Cartesi (CTSI) とは?

最新価格情報

現在価格:
¥88.57
時価総額:
¥395.78億
時価総額ランク :
213位
24H取引量:
¥29.79億
24H変動額:
¥-4.3040
24H変動率:
-4.63%

簡単にまとめると
[+ 編集]

スマートコントラクトのコーディング RES

  • 次のレベルに引き上げられたスマートコントラクト無制限のコーディング
  • 主流のソフトウェアスタックとスマートコントラクトを構築します。SolidityからLinuxでサポートされているソフトウェアコンポーネントの広大な世界へと生産的な飛躍を遂げましょう。

イーサリアムの分散型計算オラクル

  • デカルトは、スマートコントラクトによって完全に指定されたLinux仮想マシン上で、オフチェーンで大規模な計算タスクを実行します。
  • 計算の結果は、正直なデカルトノードランナーによってチェーン上で完全に検証可能で強制可能であり、イーサリアムの強力なセキュリティ保証を維持します。
  • 略称はCTSIとなる。

何がすごいのか?
[+ 編集]

  • Cartesiとは、ブロックチェーン上で稼働するアプリ(分散型アプリケーション/DApps)のオペレーティングシステム(OS)を開発する仮想通貨プロジェクト。コンピュータシステムの土台となるOSは、WindowsやMac、AndroidやiOSなどが有名ですよね。Cartesiでは、オープンソースのOSであるLinuxを使ったDAppsを開発することができます。Linuxは仮想通貨市場だけではなく、広く流通するOSなので、DAppsを開発するコストや障壁が少なくなるというメリットがあります。以下、Cartesiの活用で得られるいくつかのメリットについてもう少し詳しく解説します。


処理能力がUPする

ブロックチェーンを活用した、特定の管理者が存在しない非中央集権的なアプリ「DApps」は仮想通貨の大きな特徴のひとつ。

今後、DAppsの市場規模は間違いなく拡大するとみられています。

ただし、DAppsはその非中央集権性を維持するためブロックチェーンを活用しており、そうではない仕組みと比較して「処理速度」や「手数料」の面で劣っています。

たとえば、イーサリアムの送金手数料が電子マネーより高いのはこれが理由です。

しかしCartesiを使うことで、DAppsの処理を「ブロックチェーン外部(オフチェーン)で行う」ことが可能となります。

ブロックチェーンの「絶対に改ざんできない」というセキュリティの高さを維持しつつ、処理速度が必要な部分をオフチェーンで処理できるのです。


Linuxで利用可能

LinuxはオープンソースのOSなので、開発環境が整っています。

Cartesiはこれを利用し、開発者が慣れ親しんだ環境でOSを構築し、DAppsを動かすことができます。


非中央集権的(分散的)

Cartesiを使わなくても、実はDAppsの「処理速度UP」や「手数料のダウン」させることは可能です。

しかしCartesiでは、あくまで非中央集権的な仕組みを維持しつつ、「セキュリティとスペック」の両方を維持できるのが特徴です。

これにより、ブロックチェーンや仮想通貨のメリットを損なわずにDAppsが開発できるんですね。


どんな技術か?
[+ 編集]

開発状況

  • スター : 18
  • フォーク : 3
  • ウォッチャー : 8
  • イシュー : 6
  • コントリビューター : 5
  • 1ヶ月のコミット : 0

誰がつくっているのか?
[+ 編集]

これまでの実績
[+ 編集]

今後の将来性は?
[+ 編集]

スケーラビリティ問題(取引混雑時の手数料の高騰や、取引の遅延)は、仮想通貨市場で今も続いている問題です。

たとえば、DAppsの代表的なプラットフォームであるイーサリアムも、スケーラビリティを高めるためにアップグレードが続けられています。

しかし2020年に入ってから、ますますスケーラビリティ問題はひっ迫していますね。

なぜなら、DeFi(分散型金融)やステーキング(利息収入を得る運用方法)、ステーブルコインの需要増加などによって、イーサリアムのスマートコントラクト(契約機能)に負荷をかけているからです。

これを解決し、処理能力を引き上げる方法はいくつかあります。

なかでも、Cartesiが選択したのが、「処理の大部分をブロックチェーン外部のオンチェーンで行う」というもの。

要は、「本当に重要な最終の処理だけをイーサリアムのメインチェーンで行おう」という考え方ですね。

これにより、DeFiやDEX(分散型取引所)などのコストを抑えることができたり、DAppsゲームを高額な手数料をかけずに遊ぶことができるようになります。

イーサリアムは「2.0」への大型グレードアップで処理能力UPを図っているので、メインチェーンのスケーラビリティが向上すれば、Cartesiは不要なのかもしれません。

しかし僕は現状では、メインチェーンと合わせてオフチェーンを活用するのがもっとも現実的な解決策ではないかと思います。

Cartesiは今後も必要とされるプロジェクトになるでしょう。


Cartesiは「バイナンスIEO」を実施

CartesiはバイナンスIEO(バイナンスローンチパッド)出身の仮想通貨です。

バイナンスIEOのトークンセールで、2020年4月に約1.5億円のトークンを販売しています。

バイナンスローンチパッドとは、世界最大級の仮想通貨取引所であるバイナンスが「お墨付き」を与えた上で行うICOのこと。

その安心感からは、バイナンスローンチIEO銘柄は上昇し続ける傾向にあるので、Cartesiの今後にも期待したいですね。


議論になっていること
[+ 編集]

次にみるべき記事
[+ 編集]

公式情報

公式サイト : https://cartesi.io/

Cartesiに設定されているタグ

この記事について