Everipedia (IQ) とは?

最新価格情報

現在価格:
¥1.43
時価総額:
¥223.04億
時価総額ランク :
191位
24H取引量:
¥26.27億
24H変動額:
¥ +0.0092
24H変動率:
+0.65%

簡単にまとめると
[+ 編集]

  • Everipediaは、次世代型の百科事典です。Wikipediaのように世界中に公開されており、すでに600万件を超える記事が作成されていて、無料で閲覧が可能です。
  • Everipediaは現在、イオス(EOS)のブロックチェーン上で公開されており、すでに8,000人のユーザーが参加しています。最高情報責任者(CIO)には、Wikipediaの共同設立者であるLarry Sanger(ラリー・サンガー)博士が就任していることもあり、注目が集まっています。
  • Wikipediaは世界的中で最も多く利用されているオンライン百科事典として現在も愛されていますが、誤った情報が記載されていることもあったため、以前からそれらの問題点を指摘する意見も見られていました。また、Wikipediaは非営利団体である「ウィキメディア財団」によって運営されているため、資金面は外部からの寄付に頼っている現状があるため、複数の問題なのも発生していました。Everipediaは、このような問題に適切に対処するために、ネイティブトークンである『IQトークン』を発行しています。
  • 『IQトークン』は、正確な情報を収集して正しく分類し、より適切な情報としてEveripediaで共有したユーザーに対する報酬として支払われます。IQトークンが配布されることによって、Wikipediaの問題点として挙げられてきたいくつかの問題点を解決できることが期待されています。
  • サンガー博士は、Everipediaの分散型ネットワークが持つ利点について、次のように説明しています。「ネットワークは分散化されているので、Everipedia以外の複数の百科事典からの記事を集めることになります。これによって同じトピックに関する異なる記事を掲載することができるため、最終的には様々な分野の人物、グループ、および専門家によって評価された、同じトピックに関連する違う記事を探すことができる評価システムが完成します。」
  • Everipediaが発表された当初は、イーサリアム(ETH)のブロックチェーンを使用することが予定されていましたが、スケーラビリティなどの問題を考慮した結果、イオス(EOS)のブロックチェーン上で公開することが決定されました。
  • 現時点は英語での記事が主流となっていますが、綺麗な文章で解説されているためGoogleの翻訳機能などを使うことによって、内容も理解しやすい文章となっています。今後さらに記事の編集者が増えることによって、内容もさらに充実して、急速に発展していく可能性も秘めています。
  • すでに20ヶ国語以上のページが開設されているため、今後もさらに多くの国の言語にも対応していくことになると考えられます。日本語版の編集者も必要になると考えられるため、興味のある方は今のうちからEveripediaを閲覧しておくと良いでしょう。
  • オンライン百科事典として不動の地位を築いてきたWikipediaの競合となる可能性を秘めているEveripediaには、大きな注目と期待が集まっています。

何がすごいのか?
[+ 編集]

どんな技術か?
[+ 編集]

開発状況 github logo

  • スター : 141
  • フォーク : 44
  • ウォッチャー : 35
  • イシュー : 14
  • コントリビューター : 5
  • 1ヶ月のコミット : 4

誰がつくっているのか?
[+ 編集]

メンバー一覧

名前 役職
Theodor Forselius CEO & Co-Founder
Travis Moore CTO & Co-Founder
Sam Kazemian President & Co-Founder
Mahbod Moghadam CCO & Co-founder
Suchet Singh Dhindsa COO

これまでの実績
[+ 編集]

今後の将来性は?
[+ 編集]

議論になっていること
[+ 編集]

次にみるべき記事
[+ 編集]

Everipedia(IQ)が買える取引所の一覧

取引所 24H 取引量シェア
Upbit 77.46%
Binance 22.2%
Bitfinex 0.2%
CoinTiger 0.14%
DragonEX 0%

公式情報

Everipediaに設定されているタグ

この記事について