。

Team Rocketという匿名グループに端を発している。

ビットコインを発明したサトシ・ナカモトの影響を受け発足。

 

Team Rocketは、日本の人気アニメ「ポケモン」の

主人公サトシのライバルであるロケット団に由来、

 

ビットコインをライバル視するいうより、超えて

いこうという気概が名前のルーツ。

これまでの実績
[+ 編集]

今後の将来性は?
[+ 編集]

イーサリアムとの高い互換性を持つ

Avalancheは、時価総額2位の仮想通貨イーサリアムと高い互換性を持っています

互換性を持っていながら、非常に高いトランザクションスピードがあるということは、Avalancheはイーサリアムの完全な「上位互換」になる可能性があるということです。

現在イーサリアム上で展開している仮想通貨プロジェクトが、簡単にAvalancheを活用できることは、大きな意味があるといえるでしょう

なぜなら、互換性がないと、いかに優れたプラットフォームでもその普及までに時間を要することになりますが、イーサリアムの互換性があるAvalancheは、一気に採用が進みトークン価格の爆発的上昇につながる可能性もあるからです


AvalancheはDeFiに革命をもたらす?

2020年現在、非常に伸び盛りなのがDefi(分散型金融)のプロジェクトです

しかし、結論からいえば、Defi型トークンの多くは、トークン価格は上昇しているものの、中身が伴っているとは言えません

「未来への先行投資」や「期待感」から上昇していたり、「上がるから買う」という投機的な投資家の行動も目立ちます

しかし、そんな状況をAvalancheが変える可能性があります

Avalancheの非常に高いトランザクションスピードが「イーサリアムキラー」となり、イーサリアム上で展開されている多くのDefi系プロジェクトがAvalancheを利用すれば、Defiサービスは一気に実用的になります

イーサリアム上のDefi系プロジェクトの大きなネックは処理能力の低さですが、Avalancheの高速なトランザクションスピードで、これを解決できるからです(処理速度は、1秒間に4500トランザクションとなており、Visa決済システム並みです。)


Avalancheはまだローンチ直後なので、将来性は未知数

ここまで述べてきたように、Avalancheは「イーサリアムキラー」として機能する可能性があります

しかし実際には、その将来性や今後の価格は未知数

というのも、Avalancheは2020年9月22日にローンチされたばかりのプロジェクトだからです

また、これまでの仮想通貨市場をふりかえると、「ビットコイン」よりも処理能力の高い仮想通貨(例えばビットコインキャッシュ)などが後発で登場しましたが、信用力やオリジナリティも投資家の大きな判断材料となっているため、ビットコインを超えるには至っていません

つまり、Avalancheが優れているからといって、本当にそれが正しく評価されるかどうかは別の問題なのです

Avalancheをまとめると、「イーサリアムキラーになれれば爆発的上昇が期待できるものの、その実現性は未知数の大穴コイン」だといえるでしょう

議論になっていること
[+ 編集]

次にみるべき記事
[+ 編集]

Avalanche(AVAX)が買える取引所の一覧

取引所 24H 取引量シェア
Binance 42.87%
Trader Joe 22.08%
OKEx 16.72%
Paribu 3.91%
Gate.io 3.46%

公式情報

Avalancheに設定されているタグ

この記事について