Elrond (EGLD) とは?

最新価格情報

現在価格:
¥1.89万
時価総額:
¥3327.28億
時価総額ランク :
49位
24H取引量:
¥332.10億
24H変動額:
¥-1090.89
24H変動率:
-5.45%

簡単にまとめると
[+ 編集]

  • 分散アプリ、エンタープライズユースケース、新しいインターネットエコノミー向けの、拡張性が高く、高速で安全なブロックチェーンプラットフォーム。
  • Elrondは、PoWの計算の無駄を排除し、ステークと評価による適格性とランダムなバリデーターの選択、およびコンセンサスグループの最適な次元を組み合わせた、「Secure ProofofStake」と呼ばれるコンセンサスへの新しいアプローチを提案しました。BFTのようなコンセンサスプロトコルは、コンセンサスグループのランダムサンプリング、およびノー​​ドを他のシャードにランダムに再シャッフルすることにより、高いセキュリティレベルを維持します。コンセンサスは、前のランダムソースに署名することによってブロック提案者によって生成されたバイアスのないランダムソースを使用します。
  • ブロックチェーンシャーディングへの最適なアプローチでは、状態、トランザクション、ネットワークの3つのシャーディングタイプすべての利点を考慮する必要があります。「アダプティブステートシャーディング」と呼ばれるエルロンドのスループット向上アプローチは、3つのシャーディングタイプすべてをソリューションに組み合わせて、シャード内の通信を改善し、並列処理を通じてパフォーマンスを劇的に向上させます。
  • 略称はEGLDとなる。

何がすごいのか?
[+ 編集]

どんな技術か?
[+ 編集]

開発状況 github logo

  • スター : 574
  • フォーク : 102
  • ウォッチャー : 59
  • イシュー : 354
  • コントリビューター : 25
  • 1ヶ月のコミット : 58

誰がつくっているのか?
[+ 編集]

メンバー一覧

名前 役職
Beniamin Mincu Founder & CEO
Lucian Mincu Co-Founder & CIO
Daniel Serb Head of Business Development
Sever Moldovean Community Manager
Iulian Pascalau Core Developer

これまでの実績
[+ 編集]

今後の将来性は?
[+ 編集]

イーサリアムとの差別化がカギ

Elrondは、既存の仮想通貨を「高速化」するという役割を持ちます。

中でも、主要なプラットフォームであるイーサリアムが対象となりますが、実は今後、イーサリアム自体も「Ethereum 2.0」へのアップデートで高速化を図っていきます。

もしイーサリアム単体でスケーラビリティ問題が解決すれば、Elrondの価値は低くなってしまうでしょう。

Elrondとイーサリアムは、同じ「シャーディング」という取引を並列処理する技術を用いてスケールを図っていますが、

  • イーサリアム:通常のシャーディング
  • Elrond:シャーディングの進化版となるAdaptive State Sharding(アダプティブ・ステート・シャーディング)

のように、Elrondは優れた技術を採用しているとアピールしており、差別化ポイントとなっています。

また、Elrondはスマートコントラクト実行エンジン「Elrond VM」により、開発をRust、C/C++、C#、Typescriptといったメジャーなプログラミング言語で行えます。

イーサリアムでは独自の難解な言語で開発することになり、扱える人が少ないので、ここもElrondの優れた点といえます。


Elrondはバイナンスローンチパッド銘柄

実はElrondは、世界最大の取引所バイナンスのお墨付きで資金調達(IEO)が行われた、「バイナンスIEO銘柄」です。IEOといえば、リターンの期待値が高い投資法として知られていますね。

事実、上場後は0.003ドルを記録、

これはパブリックセールトークン価格である1EGLD=0.00065ドルに対し、5倍弱となります(BNB建てでは15倍になりました)。

記事執筆時点の2021年1月現在でも、直近の3ヶ月で4倍に上昇しています。

バイナンスローンチパッド銘柄は長期的に堅調な価格推移となるケースが多いので、期待値は高いでしょう。


ステーキングに対応

2019年10月、BinanceがElrondステーキングをサポートしました。

ステーキングとは、ザックリいうと「仮想通貨を特定の場所に預けておくことで、利息収入が得られる」というもの。

バイナンスIEO→バイナンスステーキングへと、世界最大の取引所の影響力を利用しながら、うまく存在感を強めることに成功しています。スケーラビリティ問題に対象するプロジェクトとしては、Elrondは無視できない地位にあるといえるでしょう。


議論になっていること
[+ 編集]

次にみるべき記事
[+ 編集]

Elrond(EGLD)が買える取引所の一覧

取引所 24H 取引量シェア
Binance 53.74%
OKEx 39.89%
Binance US 4.98%
Bitfinex 0.71%
DragonEX 0.34%

公式情報

Elrondに設定されているタグ

この記事について