Helium (HNT) とは?

最新価格情報

現在価格:
¥4454.44
時価総額:
¥4478.47億
時価総額ランク :
52位
24H取引量:
¥28.75億
24H変動額:
¥-45.3632
24H変動率:
-1.01%

簡単にまとめると
[+ 編集]

Helium(HNT)は、モノのインターネット(IoT)デバイス用の分散型ブロックチェーンネットワークで、世界初のP2Pワイヤレスネットワークを構築するプロジェクトです。

2019年7月にローンチされたHeliumメインネットは、低電力の無線デバイスが相互に通信し、ノードネットワークを介してデータを送信することを可能にします。

ノードは、ワイヤレスゲートウェイとブロックチェーンマイニングデバイスの組み合わせである、いわゆるホットスポットとして出現します。したがって、ノードを操作するユーザーは、Heliumのネイティブ 仮想通貨トークンであるHNTでマイニングを行い報酬を獲得します。

Heliumの目標は、IoT通信を未来に備え、2013年の誕生から現在に至るまでのインフラの不備を特定することです。

  • 総供給数量は223,000,000枚です。
  • 略称はHNTとなる。

何がすごいのか?
[+ 編集]

どんな技術か?
[+ 編集]

開発状況 github logo

  • スター : 0
  • フォーク : 0
  • ウォッチャー : 0
  • イシュー : 0
  • コントリビューター : 0
  • 1ヶ月のコミット : 0

誰がつくっているのか?
[+ 編集]

Heliumは2013年にAmir Haleem氏、Shawn Fanning氏、Sean Carey氏の3名によって創立されました。

Haleem氏はeスポーツとゲーム開発において経歴を持っています。対照的に、Fanning氏は、1990年代後半に、最初の主流のP2Pインターネットサービスの1つである音楽共有サービス Napster を開発したことで知られています。

Carey氏は一方で、Heliumの開発に先立ち複数の開発プロジェクトに携わり、その内の1つは、PayPalによって後に買収された最適化ソリューションを提供するWhere社の広告最適化でした。

Heliumのチームは現在、同社が「ラジオとハードウェア、製造、分散システム、ピアツーピア、ブロックチェーンテクノロジー」に関する経歴を持つとされるメンバーで構成されています。

これまでの実績
[+ 編集]

2019年6月に立ち上げられてから現在

Heliumは世界75カ国の5000以上の都市で4万6000台を超えるHelium Hotspotが稼働。

異なる帯域幅を用いるさまざまな同デバイスで利用可能。

米国では、ライセンス不要の915MHz帯で、EU向けモデルではライセンス不要の868MHz帯で、

中国向けモデルでは470MHz帯で動作している。

 

今後の将来性は?
[+ 編集]

議論になっていること
[+ 編集]

次にみるべき記事
[+ 編集]

公式情報

Heliumに設定されているタグ

この記事について