カウンターパーティー / Counterparty (XCP) とは?

最新価格情報

現在価格:
¥270.61
時価総額:
¥7.07億
時価総額ランク :
868位
24H取引量:
¥59.92万
24H変動額:
¥ +15.55
24H変動率:
+6.10%

簡単にまとめると
[+ 編集]

カウンターパーティーは新しく強力な方法でビットコインを拡張

  • 相手方は伝統的な暗号通貨ではなく、ビットレートをトランスポート層として使用する支払いネットワークです。カウンターパーティーは、強力な財務ツールをインターネットに接続している人の手に渡す、フリーでオープンなプラットフォームです。 Bitcoinネットワークの力を活用することにより、取引相手はBitcoinブロックチェーン上に直接堅牢で安全な市場を作り、Bitcoinの機能をピア・ツー・ピア決済ネットワークから本格的なピアツーピア金融プラットフォームにまで拡張します。第三者の仲介なしに送金することに加えて、他の誰かがあなたの資金を保持したり、会計を行うことなく、取引、営業、先進的な金融契約を結ぶことができます。 Counterpartyプロトコルに加えて、プラットフォームは高度な操作を実行するネイティブXCPトークンと、機能を提供するための安全なブラウザベースのCounterwalletで構成されています。

ウンタカーパーティはビットコインを

よのり新しくパワフルな形で拡張りします。

  • あなたの私達のチームへの参加を大してします!
  • 略称はXCPとなる。

※日本語字幕の表示方法: 設定⚙ → 字幕 → 自動翻訳 → "日本語"を選択

何がすごいのか?
[+ 編集]

Counterpartyとは、ビットコインのブロックチェーン上に「独自トークン」を発行することができる仮想通貨プロジェクト。

イーサリアムのように、スマートコントラクトを活用することもできます。

国内取引所のザイフで、以下のような仮想通貨が上場しているのを見たことがないでしょうか。

  • FSCC (フィスココイン)
  • ZAIF (ZAIFトークン)
  • SJCX (STORJCOIN X)
  • NCXC (ネクスコイン)
  • PEPECASH (pepecash)
  • BCY (ビットクリスタル)
  • CICC (カイカコイン)

これらはすべてCounterpartyを用いて、ビットコインのブロックチェーン上で発行されています。


Counterpartyのアルゴリズム「PoB」の仕組み

Counterpartyは、ビットコインのブロックチェーンを利用していますが、BTCとは別のトークンです。

PoB(プルーフ・オブ・バーン)というアルゴリズムが使われています。

プルーフ・オブ・バーンの「バーン」とは「焼却」のことで、誰も秘密鍵を知らない場所(アドレス)にコインを送り、仮想通貨を使えなくすることを意味しています。

Counterparty上で独自トークンを発行するには「CXP」が必要となりますが、ではCXPはどのように発行されているかというと、「ビットコイン」をバーンしています。

CXPを新たに手に入れるにはビットコインが必要なので、Counterpartyの独自トークンCXPには価値があるんですね。


どんな技術か?
[+ 編集]

開発状況 github logo

  • スター : 251
  • フォーク : 185
  • ウォッチャー : 58
  • イシュー : 594
  • コントリビューター : 36
  • 1ヶ月のコミット : 7

誰がつくっているのか?
[+ 編集]

メンバー一覧

名前 役職
Dante DeAngelis
Shawn Leary
John Villar
Michael Sullivan
JP Jansen

これまでの実績
[+ 編集]

今後の将来性は?
[+ 編集]

Counterpartyの希少価値は今後上昇する?

先ほど、Counterpartyの独自トークンXCPを発行するには、ビットコインが必要だと述べました。

これはそのまま、供給にはコストがかかる上、発行上限が無限ではないことを意味します。

また、ビットコインを元にXCPを発行する場合、その多くの理由は独自トークンを作成するためです。

独自トークンを作成するにはCXPを消費するため、Counterpartyで独自トークンを発行したいと思う人が増えるほど、枚数が減少して「デフレ」が進みます。

結果、Counterpartyの希少価値は上昇しやすいと考えられます。


世界一堅牢なブロックチェーンで独自トークンを作成可能

ビットコインのCounterpartyを使うかわりに、イーサリアムを使っても独自トークンを発行できます。

どちらもスマートコントラクトを使うことができる点も共通しています。

ただし、Counterpartyにしかない大きな魅力があります。

それは、世界一安定したパブリックブロックチェーンであるビットコインを使ってトークンを発行できることです。

ビットコインのブロックチェーンを改ざんするには、いくつものマイニング業者をあわせた以上の資本力と、コンピュータの計算能力が必要です。

これは非常に困難であるため、ビットコインは2009年の誕生以来、一度も破綻することなく続いているんですね。

Counterpartyを利用して発行した独自トークンは、どんなに規模が小さくても、この強力なビットコインのブロックチェーンに乗っかっています。

そのためとても簡単に、強力なセキュリティを維持することができます。

もちろん、イーサリアムのほうが優れている面もあり、たとえば、スケーラビリティが高いイーサリアムは、トランザクション手数料などのコストを低く抑えることができます。

それぞれ一長一短ですが、Counterpartyにも多くのメリットがあります。


Counterpartyの活用例

Counterpartyの知名度は、それほど高いとはいえません。

そもそも「ビットコインのブロックチェーン上で、独自トークンを作成できたんだ」と初めて知った人もいるのではないでしょうか。

しかし意外にも、Counterpartyを活用した仮想通貨は多くあります。

たとえば、国内取引所のザイフには、先ほどもお話したように以下のような仮想通貨が上場しています。

  • FSCC (フィスココイン)
  • ZAIF (ZAIFトークン)
  • SJCX (STORJCOIN X)
  • NCXC (ネクスコイン)
  • PEPECASH (pepecash)
  • BCY (ビットクリスタル)
  • CICC (カイカコイン)

特に、フィスコが発行している「フィスココイン」や、テックビューロが発行している「ザイフトークン」が有名ですね。

海外のプロジェクトでは、分散型ストレージ系のプロジェクトであるStorjの独自トークン「SJCX」もCounterpartyを使ってビットコインのブロックチェーン上で発行されています。

今後もCounterpartyを採用するプロジェクトが増えれば、独自トークン発行のためにXCPが消費されるため、価格上昇につながります。


議論になっていること
[+ 編集]

次にみるべき記事
[+ 編集]

Counterparty(XCP)が買える取引所の一覧

取引所 24H 取引量シェア
Zaif 100%

公式情報

Counterpartyに設定されているタグ

この記事について