Binance ETH staking (BETH) とは?

最新価格情報

現在価格:
¥44.26万
時価総額:
¥0.0000
時価総額ランク :
-
24H取引量:
¥5.04億
24H変動額:
¥ +1.34万
24H変動率:
+3.14%

簡単にまとめると
[+ 編集]

ビーコンチェーンとは

 

ビーコンチェーンは、シャードスタッカーの拡張されたネットワークを実施または調整します。しかし、それは今日のイーサリアムメインネットのようにはなりません。アカウントやスマートコントラクトを処理することはできません。

ビーコンチェーンの役割は時間とともに変化しますが、これは私たちが取り組んいる安全で持続可能でスケーラブルなイーサリアムの基本的なコンポーネントです

 

何がすごいのか?
[+ 編集]

ビーコンチェーンの特徴

ステーキングの紹介

ビーコンチェーンは、イーサリアムにプルーフオブステークを導入します。これは、イーサリアムを安全に保つための新しい方法です。イーサリアムをより健康にし、その過程でより多くのETHを獲得する公共財のように考えてください。実際には、バリデーターソフトウェアをアクティブ化するためにETHをステーキングする必要があります。バリデーターとして、トランザクションを処理し、チェーン内に新しいブロックを作成します。

ステーキングとバリデーターになることは、マイニング(ネットワークが現在どのように保護されているか)よりも簡単です。そして、これが長期的にイーサリアムをより安全にするのに役立つことが期待されています。ネットワークに参加する人が増えるほど、ネットワークは分散化され、攻撃から安全になります。

 

バリデーターになり、ビーコンチェーンの保護に関心がある場合は、ステーキングの詳細をご覧ください

これは、別のEth2アップグレードであるシャードチェーンの重要な変更でもあります。

シャードチェーンの設定

MainnetがBeaconChainと統合された後、次のアップグレードでは、プルーフオブステークネットワークにシャードチェーンが導入されます。これらの「シャード」は、ネットワークを64ブロックチェーンに拡張することにより、ネットワークの容量を増やし、トランザクション速度を向上させます。ビーコンチェーンは、安全に機能するためにステーキングが必要なため、シャードチェーンを導入するための重要な最初のステップです。

最終的に、ビーコンチェーンは、シャードチェーンを検証するためにスタッカーをランダムに割り当てる役割も果たします。これは、スタッカーが共謀して破片を引き継ぐことを困難にするための鍵です。まあ、それは彼らが1兆分の1未満の確率を持っていることを意味します。

アップグレード間の関係

Eth2のアップグレードはすべてある程度相互に関連しています。それでは、ビーコンチェーンが他のアップグレードにどのように影響するかを要約してみましょう。

メインネットとビーコンチェーン

ビーコンチェーンは、最初は、現在使用しているイーサリアムメインネットとは別に存在します。しかし、最終的にはそれらは接続されます。計画は、メインネットをビーコンチェーンによって制御および調整されるプルーフオブステークシステムに「マージ」することです。

マージ

シャードとビーコンチェーン

シャードチェーンは、プルーフオブステークコンセンサスメカニズムが設定されている場合にのみ、イーサリアムエコシステムに安全に入ることができます。ビーコンチェーンはステーキングを導入し、シャードチェーンのアップグレードが続く道を開きます。

シャードチェーン

 

 

どんな技術か?
[+ 編集]

※上記項目に同じ

何がすごいのか/どんな技術か

は同表現として捉えて書き込みしてます。

開発状況

  • スター : 0
  • フォーク : 0
  • ウォッチャー : 0
  • イシュー : 0
  • コントリビューター : 0
  • 1ヶ月のコミット : 0

誰がつくっているのか?
[+ 編集]

イーサリアム財団

これまでの実績
[+ 編集]

詳細の実績を確認されたい方は以下をご参照ください。

 

https://ethos.dev/beacon-chain/

今後の将来性は?
[+ 編集]

議論になっていること
[+ 編集]

次にみるべき記事
[+ 編集]

公式情報

公式サイト : https://www.binance.com/

Binance ETH stakingに設定されているタグ

この記事について