Collegicoin (CLG) とは?

最新価格情報

現在価格:
¥0.1262
時価総額:
¥57.17万
時価総額ランク :
3063位
24H取引量:
¥378.60
24H変動額:
¥ +0.0000
24H変動率:
+0.00%

簡単にまとめると
[+ 編集]

概要:

   Collegicoin(CLG)は、教育に必要な商品やサービスのコストのために投資家、学生、教師が使用する分散型のユニークな暗号通貨コインです。費用には、電子書籍、Webアプリケーション、オンライントレーニングコース、教育サービス、旅行、ホテルなどが含まれますが、これらに限定されません。Collegicoinは、マスターノードとプルーフオブステークを通じて残余所得に投資する機能を提供します。

 

前書き:

   Collegicoinは、教育、アクセシビリティ、手頃な価格に関する主要な問題の解決を支援するために設計されました。学生中心のコイン。利用可能な奨学金とオンライントレーニングツールを使用して、学生が教育費をより適切に管理できるようにします。今日でも多くの国が識字率50%未満に直面しています。

 

リテラシー:

   ユネスコの専門家によると、サハラ以南のアフリカは2000年以降、EFAに向けて不均一な進展を記録しています。この地域の普遍的な初等教育への進展は1990年代よりも速いものの、一部の国では幼児教育や教育などの目標に遅れをとっています。 。若者の学習ニーズと教育の質は十分な注目を集めていません。これらの地域には、まだ学校に通っていない小学校年齢の約3,000万人の子供たちが住んでいます。


 


プラットホーム:

   Collegicoinは、支払い元としてCollegicoinを受け入れることにより、学生向けの商品やサービスのサプライヤーとのパートナーシップを確保することを目的としています。Collegicoinを使用してこれらの商品やサービスをパートナーから購入すると、教育費を削減できます。


   オンライン教育プラットフォームの将来の開発。このプラットフォームにより、生徒と教師は次のことができるようになります。

講義を見たり聞いたりして、教育環境に浸りましょう。

タスクを実行し、教師や他の生徒と相談します。

さまざまな形式のオーディオ、ビデオ、ハイパーリンクテキスト、インフォグラフィック、ソフトウェア、ゲーム、ツール、および資料の知識を習得するだけでなく、拡張現実などを通じて知識を習得することを可能にします。

Collegicoinを支払い方法として使用して、教育コースと消耗品を購入します。

ブロックチェーンテクノロジーと、困っている学生に奨学金を提供することで教育をサポートするインフラストラクチャをサポートすることで、他の人を助けます。

    このプラットフォームのすべてのクラス、コース、教材、教材は、Collegicoinを主要な支払い方法として使用する協力パートナーを通じて割引率で販売されました。

 

Collegicoin Foundation:

    世界のどの国の学生も、教育目的で経済的支援を求めることができます。Collegicoin Foundationは、3か月ごとに、奨学金を授与される2人の候補者を処理および選択します。財政援助は、500CLGに等しいCollegicoin暗号通貨の形で提供されます。学生に与えられる奨学金は、学生に最も利益をもたらす方法で使用されます。支援の増加と強力なコミュニティにより、将来的に奨学金の量と数を増やすことができます。

 

投資:

    Collegicoinに投資するとき、あなたは困っている学生の未来に投資します。マスターノードを作成して報酬を獲得するか、単にウォレットにコインを賭けることで、投資家の強力なコミュニティを構築するのに役立つ機会が得られます。Collegicoin(CLG)の限定的な発行とその使用の適切さは、Collegicoinの自然な需要を生み出し、コインの価値を高めます。ブロックチェーンテクノロジーは、財務を管理するための革新的な方法を提供します。

Collegicoinの哲学:

   Collegicoinには、制限のない未来へのビジョンがはるかにあります。時間、忍耐、そしてコミュニティのサポートがあれば、素晴らしいアイデアの始まりを超えて成長することができます。私たちが成長して成功すればするほど、他の人を助けることができます。これが私たちが将来成長し続けることができるほんのいくつかの方法です。

貧しいコミュニティに教育用品を送ってください。

Building classrooms in developing areas for the purpose of education.

Supply notebooks, laptops and computers to students in need.

Coin Specifications:

Coin Name: Collegicoin

Coin Ticker: CLG

Algorithm: Quark

Consensus: POS

Max Supply: 12,000,000 CLG

Block Time: 60 Seconds

Coins Per Block: 1.5 – 3.5 CLG

Blocks Per Day: 1440

Masternode Collateral: 20,000 CLG

P2P Port: 21036

RPC Port: 21037

Quark was designed by

Jean-Philippe Aumasson (Kudelski Security, Switzerland)

Luca Henzen (then ETHZ, Switzerland; now UBS, Switzerland)

Willi Meier (FHNW, Switzerland)

María Naya-Plasencia (then FHNW, Switzerland; now UVSQ, France)

Quark: a lightweight hash

   Quark is a family of cryptographic “sponge” functions designed for resource-constrained hardware environments, as RFID tags. Quark minimizes area and power consumption, yet offers strong security guarantees.


   Quark was first presented at the CHES 2010 workshop.


   We propose three instances of Quark: u-Quark, d-Quark, and s-Quark were designed to provide at least 64-, 80-, and 112-bit security against all attacks (collisions, second pre-images, length extension, multi-collisions, etc.).


   The table below summarizes the simulated hardware performance of Quark, when implemented in 0.18 µm ASIC (area is given in gate-equivalents, power is the peak power). Security m, n means a security of m bits against collision and second pre-image attacks, and of n bits against pre-image attacks.


Masternode Network:

   Collegicoin is a cryptocurrency based on the Quark algorithm. Nodes are servers running on a peer-to-peer network that allow other peers to receive and verify updates about transactions on the network. Masternodes use resources sending and receiving information while producing rewards for anyone running a masternode. Running a masternode is a vital part of a strong network which provides faster synchronization and a quicker propagation of transactions. POS or Proof of Stake rewards coin holders a percentage of these rewards by staking Collegicoin in an active wallet based on random selection of wealth and age of each transaction. Below is a basic diagram of a Masternode Network.

 


Reward Schedule:

BlocksCLG RewardMasternodeStakeTreasury1001 – 442001.560%35%5%44201 – 874001.762%33%5%87401 – 1306001.964%31%5%130601 – 173802.166%29%5%17381 – 2170002.368%27%5%217001 – 2602002.570%25%5%260201 – 3034002.772%23%5%303401 – 3466002.974%21%5%346601 – 3898003.176%19%5%389801 – 4330003.378%17%5%433001 – 4762003.580%15%5%476201 – 5194003.378%17%5%519401 – 5626003.176%19%5%562601 – 6058002.974%21%5%605801 – 6490002.772%23%5%649001 – 6922002.570%25%5%692201 – 7354002.368%27%5%735401 – 7786002.166%29%5%778601 – 8218001.964%31%5%821801 – 8650001.762%33%5%865001 –1.560%35%5%

References:

Quark: A lightweight hash – retrieved 1 Mar 2019 from – https://131002.net/quark/

Literacy Statistics – Source – UNESCO Institute for Statistics July 2017

COPYRIGHT 2019, 2020, 2021 COLLEGICOIN

PERMISSION IS HEREBY GRANTED, FREE OF CHARGE, TO ANY PERSON OBTAINING A COPY OF THIS SOFTWARE AND ASSOCIATED DOCUMENTATION FILES (THE “SOFTWARE”), TO DEAL IN THE SOFTWARE WITHOUT RESTRICTION, INCLUDING WITHOUT LIMITATION THE RIGHTS TO USE, COPY, MODIFY, MERGE, PUBLISH, DISTRIBUTE, SUBLICENSE, AND/OR SELL COPIES OF THE SOFTWARE, AND TO PERMIT PERSONS TO WHOM THE SOFTWARE IS FURNISHED TO DO SO, SUBJECT TO THE FOLLOWING CONDITIONS:

COLLEGICOINソフトウェアは「現状有姿」で提供され、商品性、特定目的への適合性、および非侵害の保証を含むがこれらに限定されない、明示または黙示を問わず、いかなる種類の保証もありません。いかなる場合も、作者または著作権所有者は、契約、不法行為、またはその他の行為にかかわらず、ソフトウェアまたはソフトウェアの使用またはその他の取引に起因する、または関連する、いかなる請求、損害、またはその他の責任についても責任を負わないものとします。

略称はCGLとなる。

何がすごいのか?
[+ 編集]

どんな技術か?
[+ 編集]

開発状況 github logo

  • スター : 0
  • フォーク : 0
  • ウォッチャー : 0
  • イシュー : 0
  • コントリビューター : 0
  • 1ヶ月のコミット : 0

誰がつくっているのか?
[+ 編集]

これまでの実績
[+ 編集]

今後の将来性は?
[+ 編集]

議論になっていること
[+ 編集]

次にみるべき記事
[+ 編集]

公式情報

Collegicoinに設定されているタグ

この記事について