Bezant (BZNT) とは?

最新価格情報

現在価格:
¥0.03
時価総額:
¥1652.94万
時価総額ランク :
2210位
24H取引量:
¥64.73万
24H変動額:
¥-0.01
24H変動率:
-31.35%

簡単にまとめると
[+ 編集]

ボーダーレス決済

  • Bezant Blockchainは、コンテンツ開発者やネット通販業者が顧客へ販売する革新的な方法を提供するサービスプラットフォームです。誰でも自分のコンテンツやeコマースを構築し、世界中のほとんどの主要なローカル支払い方法を受け入れることができます。
  • BZNTトークンは、高価なStore費用 (30%)を排除し、販売者に即座にP2P支払いを提供する、Bezantプラットフォーム内のネイティブ暗号通貨と交換の媒体として機能します。

※日本語字幕の表示方法: 設定⚙ → 字幕 → 自動翻訳 → "日本語"を選択

何がすごいのか?
[+ 編集]

Bezantは、世界のデジタルコンテンツやインフルエンサー向けの決済、資金調達のプラットフォームを提供しようとしています。

開発陣には、韓国の大手取引所Bithumbの共同創業者Daesik Kim氏。

「カカオトーク」でブレイクしている韓国企業kakaoの元経営者や開発者が参加しています。

2018年5月初旬に行われたICOでは、開始わずか1時間で目標額の1680万ドルの調達に成功。

終了時には1億2600万ドル以上の応募に達し話題になりました。


デジタルコンテンツの弱点の1つは、決済手段が限られていることでした。

デジタルコンテンツの購入にはクレジットカードが必要な場合が多く、すべての人が気軽に利用できるものではありません。

日本だとあまりないですが、世界には銀行口座を持っていない人もいてスマホ決済が不可能な人が多数いました。

スマホの普及率は、年々増加していますから「スマホを持っているが決済手段がない人」が増えていたのでした。

そこで、Bezantが、モバイルと決済のギャップを埋めるべくプロジェクトを立ち上げたのです。

Bezantのプラットフォームでは、デジタルコンテンツの提供者と消費者が、直接交流や取引が可能です。

クレジットカードがなくても、アプリや音楽などのコンテンツをBezantで購入し世界にシェアを広げることができます。

また、コンテンツの開発者は、Bezantで資金調達を行えるので世界中のスポンサーから制作費を集められます。

便利なアプリをアイディアと行動力だけで開発できるようになりますし、消費者の意見をダイレクトに聞くことができます。

規模が大きくなればネット番組や映画も個人や小さなグループで制作できるので、僕たち個人が名作のスポンサーになれるかもしれません。

Bezantはこれまで以上に面白いアイディアが形になりやすくなる、クリエイターたちの経済や存在価値を革新するプロジェクトです。


どんな技術か?
[+ 編集]

開発状況

  • スター : 0
  • フォーク : 0
  • ウォッチャー : 0
  • イシュー : 0
  • コントリビューター : 0
  • 1ヶ月のコミット : 0

誰がつくっているのか?
[+ 編集]

メンバー一覧

名前 役職
Steve Tay Foundation Director
Dae Sik Kim CCO
Mark Yu CSO
Noah Hwang Vice President
Ray Cho CFO

これまでの実績
[+ 編集]

今後の将来性は?
[+ 編集]

消費者のデジタルコンテンツへの支出は年々増加しており、2018年にはモバイルアプリストアでの支出額が1100万ドルを超えています。

2021年には電子商取引売上が4.5兆ドルまで到達するという予測までされているほど、熱狂的な市場になっています。

こうした勢いを増すデジタルコンテンツ市場をさらに盛り上げるべく発足したのがBezantです。

Youtubeなどのコンテンツ市場はこれから伸びていくとして、そこで実際にBezantがプラットフォームとして利用されるかが、ポイントとなってきます。

現状は、大手取引所への上場はないですが開発陣に韓国大手取引所「Bithumb 」の共同創業者がいるので上場する可能性が高いとも考えられます。

議論になっていること
[+ 編集]

次にみるべき記事
[+ 編集]

Bezant(BZNT)が買える取引所の一覧

取引所 24H 取引量シェア
Hotbit 67.74%
Bithumb Global 32.26%

公式情報

Bezantに設定されているタグ

この記事について