BakeryToken (BAKE) とは?

最新価格情報

現在価格:
¥126.75
時価総額:
¥0.00
時価総額ランク :
-
24H取引量:
¥21.06億
24H変動額:
¥-2.03
24H変動率:
-1.58%

簡単にまとめると
[+ 編集]

  • BakeryTokenとは、Binance Smart Chain(バイナンススマートチェーン)に対応した世界で最初の自動マーケットメーカー(AMM)
  • AMMは分散型取引所(DEX)に似た仕組みで、オーダーブック(取引板)を利用せずに仮想通貨を交換(スワップ)できます。
  • 代表的なAMMには、イーサリアムのERC20トークンに対応したUniswapやSushiswapがありますが、BakeryTokenは、新しいチェーンであるBinance Smart ChainのBEP20トークンに対応しています。

何がすごいのか?
[+ 編集]

  • BakeryTokenではイールドファーミングが可能
  • イールドファーミングとは、自動マーケットメーカー(AMM)に仮想通貨を預け入れることで、AMMから利息収入を得る方法。
  • BakerySwap利用者が支払った取引手数料を元にして、投資家は運用益を得ることができます。
  • Binance Smart Chainは、まだできたばかりの新しいチェーンです。そのため、UniswapやSushiswapなどのすでにあるイーサリアム系のAMMよりも、先行者利益で高い利回りを狙えることが特徴ですね。
  • BakeryTokenでは、「年利300%」以上の利回りもイールドファーミングのみで実現可能です。なおBakerySwapでは、取引手数料が0.30%となっていますが、運営側は収益全体の「1%」のみを受け取ることになっており、残りはすべて、投資家の利息収入などに還元されます。

どんな技術か?
[+ 編集]

開発状況

  • スター : 0
  • フォーク : 0
  • ウォッチャー : 0
  • イシュー : 0
  • コントリビューター : 0
  • 1ヶ月のコミット : 0

誰がつくっているのか?
[+ 編集]

これまでの実績
[+ 編集]

今後の将来性は?
[+ 編集]

BakeryTokenは「Binance Smart Chain」に対応

Binance Smart Chainに対応したAMMはまだめずらしく、BakeryTokenはそのうちのひとつ。

ほかにはPancakeSwap(パンケーキスワップ)などがありますね。

PancakeSwapはBinance Smart Chainに対応する「最大」のAMMですが、BakeryTokenは、Binance Smart Chainに対応した「世界初」のAMMです。

Binance Smart Chainでイールドファーミングをするなら、PancakeSwapとあわせて、必ず選択肢に入るAMMだといえるでしょう。

この地位を維持できれば、イーサリアム系のAMMとして成功を収めているUniswapのように、広く認知されるようになるかもしれません。


BakeryTokenは取引手数料が安い

BakeryTokenが「Binance Smart Chain」に対応していることは、単に「新しい市場に参入した」ことよりも大きな意味があります。

たとえば、Binance Smart Chainは非常に取引手数料が安いので、BakeryTokenでイールドファーミングするのに必要となる手数料も安くなります。

イーサリアムでは、スケーラビリティ問題(取引混雑時の手数料の高騰)に直面しており、トークンを送金する場合、日本円にして2000円以上の手数料がかかってしまうこともありますよね。

Binance Smart Chainでは現状、そうした手数料の高騰は発生していないので、数円程度でトークンを送金できます。

この手軽さが多くの投資家を引きつけ、結果的にBakeryTokenの成長につながる可能性は高いでしょう。


バイナンスからも期待されるBakeryToken

BakeryTokenは、世界最大の取引所バイナンスから出資を受けるなど、期待されているプロジェクトです。

同社は6つのDeFi系プロジェクトに約3700万円を投資しましたが、その1つに選ばれていますね(BakerySwap、AnySwap、Arkane Network、Bitquery、PancakeSwap、Proximaの6つ)。

AMM分野からは、ライバルに当たるPancakeSwapも選出されており、どちらもバイナンスからみると将来性のあるプロジェクトであることがわかります。


BakerySwapLaunchpad機能を搭載

BakeryTokenの最大の特徴は、仮想通貨を交換できるAMM(自動マーケットメーカー)と、それを支えるイールドファーミングです。

しかし、付け加えると「Launchpad機能」もひとつの特徴ですね。

これは、まだ一般公開されていないNFT(Non Fungible Token)を入手できる機能となっています。

NFTトークンは仮想通貨の一種で、「代替不可能なトークン」のこと。

ちょっとピンとこないかもしれませんが、ブロックチェーンゲームのキャラクターやアイテムをNFTトークンで表すことにより、自由に保管、送金、売買することができ、ゲームの可能を引き上げるとして注目されています。

ゲームのアイテムなどは「データ」ですから、自由に複製できてしまいますが、NFTは複製できないので、真の「世界唯一のデータ」として価値を保つことができます。

ブロックチェーンゲームは成長分野なので、BakerySwapLaunchpadの機能も、BakeryTokenの成長要因のひとつとして期待されます。


議論になっていること
[+ 編集]

次にみるべき記事
[+ 編集]

公式情報

BakeryTokenに設定されているタグ

この記事について