Stem Cell Coin (SCC) とは?

最新価格情報

現在価格:
¥2.46
時価総額:
¥0.0000
時価総額ランク :
-
24H取引量:
¥18.33万
24H変動額:
¥ +0.0000
24H変動率:
+0.00%

簡単にまとめると
[+ 編集]

幹細胞プロジェクトのアイデア

少子高齢化など深刻な問題が見られる日本の社会保障制度は、近い将来行き詰まる懸念があります。個人負担の引き上げ、定額治療制度の拡大、入院日数の短縮、ジェネリック医薬品の使用促進など、最近導入された医療行政措置は、福祉だけでなく医療にも見られます。これらの措置は、「医学は慈悲深い芸術である」と表現できる日本の定着した医療倫理と矛盾します。米国で実施されている「マネージドケア」を再現し、経済主導の方向への転換を感じることができます。このような状況の中で、日本では疾病予防への関心がますます高まっています。しかし、食事や運動などの生活習慣の改善に重点が置かれており、専門家に相談せず、自分で健康管理をする人も少なくありません。一方で、病気を予防するためにあなたのライフスタイルを改善するだけでは十分ではありません。定期的に体をチェックするだけで「年齢に合わない体の異常はないか」を確認することが、病気の早期発見に最も効果的な手段です。「幹細胞で病気を予防したり、健康寿命を延ばしたりすることは可能ですか?最先端の再生医療としての細胞治療?」これらのコンセプトに基づいて、私たちは健康寿命を延ばすために幹細胞プロジェクトを立ち上げました。

  • 略称はSCCとなる。

何がすごいのか?
[+ 編集]

医療費を

暗号通貨で

幹細胞治療とは、弱っている細胞を活性化し、毎日減って行く重要細胞を増やしてくれる治療法です。 投与された幹細胞は体内を循環し、痛んだ組織を見つけると、幹細胞自身が活性化し修復再生します。 この治療法は、アンチエイジングや糖尿病を始め様々な効果が期待できます。現状世界でも幹細胞治療を行えるのは医療先進国のみで、多くありません。 近年世界中から幹細胞治療への注目が高まっており、暗号通貨での決済を取り入れることにより、世界規模での再生医療に対する資金流入を見込んでいます。​また、提携クリニック内での様々な医療費や施術費の決済にも使用できます。

バーチャルクリニック・プラットフォーム構想

患者様が身体の不調や異変を感じると「どこの病院へ行けばいいのだろう?」という疑問や「どの診療科目を受診すればいいのだろう?」といった不安に直面しておりました。さらに「薬だけをもらうために通院するのは大変だ。」という手間や時間も患者の負担となっておりました。 バーチャルクリニックでは、こうした患者の悩みを解消するため、日本美容再生医療学会加盟の病院、クリニックのネットワークを活用し、AIbot診断、医師と話せる遠隔診療、病院・クリニックの検索や予約など、医師をもっと身近に感じることのできる、バーチャルクリニック・プラットフォームを開発します。このプラットフォームに様々なコンテンツを追加する事で、より便利にオンラインで医療サービスが受けられる環境を作り上げます。 当プラットフォーム内の決済は全てSCCで行う事が可能です。

AIとブロックチェーン技術を

使った画像病理診断システムの導入

画像診断と病理診断をAI化しブロックチェーン技術を使うことにより、世界中のクリニックや病院で画像による自動診断や病理データが共有出来る近未来型検診システムを開発しています。

大量の医療ビッグデータを早く、正確にスクリーニングし活用可能なシステムに成長させます。

また、得られたビッグデータを利用し、国籍、人種、性別、年齢等の患者情報と照らし合わせ癌との関連性を解明していきたいと考えてます。

再生医療を

必要としている方に届ける

幹細胞治療は、様々な症状に対し効果が期待できる新しい治療方です。しかし、この治療法は自由診療の範囲であり、1回の治療で数百万円〜数千万円の高額な治療である為、受けることができる方が限られているのが現状です。STEM CELL PROJECTチームでは、幹細胞をスピーディーかつ正確に培養できる特殊技術を確立している為、大量処理が可能です。この技術をさらに拡大し幹細胞治療におけるコストを最適化する事により、再生医療を本当に必要とされる方にも均等に治療が受けられる環境を作ることを目指しています。

幹細胞認定医療機関

幹細胞を用いる再生医療は、厚生労働省が認めた特定認定再生医療等委員会でその治療の妥当性・安全性・医師体制・細胞加工管理体制が厳しく審査され、適切と認められて初めて厚生労働省に治療計画を提出することが出来、治療を行うことかが出来るようになります。第2種再生医療等に対し、特定認定再生医療等委員会の意見の元、再生医療等提供計画を厚生労働大臣に提出し、九州厚生局に届出を行い自己脂肪由来幹細胞を用いた治療および症状寛解を目的とした治療を開始しました。

医療ネットワーク網

STEM CELL PROJECTでは、すでに各地にクリニック展開が決定しています。

当ICOにより調達された資金は、クリニックのさらなる展開と事業拡大に利用されます。

プロジェクト収益モデル

プロジェクトチーム・提携医療法人と共に事業展開を行っております。

現状展開の決定しているクリニック・培養施設を中心に事業拡大を予定しております。 

どんな技術か?
[+ 編集]

開発状況

  • スター : 0
  • フォーク : 0
  • ウォッチャー : 0
  • イシュー : 0
  • コントリビューター : 0
  • 1ヶ月のコミット : 0

誰がつくっているのか?
[+ 編集]

これまでの実績
[+ 編集]

今後の将来性は?
[+ 編集]

議論になっていること
[+ 編集]

次にみるべき記事
[+ 編集]

公式情報

Stem Cell Coinに設定されているタグ

この記事について