COINCOME (CIM) とは?

最新価格情報

現在価格:
¥1.14
時価総額:
¥0.0000
時価総額ランク :
-
24H取引量:
¥6327.97
24H変動額:
¥ +0.0000
24H変動率:
+0.00%

簡単にまとめると
[+ 編集]

COINCOMEとは、シンガポール本社のMakers Farm Pte. Ltd.が発行している仮想通貨。

COINCOMEと提携している800以上のショップで買い物をすると、ユーザーは仮想通貨「CIM」が手に入ります。


  • 「CIMポイント」「CIMトークン」の違い

COINCOMEには、「CIMポイント」「CIMトークン」の2つのCIMがあること。

まず、ショップで買い物をしてもらえるのは、前者のCIMポイント。

こちらは、レートが円と固定されており、価格変動はまったくありません。

CIMポイントは現金のほか、PayPayやTポイント、楽天ポイント、LINE Payなどさまざまな資産やポイントと交換することができます。

次に「CIMトークン」。こちらは、CIMポイントをCOINCOMEのウォレット(仮想通貨を保管するサイフ)に送ると、自動的に変換される「仮想通貨」です。

CIMトークンは、独立した仮想通貨なので価格変動が生じるのが特徴。

仮想通貨取引所に送って、取引所内でトレードしたり、他の仮想通貨と交換したりすることができます。

何がすごいのか?
[+ 編集]

どんな技術か?
[+ 編集]

開発状況

  • スター : 0
  • フォーク : 0
  • ウォッチャー : 0
  • イシュー : 0
  • コントリビューター : 0
  • 1ヶ月のコミット : 0

誰がつくっているのか?
[+ 編集]

これまでの実績
[+ 編集]

今後の将来性は?
[+ 編集]

「会員ステイタス制度」が値上がり要因に?

COINCOMEは2020年2月、新しい試みである「会員ステイタス制度」をスタートさせました。

会員ステイタス制度とは、COINCOMEのユーザーを5つの会員ステイタス「一般会員」「ブロンズ」「シルバー」「ゴールド」「プラチナ」に分ける仕組みのこと。

1年の上半期(1月〜6月)と下半期(7〜12月)のそれぞれの期間において、「COINCOMEの利用回数」と「CIMトークンの保有量」によって、ステイタスが変わります。

そして、このステイタスによって、CIMトークンやCIMポイントを保有していると得られる「ボーナス」の量に差が出る仕組みとなっています。

これにより、COINCOMEのユーザーは「もっとCIMトークンがほしい」と考えるようになるので、CIMの上昇につながる可能性がありますね!

議論になっていること
[+ 編集]

次にみるべき記事
[+ 編集]

公式情報

公式サイト : https://cimcome.sg/

COINCOMEに設定されているタグ

この記事について