Beefy.Finance (BIFI) とは?

最新価格情報

現在価格:
¥22.06万
時価総額:
¥167.72億
時価総額ランク :
305位
24H取引量:
¥7.83億
24H変動額:
¥ +1.06万
24H変動率:
+5.06%

簡単にまとめると
[+ 編集]

  • スマートコントラクト、トークン、および暗号を使用することは常にリスクです。投資する前にDYOR。
  • Binance Smart Chainに対応する「イールドアグリゲーター」

何がすごいのか?
[+ 編集]

イールドアグリゲーターとは、仮想通貨をAMM(取引板を使わない仕組みで仮想通貨同士を交換できる分散型取引所の一種)に預け入れることで利益を得られる「イールドファーミング」を最適化するサービス。

(イールドファーミングとは、AMMに仮想通貨を預け入れ、流動性を提供することで、その対価として利息収入を得る運用方法ですね)

具体的には、もっとも利回りの高いイールドファーミングを、複数のAMMから自動的に選択し、運用してくれます。

Beefy.Financeの「Vaults」というサービスを使うと、仮想通貨100種類以上のイールドファーミングを独自の戦略に基づいて、完全に自動化することができます。


DeFi系のプロジェクトでは、まれにセキュリティ上の弱点から仮想通貨が盗まれることがあります。

2021年2月現在、Beefy.Financeの公式サイトには、セキュリティに注意を払っているものの、「まだ監査は受けていない」旨が記載されています。

つまり、セキュリティ面において完全ではない可能性がありますね。

利用には自己責任が求められる点には注意しましょう。

どんな技術か?
[+ 編集]

開発状況

  • スター : 0
  • フォーク : 0
  • ウォッチャー : 0
  • イシュー : 0
  • コントリビューター : 0
  • 1ヶ月のコミット : 0

誰がつくっているのか?
[+ 編集]

これまでの実績
[+ 編集]

2021年03月16日午前09時、バイナンスへ上場

今後の将来性は?
[+ 編集]

「イールドアグリゲーター」と聞くと、よく勉強されている方はyearn.financeを思い浮かべる方もいるかもしれません。

実際、yearn.financeとBeefy.Financeは、それぞれ対応するチェーンとトークンの規格(イーサリアムはERC20、Binance Smart ChainはBEP20)が異なっているだけです。

かなり似ているプロダクトなので、yearn.financeのように成長していく可能性は高いでしょう。

付け加えると、Beefy.Financeが対応するBinance Smart Chainは、イーサリアムと比較して手数料が非常に安価です。

これにより、yearn.financeで運用する場合に利益を削られていた取引手数料が、Beefy.Financeではほとんどかかりません。

つまり、Beefy.Financeは取引手数料に縛られないため、イールドアグリゲーターとしてもより柔軟な戦略を取れることができ、利回りが高くなりやすいメリットがあります。

Beefy.Financeは急騰中!

上記のような性質から、Beefy.Financeは投資家からの注目を急速に集めています。

Beefy.Financeの独自トークン「BIFI」は、Beefy.Financeそのものが得た収益の一部を受け取ることができる株式のような性質があります。

価格のほうも好調で、2020年10月には5ドル前後で推移していましたが、2021年2月現在、840ドルほどまで上昇。


議論になっていること
[+ 編集]

Beefy.Financeは監査を受けていない

DeFi系のプロジェクトでは、まれにセキュリティ上の弱点から仮想通貨が盗まれることがあります。

2021年2月現在、Beefy.Financeの公式サイトには、セキュリティに注意を払っているものの、「また監査は受けていない」旨が記載されています。

つまり、セキュリティ面において完全ではない可能性がありますね。

利用には自己責任が求められる点には注意しましょう。

次にみるべき記事
[+ 編集]

公式情報

公式サイト : https://beefy.finance/

Beefy.Financeに設定されているタグ

この記事について