ビボックス / Bibox Token (BIX) とは?

最新価格情報

現在価格:
¥6.56
時価総額:
¥7.71億
時価総額ランク :
1310位
24H取引量:
¥69.96億
24H変動額:
¥ +0.0382
24H変動率:
+0.59%

簡単にまとめると
[+ 編集]

-

  • Biboxは、ブロックチェーンについて熱心で、ブロックチェーン、ファイナンス、AIなどの分野で徹底的な知識を持つ上級専門家のグループによって共同で設立されたブロックチェーン資産のためのインテリジェントな取引プラットフォームです。このプラットフォームは、デジタルデジタル資産を有効にして生活を円滑にします。私たちは、継続的な努力と知識の蓄積により、高度なAIテクノロジと完璧なユーザーエクスペリエンスを活用して、Biboxを「デジタル資産の世界的で透明性の高いインテリジェントなトランザクションプラットフォーム」に構築することを願っています。また、Biboxをスタッフのキャリア開発に最適な場所にしたいと考えています。

堅牢なセキュリティ

  • スマートトークンと取引管理を提供するためのマイクロサービス分割設計とAIの安全な使用
  • 略称はBIXとなる。



※日本語字幕の表示方法: 設定⚙ → 字幕 → 自動翻訳 → "日本語"を選択

何がすごいのか?
[+ 編集]

  • 取引手数料が50%オフ(2年目は25%オフ、以後1年ごとに×1/2される。5年目以降は割引なし)
  • 配当がある
  • Burn(バーン)


取引手数料が安くなる

BIXを持っていると、Bibox(ビボックス)での取引手数料が1年目が50%オフ、2年目は25%オフ、以後1年ごとに×1/2になります。(5年目以降は割引なし)

配当がある

毎週金曜日に、取引手数料の45%がBIXトークンの保有量に応じて配当され、取引高がTOP100位以内のユーザーには150%のボーナスが付きます。

たとえば、

ユーザーAは130,000 BIXを保有、取引量が100位、その週のBiboxの取引手数料収入が1,000 BTCの場合。

ユーザーAが得られる報酬は(130,000/130,000,000)× 45%×150%× 1000BTC = 0.675BTC

取引量が101位の場合は(130,000/130,000,000)×45%×1000BTC = 0.45BTC

といった感じです。


Burn(バーン)

Bibox Token(BIX)は、四半期(3ヶ月)ごとに純利益の25%分を買い戻し消却。

数が減ることで希少性が増し、価格の上昇につながります。


どんな技術か?
[+ 編集]

開発状況 github logo

  • スター : 0
  • フォーク : 0
  • ウォッチャー : 0
  • イシュー : 0
  • コントリビューター : 0
  • 1ヶ月のコミット : 0

誰がつくっているのか?
[+ 編集]

メンバー一覧

名前 役職
Jason He CEO
Michael Wang CTO
Jeffery Lei COO
Tom Budd Advisor
Advisor

これまでの実績
[+ 編集]

今後の将来性は?
[+ 編集]

Bibox Token(BIX)の今後の将来性は、Biboxの利用者が増え、取引高が高まるかどうかにかかっています。

BINANCEのように、配当とBurnがあります。

さらに、取引高が大きい割にまだまだ時価総額が小さいので、伸びしろがあると言えるでしょう。

議論になっていること
[+ 編集]

次にみるべき記事
[+ 編集]

公式情報

Bibox Tokenに設定されているタグ

この記事について