Filecoin (FIL) とは?

最新価格情報

現在価格:
¥8239.00
時価総額:
¥8990.31億
時価総額ランク :
23位
24H取引量:
¥881.31億
24H変動額:
¥ +207.22
24H変動率:
+2.58%

簡単にまとめると
[+ 編集]

  • ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは、現在のインターネット社会が抱えるデータ問題を解決するために生まれた、新時代のWeb3.0の中核をなす技術と言われる「IPFS(Interplanetary File System)」を基盤としたプロジェクトのネイティブトークンである。
  • プラットフォームとしてのFilecoinは、ストレージ用のオンライン分散プラットフォームまたはネットワークであり、世界中のいくつかのハードドライブとデータセンターで使用されていない大量のストレージを容易にしている。
  • Filecoinは、分散的にデータを保管することを目指しており、中央集権化の問題を起こしやすいアマゾンウェブサービスやCloudflareのようなクラウドストレージ会社とは異なる。Filecoinは分散型の性質を活用してデータの場所の整合性を保護し、データの引き出しを簡易化しながらも、検閲を困難にする。
  • Filecoinのような分散型ストレージシステムは、人々が自分のデータの管理人になるだけでなく、世界中の人々がウェブにアクセスしやすくしている。マイニングとデータ保管によってFilecoinネットワークに参加することは、より多くのブロック報酬を獲得することになるので、Filecoin参加者はできるだけ多くのデータを保存するよう奨励されている。
  • ブロックチェーンの技術を使用し、ユーザーはファイルをホストするためにFilecoinを獲得することが可能。
  • 通常のユーザーは、このプラットフォームで提供されているFilecoinマイニングソフトウェアの助けを借りてストレージを動作させることでFilecoinのマイニングができる。ユーザーは、ストレージ要求を完了するためにFilecoin市場でも支払いを受けることになる。
  • 発行枚数は20億枚。
  • 通貨単位はFILとなる。

※日本語字幕の表示方法: 設定⚙ → 字幕 → 自動翻訳 → "日本語"を選択

何がすごいのか?
[+ 編集]

  • IPFS(インタープラネタリー・ファイルシステム)→WebブラウザがWebサーバと通信する際に使用している主流の通信プロトコル「HTTP」を不特定多数の端末がサーバを介さずに端末同士で直接データファイルを共有することができる「ピアツーピア(P2P)方式」へと切り替えるようなもののことを指す。
  • IPFSは「対改ざん性・耐障害性・対検閲性・負荷分散」などのメリットを有している。

どんな技術か?
[+ 編集]

開発状況 github logo

  • スター : 0
  • フォーク : 0
  • ウォッチャー : 0
  • イシュー : 0
  • コントリビューター : 0
  • 1ヶ月のコミット : 0

誰がつくっているのか?
[+ 編集]

Filecoinは、惑星間ファイルシステムも作成したアメリカ人のJuan Benetによって設立された。Benetは、スタンフォード大学で計算機科学を学んでいる。2014年5月にProtocol Labs社を設立した後、2014年夏には、IPFSとFilecoinの両方、ならびに他のプロジェクトをサポートすることを意図してY Combinatorにも参加している。

これまでの実績
[+ 編集]

  • 2020 10/16メインネット公開(1FIL=12,000円まで高騰)
  • 株式会社SIGOOTは、中国のNONENTROPY社と提携し、日本において初となるFilecoinマイニング用ストレージ機器のレンタル事業を開始

今後の将来性は?
[+ 編集]

議論になっていること
[+ 編集]

次にみるべき記事
[+ 編集]

ファイルコイン(Filecoin/FIL)関連リンク⤵

・公式サイト https://filecoin.io/

・ホワイトペーパー https://filecoin.io/filecoin.pdf

・Twitter https://twitter.com/Filecoin

・GitHub https://github.com/filecoin-project

Filecoin(FIL)が買える取引所の一覧

取引所 24H 取引量シェア
Binance 70.22%
DigiFinex 9.67%
Coinbase Pro 7.18%
Gate.io 6.52%
Kraken 1.46%

公式情報

Filecoinに設定されているタグ

この記事について