Copico (XCPO) とは?

最新価格情報

現在価格:
¥0.2443
時価総額:
¥384.76万
時価総額ランク :
1587位
24H取引量:
¥855.21
24H変動額:
¥ +0.0000
24H変動率:
+0.00%

簡単にまとめると
[+ 編集]

  • CopicoはPOS / Masternodeコインであり、プライバシー保護された暗号化通貨であり、安全性の高い高速取引が可能です。健全な生態系を作り出すために廃止されたaltcoinを取得、採用、達成することを目的とした当社のプラットフォーム

ブロックチェーンテクノロジーを 搭載したグローバルなB2BおよびB2CクロスボーダーEコマースプラットフォームで、金銭的な制約なしにすべての買い手と売り手にアクセスできます。

COPICO:AN機会

  • コピコは、暗号通貨を実際の使用と採用に近づけることを目指しています。コピコは、ユーザーがコピココインと商品を交換または購入できる新しい国境を越えたEマーケットプレイスを立ち上げます。コピコは、最高のスケーラブルな暗
  • 略称はXCPOとなる。

何がすごいのか?
[+ 編集]

バックドロップ

商取引の起源は先史時代からさかのぼることができます。以前は物々交換システムと呼ばれる商品のための商品でしたが、お金の発明によって世界中の商取引の方法が変わりました。それ以来、それは絶え間ない進化を続けてきました。インターネットの導入により、従来の商取引に非常に大きな新しい次元が追加されました。 Eコマースは、B2BでもB2Cでも、ローカルでもグローバルでも、ビジネスの様相を変えました。電子商取引が進化する前は、取引の成功はビジネスの戦略的な場所にかかっていました。今では、それはグローバルな市場であり、小さな町や村の小さな小売業者でさえ、eコマースの助けを借りてグローバルでなくても全国的な存在感を得ることができます。



現在のeコマース業界は、Amazon、Alibaba、Ebayなどの主要なプレーヤーによって世界的に支配されています。これらの巨人の他に、独自の地理的境界内でeコマースサイトを運営する中小規模の商人がたくさんいます。これらのプレーヤーは、その存在感をもって、可能な限り最善の方法で顧客にケータリングを行ってきました。ただし、eコマースはリスクの長いリストに対して脆弱であることで有名です。Eコマースマーチャントは、顧客へのサービス提供と同じ時間とリソースをリスク管理の問題に対処するために費やすことがよくあります。従来のリスクに加えて、eコマースに関連するトランザクションリスクとデータリスクがあります。犯人は常に、電子商人のデータ保護メカニズムを回避し、保存されている情報を盗む方法を模索しています。

さらに、国の通貨を使用して提供される支払い方法は、クレジットカード、電信送金、および銀行システムに関連する摩擦のために、費用率があり、流入が制限されています。支払いの問題は、グローバルな取引でも厄介です。再び、暗号通貨である電子商取引のコースを変える明確な可能性を秘めた大きな革命が起こりました。これは、取引ボットがビットコインのような暗号通貨の取引にどのように影響したかを学ぶための簡単なビットコインコードerfahrungです。



コピコ

技術仕様:


コイン名コピココインティッカーXCPOコインタイプフルPOSブロック時間90秒最小ステーク年齢12時間最大ステーク年齢無制限ブロックサイズ3MBマスターノードに必要なコイン50000初期供給200メートルコインが燃えた77.5mコイン燃焼後の供給122.5mステーク報酬週の5日ごとに10xcpoスーパーステーク報酬週の2日ごとに15xcpoMN報酬ステーク報酬の70%ポート17356RPCポート17358



暗号通貨には現実世界の価値があり、日常の購入、ビットコインの利益などの取引所での取引、請求書の支払い、eコマースプラットフォームでの買い物、さらには家の購入にも使用できます。彼らはまた、仲介者を排除し、暗号通貨の背後にある技術である


ブロックチェーンは、安全で検証されたトランザクションを介したピアツーピアの送金を可能にします。また、暗号通貨の平均リターンは、ミューチュアルファンドのような従来の投資オプションを確実に上回っています。

後期の国々は、このセクションの重要性と大衆の間でのその受け入れの高まりを認識し始め、一部の国はそれらを合法化し始めました、私たちはより多くの国が同じ道をたどると信じています。


このシナリオでは、Copicoは、安全で安定した迅速な暗号通貨を実際の使用と採用に近づけることを目指しています。マスターノードコインであるコピコは、マスターノードオペレーターに追加の安定した収入を生み出すという点で競争力があります。また、マスターノードオペレーターに投票権が与えられ、意思決定に参加できるため、所有権の感覚を提供します。



私たちの計画は、暗号通貨の使用が奨励されるエコシステムを作成することです。以下は私たちのエコシステムの断片のいくつかです、


Altcoinサービスプロバイダー

Copicoは、コインの作成、新しいブロックチェーンの作成、Webサイトの設計とコーディング、ウォレット、エクスプローラー、マーケティングなどを含むワンストップのaltcoinサービスとして機能します。これらのサービスの支払い方法は、Copicoであるため、コインの需要が発生します。ある意味で。


コピコE-マーケットプレイス

Copicoは、顧客が支払い方法として暗号通貨を使用して商品を売買できるようにする、暗号ベースのクロスボーダーeマーケットプレイスを開発しています。従来のビジネスに対するEコマースの主な利点は、POSシステムの簡素化です。通常のデジタル通貨転送の制約により、eコマース業界は暗号通貨に向かって進んでい


ます。したがって、私たちのeマーケットプレイスは、卸売取引をはるかに簡単にする独自のビジネスモデルに取り組み、支払い方法として暗号通貨を含めることもできます。世界規模でビジネスを行いたい売り手のための、しっかりと保護された、安全で簡単な取引メカニズム。

コピコ

チーム


VSK CHAITANYA CEO

2012年からビットコインに携わってきたchaitanyaは、専門職の銀行家であり、ブロックチェーンテクノロジーが金融業界だけでなく、現在も使用されている多くのレガシーシステムに革命をもたらす可能性があると考えています。情熱を持ったデザイナーであり、ウェブデザインの分野でいくつかの資格を持っています。ビジュアルデザイン、Adobe Photoshop、その他のデザインツールに関する彼の専門知識は、彼が所属するどのチームにも競争力をもたらすことができます。


AVINASHCTO-テクニカルディレクター

Avinashは、コーディングと設計の豊富な経験を持つソフトウェアアーキテクトであり、フルスタックのJavaScript開発者です。彼は継続的な学習者であり、エンジニアリングと技術アーキテクチャのスキルを磨き続けています。彼はブロックチェーンテクノロジーに非常に情熱を持っており、ブロックチェーン採用の新しい分野を模索しています


VINODH開発者

Vinodhは、C、C ++、Javaを専門とする熟練したバックエンドプログラマーです。また、ビットコイン、イーサリアム、ハイパーレジャーなどのさまざまなブロックチェーンプラットフォームでの経験を持つ洗練されたブロックチェーン開発者でもあります。


サムプロジェクトリーダー

この技術エバンジェリストには、コーディングと設計の豊富な経験があります。彼は継続的な学習者であり、エンジニアリングと技術アーキテクチャのスキルを磨き続けています。サムはブロックチェーンテクノロジーにとても情熱を持っており、それをマスターしました。彼の優れたマイクロ管理スキルは、彼が仕事で頻繁に失敗しないようにするのに役立ちます。彼はまた、技術的な未来派であり、ブロックチェーン適応の新しい分野を模索しています。

どんな技術か?
[+ 編集]

開発状況 github logo

  • スター : 0
  • フォーク : 0
  • ウォッチャー : 0
  • イシュー : 0
  • コントリビューター : 0
  • 1ヶ月のコミット : 0

誰がつくっているのか?
[+ 編集]

これまでの実績
[+ 編集]

今後の将来性は?
[+ 編集]

議論になっていること
[+ 編集]

次にみるべき記事
[+ 編集]

公式情報

Copicoに設定されているタグ

この記事について