Chromia (CHR) とは?

最新価格情報

現在価格:
¥117.49
時価総額:
¥667.13億
時価総額ランク :
182位
24H取引量:
¥232.50億
24H変動額:
¥ +6.49
24H変動率:
+5.85%

簡単にまとめると
[+ 編集]

Chromia(クローミア)とは

Chromiaとは、スウェーデンの企業ChromawayABによって考案されたオープンソースのパブリックブロックチェーン。 及び、スケーラビリティ(仮想通貨の処理能力)に優れたDApps(分散型アプリケーション)のプラットフォームになることを目指している仮想通貨を指す。

2021年現在、DAppsのプラットフォームであるイーサリアム(ETH)は、スケーラビリティ問題(取引混雑時の手数料の高騰)に直面している。これにより、DAppsゲーム(特にスケーラビリティが求められるMMOGと呼ばれる大規模なゲーム)でスケーラビリティが足りなくなったり、プレイヤーは高額な手数料を支払わされたりする問題がある。Chromiaはこうした課題を完全に解決するほか、近年注目されているNFT関連銘柄としても注目されている。

Chromiaブロックチェーンの背後にあるテクノロジーは、ChromawayABがエンタープライズクライアントに提供するソリューションである「Postchain」と呼ばれる以前のテクノロジーを採用してる。

  • Chromiaの独自トークンCHRとは

Chromiaの独自トークンであるCHRは2019年5月にリリースされた。CHRは、Chromiaのプラットフォームのトランザクション(取引)手数料を支払うのに使用できる。そのほか、Chromiaを利用しているDAppsプロジェクトが、投資家(たとえばあるプロジェクトの独自トークンのホルダー)に収益を分配するのにも利用可能。イーサリアムのETHのように、幅広い用途を持つ仮想通貨だといるだろう。

 

  • 通貨単位はCHR。

何がすごいのか?
[+ 編集]

Chromiaは、Binance SmartChainおよびEthereum用のスタンドアロンのLayer-1ブロックチェーンおよびEVM互換のLayer-2拡張機能。これは、既存のDAppを強化し、スケーラビリティ、改善されたデータ処理、およびカスタマイズ可能な料金体系を提供することにより、次世代のDAppの作成を可能にするように設計されている。

ブロックチェーンは、リレーショナルブロックチェーンと呼ばれる独自のアーキテクチャと、Rellと呼ばれるカスタムプログラミング言語を使用。 Rellは、SQLと非常によく似たコーディングと機能を実現するように設計されているため、開発者はブロックチェーンのセキュリティと不変性を活用しながら、リレーショナルデータベースの効率でデータを保存および処理することができる。

Chromiaで実行されている各DAppは、メインブロックチェーンに根ざした独自のサイドチェーンで動作する。これにより、各アプリケーションをより効率的に拡張でき、各アプリケーション開発者はさまざまな料金体系から自由に選択できる。たとえば、あるアプリケーションではユーザーがCHRで取引手数料を支払う必要があり(EthereumやBitcoinの動作と同様)、別のアプリケーションでは十分なCHRを使用して計算能力を確保し、ユーザーが手数料をまったく支払わずに無制限の取引を行えるようにすることもできる。

 

Chromiaには、ブロックチェーン上に構築され、チェーンを分散ストレージレイヤーとして使用し、レイヤー2拡張機能を使用するさまざまなアプリケーションがすでに存在している。これらのアプリケーションは、DeFiオプション取引プラットフォームHedgetから、オープンワールドの農業ゲームMy Neighbor Alice、政府の土地登記イニシアチブLACPropertyChainまで多岐にわたる。 開発中の最新機能の1つは、Chromia Originalsと呼ばれる新しいNFT標準。これは、Chromiaのチェーンのネイティブ標準としてだけでなく、既存のERC-721およびBEP-721トークンの拡張レイヤーとしても機能する。これらのレイヤー2拡張機能の作業は、My NeighborAliceと協力して開発されている。

どんな技術か?
[+ 編集]

開発状況 github logo

  • スター : 0
  • フォーク : 0
  • ウォッチャー : 0
  • イシュー : 0
  • コントリビューター : 0
  • 1ヶ月のコミット : 0

誰がつくっているのか?
[+ 編集]

Chromiaのコアチームは、業界のベテランであるOr Perelman、Henrik Hjelte、Alex Mizrahiで構成されている。 3名すべてが暗号業界に深く根ざしており、ビットコインとイーサリアムの初期にまでさかのぼります。たとえば、アレックスはプルーフオブステークのコンセンサスに関するいくつかの初期の学術論文を発表し、後にイーサリアムによって目立つようになる「トークン」のアイデアを開発した最初のプロジェクトの1つであるColoredCoinsの背後にある重要人物の1人でもある。

これまでの実績
[+ 編集]

今後の将来性は?
[+ 編集]

Chromiaの将来性は?

  • Chromia保有で、NFT市場に投資できる?

近年、NFT(ノンファンジブルトークン)の市場規模が拡大中。

NFTとは「代替できないトークン」のことで、2021年現在では、ブロックチェーンゲーム内で資産性のある特定のアイテムをNFTに置き換えることが流行しています。

最近、Chromiaの価格が急騰しており、注目している方も多いと思いますが、その背景には、どうぶつの森にも似た人気ゲーム「My Neighbor Alice」があります。

My Neighbor Aliceは、Chromiaのプラットフォームを採用しており、また、NFTに注力しています。

そうしたことから、ChromiaもNFT関連銘柄として注目を集めつつあります。

  • ブロックチェーン言語「Rell」を採用

Chromiaでは、開発者にとって開発しやすいブロックチェーン言語の「Rell」を開発・採用しています。

Rellは、Java、Python、PHP、C#、Cなどの一般的なメジャー言語よりもさらにメジャーな「SQL」に基づくもので、開発者はマイナーなプログラミング言語を覚えることなくChromiaでDAppsを開発できます。

これもChromiaの採用を後押しする要因となっています。

  • 米州開発銀行がChromiaを採用

国際開発金融機関のひとつである米州開発銀行(IADB)を知っていますか?

中南米・カリブ加盟諸国に対する投資・融資を通じて経済発展に貢献するという目的を持つ、お堅い銀行です。

実は、米州開発銀行は、土地登記や貸付などの業務にブロックチェーンを導入するため、Chromiaを採用しているんです。これってすごいことですよね!

Chromiaにとっても、代表的な採用例となっています。

Chromiaは、近年になり流行している「NFT(ノンファンジブルトークン)関連の仮想通貨」としてだけではなく、スケーラビリティに優れる「信頼性の高いブロックチェーンプラットフォーム」としても注目を集めつつあります。


議論になっていること
[+ 編集]

次にみるべき記事
[+ 編集]

公式情報

Chromiaに設定されているタグ

この記事について