コメットコイン / CyberMiles (CMT) とは?

最新価格情報

現在価格:
¥1.40
時価総額:
¥11.17億
時価総額ランク :
210位
24H取引量:
¥3.12億
24H変動額:
¥-0.02
24H変動率:
-1.85%

コインチェック コインチェック

簡単にまとめると
[+ 編集]

スマートコントラクトを用いた分散型Eコマースシステムの構築

  • CyberMilesはEコマースとブロックチェーン、双方のイノベーションのメリットを1つのプラットフォームに取り込みブロックチェーンをEコマースの世界に組み込んでいる。
  • スマートで、高速で、安全なネットワークであり、誰であっても自由にあつかえる。
  • ブロックチェーン開発研究所である5xlabによって開発されているブロックチェーンテクノロジーである。
  • 5xlabは、米国で1,200万人以上のユーザーを抱える主要なc2cマーケットプレイス事業者である5milesと緊密に連携している。 5milesはCyber​​Milesのブロックチェーンプロトコルを利用する最初のプラットフォームであると期待されており、5xlabがこの技術を開発するのにも役立つ。過去5年間、オンラインおよびローカル市場での革新をリードしてきた5マイルズは、実世界のアプリケーション向けにブロックチェーンテクノロジーとスマートコントラクトを調整するために必要な技術的および商業的ノウハウを蓄積してきました。 5xlabはこの専門知識を使用して、信頼とコンプライアンスを重視したCyber​​Milesの開発を目指しています。これにより、実世界のビジネスの主流となるブロックチェーンテクノロジとなります。

※日本語字幕の表示方法: 設定⚙ → 字幕 → 自動翻訳 → "日本語"を選択

何がすごいのか?
[+ 編集]

・スマートコントラクト

CyberMilesはEコマース企業が簡単にビジネスに展開するためのスマートコントラクトのテンプレートが組み込まれている。この技術により、Eコマースに関する問題が解決され、効率が向上する。

また、CyberMilesのDPoSブロックチェーンはEthereumと完全互換性をもち、コードを変更することなしにスマートコントラクトとDApps双方をCyberMilesに転送できる。

・速い

 CyberMilesはテストネットの段階で2000TPS(トランザクション/秒)を処理し、メインネットが導入されれば10,000TPSに達する。なお、VISAであっても最大6000TPSである。

・安全性が高い

 CyberMilesdでは、事前防衛と復旧での保護を実施している。

 まず、ブロックチェーン上で、疑わしい動作を自動的に検出し、ブロックする。

 復旧はコミュニティコンセンサスの仕組みを介して失われた資産の回収を支援する。

・低い手数料

 現状のEコマースにおいて、中小企業では売り上げの大部分をネットワーク料金に支払い、収益とイノベーションへの投資に悪影響を及ぼしている。

 CyberMilesdは非常に限られた手数料であり、個人やビジネスの利益を守る。


どんな技術か?
[+ 編集]

開発状況 github logo

  • スター : 13
  • フォーク : 2
  • ウォッチャー : 5
  • イシュー : 0
  • コントリビューター : 0
  • 1ヶ月のコミット : 0

誰がつくっているのか?
[+ 編集]

メンバー一覧

名前 役職
Violin Wang Advisor
Dr. Lucas Lu CEO & Founder
Dr. Michael Yuan Chief Scientist (nChain)
Timothy McCallum Core Developer
Alex Lau Core Developer

これまでの実績
[+ 編集]

最新ニュース

今後の将来性は?
[+ 編集]

議論になっていること
[+ 編集]

次にみるべき記事
[+ 編集]

CyberMiles(CMT)が買える取引所の一覧

取引所 24H 取引量シェア
IDCM 50.99%
OKEx 14.87%
Binance 12.46%
Bibox 11.68%
Huobi 3.66%

公式情報

CyberMilesに設定されているタグ

この記事について