Blockstack (STX) とは?

最新価格情報

現在価格:
¥40.49
時価総額:
¥0.0000
時価総額ランク :
2632位
24H取引量:
¥28.24億
24H変動額:
¥ +0.0000
24H変動率:
+0.00%

簡単にまとめると
[+ 編集]

分散型コンピューティングネットワークを提供

  • 既存のクラウドコンピューティングサービス(AWS等)は、⼤⼿企 業が、すべてのユーザーデータを保存しており、⼤量のデータ漏洩やユーザーのプライバシーの侵害など、いくつかの 問題が⽣じている。
  • Blockstackは、ブロックチェーンを活用することで、あらゆるデータやアイデンティティがユーザー自信のコントロール下に置くことができるプラットフォームを提供している。
  • Blockstackは、非常に安全性の低い多くのブロックチェーンを使用する代わりに、PoXを採用し、新しいブロックチェーンを非常に安全なPoWブロックチェーン(ビットコインブロックチェーンなど)に固定することができるモデルを提供します。またPoXは初期の参加者にインセンティブを提供し、初期の参加者から新しいブロックチェーンを保護することを奨励しています。
  • 「非中央集権型アプリを使用しユーザーのデータを自分自身で管理することができる」プロジェクトで、分散型アプリを簡単に構築することを目標に、分散型アプリやスマートコントラクトを構築するためのオープンソースで開発者に優しいネットワークの提供を目指している。
  • 仮想通貨のコンセンサスアルゴリズムは一般的に、「Proof-of-Work(PoW)」や「Proof-of-Stakes(PoS)」が挙げられます。Blockstackは「Proof of Transfer(PoX)」という独自のコンセンサスアルゴリズムを採用しています。このPoXは、確立されたブロックチェーンであるPoW基盤の仮想通貨を使用して新しいブロックチェーンを保護するマイニングメカニズムです。
  • すでに100を超える開発者が、Blockstackのプラットフォーム上でアプリを開発した実績がある。
  • リクルートが2019年8月に投資した事で話題となった。
  • Blockstackは、SEC(米国証券取引委員会)に正式に承認され、様々なベンチャーキャピタル(VC)やファンドから多額の資金を調達することに成功しています。
  • 最大供給数量は、856,264,215STXとなります。
  • 略称はSTXとなる。

 

何がすごいのか?
[+ 編集]

  • Stacksはビットコインをプログラム可能にし、ビットコインのすべての力を継承する分散型アプリとスマートコントラクトを可能にします。

どんな技術か?
[+ 編集]

開発状況 github logo

  • スター : 0
  • フォーク : 0
  • ウォッチャー : 0
  • イシュー : 0
  • コントリビューター : 0
  • 1ヶ月のコミット : 0

誰がつくっているのか?
[+ 編集]

これまでの実績
[+ 編集]

今後の将来性は?
[+ 編集]


クラウドコンピューティングサービスに対抗する?

Blockstackは、「非中央集権的なデータの管理方法」を提供しています。

なので、もし中央集権的サービスでよければ、既存のクラウドコンピューティングサービスを利用すればOK。

クラウドコンピューティングとは、ネット上に保存領域などのインフラを提供するサービスのこと。

近年では多くのWebサービス開発を行う企業が、Amazonが運営する「Amazon Web Service」、Microsoftが運営する「Azure」Googleが運営する「Google Cloud Platform」などのクラウドコンピューティングを利用しています。

しかし、「絶対に流出してはいけない機密データ」は、これらのクラウドコンピューティング上に保存することはできません。

こうした事情により、制限されているWebサービス開発も多くあると想像されます。

もしBlockstackが普及すれば、AmazonやMicrosoft、Googleといった中央集権的な企業に依存しないデータの管理方法が確立され、より高度なセキュリティが求められるデータの管理や、それらを含むWebサービス開発が可能となります。

Blockstackでは、今後、DAppsをもっと簡単に構築できる環境の提供も目指しているとのこと。

今後、Amazonのクラウドコンピューティングと同じくらい使いやすくなれば、Blockstackへのシフトは進みそうですね。

付け加えると、Blockstackは非中央集権的なデータ管理方法なので、万が一ハッキングを受けてデータが流出した場合、責任がどこにあるのかを特定しにくくなります。

今後は、そのあたりのルール作りが課題になりそうですね。


Blockstackは規制当局SECのレギュレーションA +に認定

Blockstack(ブロックスタック/STX)は、米国の規制当局SECのレギュレーションA +に認定されています。

これによりBlockstackは、2019年7月に「世界初の規制に準拠した仮想通貨ICO」を実施しました(ICOの規模は2,800万ドル/約30億円)。

これは非常に大きなニュース。

「SECに仮想通貨プロジェクトが認められた史上初の出来事」なので、まさに歴史的瞬間ですね。

そもそも、ICOの多くは「有価証券」に該当します。

たとえば有価証券の一種としては「株」がありますよね。

株は「一部上場」「二部上場」などと分けられているように、審査を経て初めてマーケットに上場し、取引が可能になります。

しかし仮想通貨のICOはそれをすっ飛ばして、本来「有価証券」に当たるものを直接投資家に販売していた実情があるのです。

そんな中、上記のように「SECの許可を経てから」販売する健全なICOが出てきました。

とはいえ、これには非常に高いハードルが課せられているので、Blockstack以前にはそうしたプロジェクトは存在しませんでした。

2019年8月、株式会社リクルートホールディングスが子会社「RPS Blockchain Tech Fund.Ltd.」を通じ、Blockstackに出資したことも明らかになっています。

Blockstackの高い信頼性は、規制当局だけではなく、大手企業も注目しています。


議論になっていること
[+ 編集]

次にみるべき記事
[+ 編集]

Blockstack(STX)が買える取引所の一覧

取引所 24H 取引量シェア
Binance 40.42%
OKEx 35.54%
Kucoin 15.97%
Gate.io 7.26%
Crypto.com Exchange 0.58%

公式情報

Blockstackに設定されているタグ

この記事について