ビットコイン / Bitcoin (BTC) とは?

最新価格情報

現在価格:
¥77.70万
時価総額:
¥14.06兆
時価総額ランク :
1位
24H取引量:
¥2.08兆
24H変動額:
¥-9050.22
24H変動率:
-1.15%

コインチェック コインチェック

簡単にまとめると
[+ 編集]

世界中の誰もが、すぐに確実に安全に価値を交換できるようにする

  • 円やドル等の既存のお金は、発行している国に強く依存しており、強い国のお金は強く、弱い国のお金は弱いという不平等が発生していた
  • 一方で、電子マネー等のネット上のお金は、世界中の人々に届く反面、その独立性や信頼性、安全性に問題があった
  • ビットコインは、世界初の特定の管理者がおらず、改ざんが困難で決してシステムがダウンしないインターネット上のお金である

※日本語字幕の表示方法: 設定⚙ → 字幕 → 自動翻訳 → "日本語"を選択

何がすごいのか?
[+ 編集]

ブロックチェーンという概念を世界で初めて提唱して実行した

  • 2008年10月にサトシ・ナカモトと名乗る人物がビットコインの論文を発表し、わずか3ヶ月後にはビットコイン理論を実現するソフトウエアがオープンソースで公開された
  • そしてその約1年後の2010年2月には、ビットコイン取引可能な世界最初の取引所が誕生、同年5月にはビットコインによる最初の決済が実行された
  • 2018年11月現在、ビットコインの時価総額は12兆円を超えている

低い手数料で、安全、確実に海外送金、決済を実行できる

  • 銀行間送金やクレジットカード等と異なり、仲介者が存在しないため、非常に低い手数料で、すばやく、送金・決済が可能
  • ブロックチェーン技術を用いているため、情報は世界中のコンピューターのネットワーク上に分散して保存されており、改ざんが極めて難しく、消えることもない

世界で実際にもっとも利用されている仮想通貨

  • Expedia、楽天等を皮切りに、世界中のECショップ、実店舗でビットコイン決済が可能になっている
  • 日本でも、全国のビックカメラ、リクルート系列の26万店舗、5万店のぐるなび加盟店でもビットコイン決済が導入されている
  • 現金をビットコインに両替できるビットコインATMも世界で4000台を超える

どんな技術か?
[+ 編集]

P2Pネットワークでデータを確実に保持

  • P2Pネットワークとは、国や、銀行等の中央管理者が存在せず、世界中のコンピュータ端末同士が結びついて、データを保持するネットワーク
  • それぞれの端末が対等にデータを保持しているため、一部が攻撃を受けても全体に影響がない
  • 銀行のように巨大なサーバーを必要とせず、システム構築単価も安価である

PoW(Proof of Work)で、データ改ざん、二重支払いを防ぐ

  • PoWはコンセンサスアルゴリズム(合意形成の仕組み)と呼ばれ、管理者の存在しないブロックチェーンネットワークにおける、取引の正当性を確認する仕組み
  • 具体的には、ネットワーク上にデータを書き込む際、特定の答えを見つけるための膨大な計算(かなりのCPUパワーが必要)の競争を行う この計算作業をマイニング、計算を行うネットワーク上の人をマイナーと呼び、一番先に答えを見つけたマイナーに報酬が入る仕組み
  • データの改ざんを行うには、世界中のマイナーの計算能力を凌駕するようなCPUパワー(マイング)が必要だが、事実上不可能であり、失敗すると何も報酬が得られない
  • その結果、通常のマイニング報酬の方が経済合理性が高いため、改ざんは非常に起こりづらく、難しくなっている

公開鍵暗号方式により、データを偽造防止

  • ビットコインのデータ送受信には、データを暗号化する秘密鍵と、復号化する公開鍵の2つを持つ
  • 名前の通り、秘密鍵は送信者のみが保持し、公開鍵は第三者に公開する ビットコインを送金する場合を例に取ると、送信者は秘密鍵でデータを暗号化し、公開鍵を持つ受信者におくる
  • こうすることで、当事者どうしでのみ安全に取引を行うことができる

開発状況 github logo

  • スター : 41481
  • フォーク : 24745
  • ウォッチャー : 3501
  • イシュー : 0
  • コントリビューター : 627
  • 1ヶ月のコミット : 270

誰がつくっているのか?
[+ 編集]

サトシ・ナカモト(発案者/開発者)

  • ビットコインプロトコルと、そのリファレンス実装であるビットコインコア (Bitcoin Core/Bitcoin-Qt) を作ったことで知られる人物の称する氏名。本名であるか、そもそも個人であるかどうかを含め、正体は不明
  • ビットコインキャッシュ最大のクライアントであるクレイグ・ライト氏が自称本人だと名乗っている

Hal Finney(初期開発者)

  • 2009年1月に世界で初めてビットコインの送金を受け取った人物
  • 暗号化研究の専門家であり、暗号化のメーリングリストに送られてきたサトシ・ナカモトの論文に興味をもった最初のユーザー
  • 最初のビットコインを受け取ってから9ヶ月後、ALS(筋萎縮性側索硬化症)を患い、2014年8月に58歳で他界

Martti Malmi(初期開発者)

  • ビットコインの初期開発者で、2009年から2011年にかけて深く携わったと言われている
  • ヘルシンキ工科大学2年生の頃からビットコインプロジェクトに関わり、サトシ・ナカモトからビットコインウェブサイトの全件を委ねられた
  • 世界で初めてドルとビットコインの取引をした人物

Roger Ver(投資家)

  • ビットコイン関連スタートアップの投資家。2011年初頭にビットコインへ投資、ビットコインの神と呼ばれる
  • ビットコイン総合ポータルサイトBitcoin.comのCEO
  • 現在はビットコインではなく、ビットコインキャッシュを支持
  • コンピューター部品事業「MemoryDealers.com」で成功を収め、25歳の時には富豪になっていた

Winklevoss twins(仮想通貨取引所Gemini創業者)

  • Facebookの株式で巨万の富を築いたことで有名な双子の兄弟
  • 2013年に1100万ドル近くをビットコインへ投資し、100倍以上の価値になった。
  • アメリカの仮想通貨取引所Geminiを運営している

Mark Karpeles(MTGOX CEO)

  • 全世界のビットコイン取引量7割を取り扱っていた(2013年当時)ビットコイン取引所MTGOXのCEO
  • 2009年より日本に移住。日本語は堪能
  • 2014年2月にマウントゴックス事件がおき、ビットコインを消失。民事再生法を申請し、経営破綻した
  • 2015年に自身の口座データ改ざん、業務上横領の罪で逮捕、起訴されている

Jed McCaleb(MTGOX 創業者)

  • 2009年にカードゲームの「Magic The Gathering」のオンライン取引所を立ち上げ、2010年MTGOX取引所の運営を開始(その後Mark Karpelesが買収)
  • Ripple、Stellarの創業者/開発者でもある

Charlie Shrem(ビットコイン財団創業者)

  • 「世界中のユーザーの利益のため、暗号通貨ビットコインの使用を標準化・保護・促進する」というコンセプトを掲げる非営利団体ビットコイン財団の創業者
  • 史上最大の闇サイトと言われるSilk Roadシルクロード)関連の不祥事(マネーロンダリングに関与)で懲役2年の実刑判決を受けた

メンバー一覧

名前 役職
Satoshi Nakamoto Founder
Wladimir J. van der Laan Blockchain Developer
Jonas Schnelli Blockchain Developer
Marco Falke Blockchain Developer

経営陣インタビュー

これまでの実績
[+ 編集]

  • 2008/11 Satoshi Nakamotoを名乗る人物により、 ビットコインの論文が発表された
  • 2009/1 世界で最初のビットコインが発行され、取引が行われる
  • 2010/5 ピザ2枚と1万ビットコインの取引が成立。このことから5/22は、「ビットコインピザデー」と呼ばれる
  • 2013/11 ビットコインの時価総額が100億ドル(約1兆円)を突破
  • 2014/2 当時世界最大の取引所であったMTGOXがハッキングを受け取引所を閉鎖
  • 2014/6 大手ホテル予約サイトExpediaがビットコインでの支払いに対応
  • 2017/8 ハードフォークにより分裂し、ビットコインキャッシュが誕生 Segwit(取引量が多くなると処理速度が遅くなるスケーラビリティ問題を解決する技術)が有効化
  • 2017/10 ハードフォークにより分裂し、ビットコインゴールドが誕生
  • 2017/11 ハードフォークにより分裂し、ビットコインダイヤモンドが誕生

最新ニュース

今後の将来性は?
[+ 編集]

議論になっていること
[+ 編集]

次にみるべき記事
[+ 編集]

Bitcoin(BTC)が買える取引所の一覧

取引所 24H 取引量シェア
Binance 5.73%
BitForex 5.33%
Bkex 4.36%
EXX 4.31%
P2PB2B 4.3%

資金調達の状況

累計調達額 : 1.08億円

調達ラウンド 調達額 リード投資家 日時
Series A 不明 2018/6
Seed Round 1.08億円 不明 2017/1
Secondary Market 不明 2014/3
Secondary Market 不明 2013/4

投資家一覧

投資家 参加ラウンド
Block Ventures Secondary Market
All Blue Capital Secondary Market
Karnika Yashwant Series A

Bitcoinのグッズ

公式情報

Bitcoinに設定されているタグ

この記事について