Cipher Core Token (CIPHC) とは?

最新価格情報

現在価格:
¥555.93
時価総額:
¥0.0000
時価総額ランク :
-
24H取引量:
¥5131.23
24H変動額:
¥ +0.0000
24H変動率:
+0.00%

簡単にまとめると
[+ 編集]

Cipher Core (CIPHC) トークンは、現在開発中である非ブロックチェーンでクロード・シャノン博士の現代暗号(情報理論的安全性が担保されている暗号技術)ベースのCIPHCプラットフォームが完成するまでの暫定トークン(ERC-20)であり、CIPHCプラットフォーム完成後は新しいプラットフォーム上で発行されるCIPHCキャッシュと1:1で等価交換される権利を持つものとなる。

※ 交換に際し、交換手数料は別途発生する。

(エヌクリプトホールディング社のトークン発行オプションから正規取得されたものを除く)

このためERC-20ベースのトークンは、新しいプラットフォームが完成して発行されるCIPHCキャッシュと交換されてその価値を持つようになる。


現在トークンの取引所価格はUSD5ほどで推移しているが、買いに行くと消えてしまいUSD30くらいに跳ね上がる状態で、何者かが意図的に低価格になるよう操作しているものと思われる。


もともと法定通貨を発行するために設計されたクリプトキャッシュ技術を適用することにより、非ブロックチェーンで現代暗号ベースのCIPHCプラットフォームを提供する。

本来貨幣はその貨幣そのものに、資源、国家の信用等のバックグラウンドのもと価値を与え、それを相手に渡すことで決済が完了するものである。それはブロックチェーン(台帳)を使っては成し得ないものである。

今後この新しいプラットフォーム上で発行されるすべてのトークン/コインは、キャッシュと呼ばれる、 貝殻や金貨/銀貨と進化してきた貨幣の最終形態となる暗号貨幣に進化する。


コミュニティの誰もが、インターネットの上で、台帳を使わず、ゆえに大量の通信トラフィックや電気を 必要としない、暗号貨幣を発行し、価値の交換を行うことができるようになる。


CIPHCキャッシュはCIPHCプラットフォーム上の基軸キャッシュとなる。

何がすごいのか?
[+ 編集]

ベーステクノロジー-現代暗号

現在の暗号技術のほとんどは、解読するために膨大な量の計算が必要(計算量的安全性)であることに基づいており、解読できないとは言えない。

このような従来型の暗号技術では、コンピュータの性能が向上するにつれて、解読される可能性が高くなるため、より複雑な暗号アルゴリズムを使用するか、暗号鍵の長さを長くし暗号鍵の数を増やすことで計算量的安全性を担保してきた。


近い将来の量子コンピューティングの時代には、理論的に解読できない(情報理論的安全性を担保している)暗号技術が必要とされている。


この人類の歴史におけるこの困難な問題への答えは、AT&Tで働いていたGilbert Sandford Vernam(1890-1960)によって1918年に考案された暗号化スキームであり、1949年にClaude Elwood Shannon(1916-2001)は特定の条件下で解読できないことが証明された。ヴァーナム暗号またはワンタイムパッドと呼ばれる。

どんな技術か?
[+ 編集]

CIPHCプラットフォーム

ブロックチェーンを使用したトークン/コインプラットフォームの崩壊はすでに始まっており、代替プラットフォームの提供が待たれている。


従来のブロックチェーンタイプのトークン/コインプラットフォームは繰り返し改良されてきたが、構造上の欠陥を克服できないことが知られており、この問題を根本的に解決できる最も有望な候補として注目されているのは、非ブロックチェーンで情報理論的安全性を担保する現代暗号ベースのクリプトキャッシュ技術に基づくCIPHCプラットフォームである。


もともとデジタルの法定通貨を発行するために設計された暗号貨幣技術を適用することにより、暗号貨幣プラットフォームを提供する。


今後この新しいプラットフォーム上で発行されるすべてのトークン/コインは、キャッシュと呼ばれる、貝殻や金貨/銀貨と進化してきた貨幣の最終形態となる暗号貨幣に進化する。


コミュニティの誰もが、インターネットの上で、台帳を使わず、ゆえに大量の通信トラフィックや電気を必要としない、暗号貨幣を発行し、価値の交換を行うことができるようになる。


クリプトキャッシュ

世界初の暗号デジタルキャッシュである「Crypto Cash」は、価値を交換する際に交換される実体として、暗号化された文字列を使用する通貨であり、暗号技術の完成に伴い、世界で初めて法定通貨を発行するための基礎技術として開発された。


発行者の情報と現金としての価値は、完全に暗号化された記号文字列に一意に関連付けられており、改ざん、偽造、誤用は不可能である。


クレジット情報、利用条件、利息、締め切りなどの条件を暗号化することで、さまざまな機能を備えた暗号貨幣を作成できる。


電子的に送ったり保存したりするのが簡単なので、記録媒体を気にせず、金属に刻印したり紙に印刷したりすれば、暗号電子マネーや暗号硬貨、暗号紙幣として発行できる。


リモート・シンクロナイゼーション(遠隔同期)

離れた場所に存在する2つの同一の人工知能回路を同じ条件下で計算を繰り返すことにより同じ情報を出力する「人工双子現象」を適用することにより、2点間の非同時同期を実現する。


「遠隔同期」は、完全な暗号化の最も重要なコンポーネントである暗号鍵の配送問題を解決する。


「遠隔同期」により、末端から末端までを完全暗号で防御するエンドツーエンドプロテクションを実現する

開発状況

  • スター : 0
  • フォーク : 0
  • ウォッチャー : 0
  • イシュー : 0
  • コントリビューター : 0
  • 1ヶ月のコミット : 0

誰がつくっているのか?
[+ 編集]

CRYPTO LIMITED


CEO 尾立源幸 (Motoyuki Odachi)


CTO 中村 宇利

NTI Group CEO

CRYPTO LIMITED社(CIPHC発行会社) CTO

一般社団法人 情報セキュリティ研究所 代表理事


マサチューセッツ工科大学院卒業

海洋工学科、機械工学科および土木環境工学科で科学系修士号を取得。


McKinsey&Companyでコンサルタントとして従事した後、マサチューセッツ工科大学で客員研究員として、未来の製造、人工知能、情報セキュリティについて研究。


暗号技術の完成に貢献し、貨幣の最終形態を実現するとされるクリプトキャッシュ技術を開発。

これまでの実績
[+ 編集]

(一社)情報セキュリティ研究所

※ 過去の定例会・勉強会等のビデオは情報セキュリティ研究所の会員になることでご覧いただけます。

会員登録はこちら

 

【6月度定例会】

日時:6月16日(水) 15:00-17:00

場所:オンライン開催

内容:

1.事務連絡

2.分科会より

3.IoTの復習

4.Q&A

 

【5月度定例会】

日時:5月19日(水) 15:00-17:00

場所:オンライン開催

内容:

1.事務連絡

2.分科会より

    新分科会紹介など

3.量子コンピューティングの開発状況と耐量子暗号

4.情報セキュリティとIoT

     (1) IoTの本質

     (2) IoTと近未来産業

 

第6回 未来の情報セキュリティを考える会

https://ri-is.org/2021/02/07/post-669/

情報セキュリティとクラウドコンピューティング

・国家安全保障とクラウドコンピューティング

・セキュアなクラウドアーキテクチャ

・人知と人工知を統合するクラウドインテリジェンス

 

開催日/2021年 4 月 14 日(水曜日)

時間/ 15:00~17:30

開催場所/衆議院第一議員会館 大会議室(地下1F)

主催:原田義昭事務所/山本幸三事務所/(一社)情報セキュリティ研究所

 

(一社)情報セキュリティ研究所

【オープン定例会】

日時:3月18日(木) 15:00-17:00

場所:オンライン開催

内容:

  1.事務局より連絡事項

  2.情報セキュリティの本質と対策(HP掲載小論より)

     https://ri-is.org/2021/02/19/security-report/

          (1) 情報セキュリティ上の重大インシデント例

          (2) 産業競争力と国家戦略

          (3) 情報セキュリティ上の脅威・攻撃

          (4) 情報セキュリティ上の脅威・攻撃に対する基本的ソリューション

          (5) 情報セキュリティを基礎に据えた製品/サービス

  3.分科会より

 

【オープン定例会】

日時:2月17日(水) 15:00-17:00

場所:オンライン開催

内容:

情報セキュリティとクラウドコンピューティング

通信とインターネットの歴史を踏まえて、両者が今後どこへ向かって進化していくのか、クラウドコンピューティングを中心に考察。

     (1) 国家安全保障とクラウドコンピューティング

     (2) セキュアなクラウドアーキテクチャ

     (3) 人知と人工知を統合するクラウドインテリジェンス

 

第5回 未来の情報セキュリティを考える会

情報セキュリティから考えるデジタルと国家戦略

アメリカの戦略、中国の戦略、そして日本の戦略

本格化する中銀デジタルマネー

デジタルの意味すること

開催日/2020年11月18日(水)

時間/15:00~17:30

開催場所/衆議院第一議員会館国際会議室

 

第4回 未来の情報セキュリティを考える会

完全暗号による国家安全保障とデジタルマネー その3

情報化社会が直面する危機

コミュニティ経済が必要とされる理由とは?

動き出した中銀デジタル通貨(CBDC)

開催日/2020年9月16日(水)

時間/15:00~17:00

開催場所/衆議院第一議員会館国際会議室

 

第3回 未来の情報セキュリティを考える会

国家安全保障とデジタルマネー ~その2~

完全暗号が変える社会及び経済

グローバル経済を補完するコミュニティ経済の実現

CBDC等のデジタルマネー関連トピックス済

開催日/2020年7月13日(月)

時間/15:00~17:00

開催場所/衆議院第一議員会館国際会議室

懇親会/17:30~19:00(衆議院第一議員会館内)

 

◆第2回 未来の情報セキュリティを考える会

完全暗号による国家安全保障とデジタルマネー

崩れ落ちた国家安全保障を完全暗号で復興する

ブロックチェーンの屍を越えて… 完全暗号によるデジタルマネー

開催日/2020年2月25日

時間/15:00~17:00

開催場所/衆議院第1議員会館 国際会議室

 

◆第1回 未来の情報セキュリティを考える会

日本の技術が切り拓く完全暗号の世界

情報セキュリティ、暗号貨幣、そしてコミュニティ経済

開催日/2019年12月23日

時間/15:00~17:00

開催場所/衆議院第1議員会館 国際会議室

今後の将来性は?
[+ 編集]

現在、CIPHC トークンはERC-20ベースで発行されており、非ブロックチェーンで完全暗号ベースのCIPHCプラットフォーム完成後はCIPHCプラットフォーム上の CIPHC キャッシュに1:1で 等価交換される。


CIPHC プラットフォームの商用提供後は様々なコイン/トークンが CIPHCプラットフォーム上に移行してくることが予想され、CIPHCキャッシュはその基軸キャッシュとなる。


APCU発行のLibatyEcoCash (LES)、世界硬式空手連盟発行予定の KARATE Cash、農業生産者と消費者を結ぶ Agri Cash 等がCIPHCクリプトキャッシュプラットフォーム採用を決定している。


#CIPHC #CryptoCash #CompleteCipher #CipherCore #サイファーコア #クリプトキャッシュ #完全暗号 #仮想通貨 #情報セキュリティ研究所 #中村宇利 #Takatoshi #Nakamura #riis #情報セキュリティ #原田義昭 #山本幸三 #JCU #ACU #APCU #KCU #KARATE #LibertyEco #Liberty

議論になっていること
[+ 編集]

There is fake and scam community of Cipher Core Token on Telegram, But the Issuer, Crypto Limited never do Airdrop!!

Cipher Core Token の Airdrop を騙る詐欺テレグラムコミュニティが出現。

Cipher Core Token の発行元である Crypto Limited 社は公式に Airdrop は一切行っていない。


【Caution】

Although the recruitment of Cipher Core Token airdrop participation is seen on Telegram and Twitter from the beginning of February, this recruitment is a scam and has nothing to do with Cipher Core Token issuer, Crypto Limited or Cipher-Core.com. So please do not send money or send ETH at all.

 

Telegram Scam community / account

https://t.me/CipherCoreAirdrop

https://t.me/CipherCoreTokenNews

https://t.me/DailyAirdropps_channel

@CipherCoreTokenBot

@daveCipher

 

Twitter Scam account

@CipherCoreinfo

https://twitter.com/CipherCoreinfo

 

ETH Remittance fraud site

http://bit.ly/cipherfreeeth

https://eliterave.live/


【公式ホームページ上注意喚起】

2月初めよりテレグラム及びツイッター上で Cipher Core Token エアドロップ参加の募集が見られますが、これは詐欺であり、Cipher Core Token発行元、クリプトリミテッド社及びCipher-Core.com は一切関係ありませんので、絶対に送金したりETHを送ったりしないでください。


Telegram 詐欺コミュニティ / アカウント

https://t.me/CipherCoreAirdrop(削除済み)

https://t.me/CipherCoreTokenNews(削除済み)

@CipherCoreTokenBot(継続中・要注意!!)

@daveCipher(詐欺認定・削除済み)


Twitter 詐欺アカウント

@CipherCoreinfo(削除済み)

https://twitter.com/CipherCoreinfo(削除済み)


ETH送金詐欺サイト

http://bit.ly/cipherfreeeth(閉鎖済み)

https://eliterave.live/(閉鎖済み)

次にみるべき記事
[+ 編集]

公式情報

公式サイト : https://www.cipher-core.com/

Cipher Core Tokenに設定されているタグ

この記事について