BTC Standard Hashrate Token (BTCST) とは?

最新価格情報

現在価格:
¥5028.49
時価総額:
¥364.68億
時価総額ランク :
225位
24H取引量:
¥54.53億
24H変動額:
¥-414.0013
24H変動率:
-7.61%

簡単にまとめると
[+ 編集]

BTCST(Bitcoin Standard Hashrate Token)は、ビットコインマイニングにおける採掘力をトークン化し流動性をもたらすことで採掘報酬を得る権利を持つトークンです。

ビットコイン標準ハッシュレートトークン(BTCST)は、2020年12月13日にBinance Smart Chain(BSC)でリリースされました。ビットコイン(BTC)ハッシュレートによって担保されており、各トークンは0.1 TH / sのビットコインマイニングパワーを次の効率で表します。 60 W / TH。そのため、マイナーは、新しく作成されたBTCSTトークンと引き換えに、プラットフォームに計算能力を提供します。

BTCSTの目標は、流動性をビットコインの鉱業市場に橋渡しすることです。これにより、ユーザーは低コストで、あらゆるサイズのマイニング報酬とハッシュパワーを利用できるようになります。アプリの最終的な目標は、マイニングパワー市場の流動性と効率を高めることです。

  • 略称はBTCSTとなる。

何がすごいのか?
[+ 編集]

BTCSTは、実際のビットコインマイニングパワーによって担保されたトークンです。BTCSTを賭けることにより、保有者は賭けられた採掘力に対応するビットコインの寄付を毎日受け取ることができます。そのため、BTCSTを使用すると、ユーザーは分散型ファイナンス(DeFi)エコシステム内からビットコインをマイニングできます。

BTCSTトークンは、適格なマイナーがビットコインハッシュレートを標準化およびトークン化することを選択した場合にのみ発行できます。これが、プロジェクトにプライベートまたはパブリックセールイベントがなかった理由です。総供給上限は、アプリに賭けられたすべてのBTCSTトークンの合計によって決定されます。

BTCSTはBEP-20規格に基づいています。ユーザーの報酬を計算するために、ユーザーの残高とプールの合計残高のスナップショットが1時間ごとに取得されます。各プールの年利(APY)と合計残高はリアルタイムで更新され、トークンは一度に1つのプールにのみ賭けることができます。ユーザーはいつでも資金を賭けて、他の利用可能なプールに参加することができます。

BTCSTは、Binanceスマートチェーンにデプロイされたクラウドマイニングプラットフォームです。分散型アプリケーション(DApp)によって実行される毎日の支払いを提供します。

どんな技術か?
[+ 編集]

開発状況 github logo

  • スター : 0
  • フォーク : 0
  • ウォッチャー : 0
  • イシュー : 0
  • コントリビューター : 0
  • 1ヶ月のコミット : 0

誰がつくっているのか?
[+ 編集]

これまでの実績
[+ 編集]

今後の将来性は?
[+ 編集]

議論になっていること
[+ 編集]

次にみるべき記事
[+ 編集]

BTC Standard Hashrate Token(BTCST)が買える取引所の一覧

取引所 24H 取引量シェア
Binance 97.13%
PancakeSwap V2 2.6%
Gate.io 0.22%
Hotbit 0.05%

公式情報

公式サイト : https://www.1-b.tc/

BTC Standard Hashrate Tokenに設定されているタグ

この記事について