FEG Token (FEG) とは?

最新価格情報

現在価格:
¥0.0000
時価総額:
¥80.20億
時価総額ランク :
454位
24H取引量:
¥5669.39万
24H変動額:
¥-0.0000
24H変動率:
-9.29%

簡単にまとめると
[+ 編集]

  • FEGは「Feed Every Gorilla(すべてのゴリラを養う)」の頭文字を取ったものであり、ゴリラのロゴマークが特徴の仮想通貨です。
  • FEGtoken(FEG)は、分散型ファイナンスの構造を再設計しています。 FEGtoken(FEG)は、DeFiの非常に必要な進歩のために設計された、これまでで最も堅牢なエコシステムを提供しながら、DeFiが完全に機能する方法を再形成および進化させることに重点を置いています。
  • FEGtoken(FEG)は、イーサリアムブロックチェーンとBinanceスマートチェーン(BSC)で動作する分散型トランザクションネットワークを提供しています。
  • 最大循環供給量が100Quadrilionのデフレトークンです。取引ごとに、1%の税金が保有者に分配され、さらに1%が燃やされるため、保有者は時間外労働に動機付けられ、供給が減少します。供給が減少すると、トークンの不足が増加します。この反比例関係は、需要と供給のモデルを構成します。さらに、書き込むことができるトークンの数に制限はありません。
  • FEG Tokenでトランザクションを行うと、1%の手数料が発生します。その1%は、ホルダー全体に利益として還元されます。
  • FEG Tokenは、バーン(焼却)によりトークン供給枚数が減少し、希少価値が向上する仕組みになっています。

何がすごいのか?
[+ 編集]

  • 非中央集権的:FEG Tokenの保有者は完全に分散化されており、初期からの大口保有者は1人もいない。そのためすべての決定は、コミュニティに主導で行われる
  • デフレ構造:FEG Tokenのすべての取引(トランザクション)の1%はバーン(仮想通貨を二度と使えなくすること)されるため、長期的にトークン枚数は減少する
  • ホルダーへの還元:FEG Tokenでトランザクションを行うと、1%の手数料が発生する。その1%は、ホルダー(保有者)全体に利益として還元される
  • 継続的な発展:FEG Tokenのチームは今後もトークンの価値を保つために複数のプロダクトをリリースする
  • ガバナンス:FEG Tokenは独自の分散型取引所(DEX)である「FEG Exchange」の独自トークン(ガバナンストークン)としても機能する

どんな技術か?
[+ 編集]

開発状況

  • スター : 0
  • フォーク : 0
  • ウォッチャー : 0
  • イシュー : 0
  • コントリビューター : 0
  • 1ヶ月のコミット : 0

誰がつくっているのか?
[+ 編集]

これまでの実績
[+ 編集]

今後の将来性は?
[+ 編集]

FEG Tokenは「ネズミ講的」との批判も

FEG Tokenには「詐欺的」との批判もあります。

なぜなら、FEG Tokenのトランザクション手数料は2%であり、その50%がバーン、もう50%がトークン保有者に分配されます。

「先にポジションを持ち、じっと待っている人が得をする」という仕組みは、少し「ネズミ講」的ではありますね。

また、バーンは「投資家」にとってはうれしい仕組みです。

なぜなら投資家は仮想通貨を「使う」というよりも、「ホールド」しているだけのことが多いからです。

しかし、2%ものトランザクション手数料がかかる仮想通貨なんて、投機目的以外では発展しないという考え方もあります。

議論になっていること
[+ 編集]

次にみるべき記事
[+ 編集]

公式情報

公式サイト : https://fegtoken.com

FEG Tokenに設定されているタグ

この記事について