HEX (HEX) とは?

最新価格情報

現在価格:
¥0.95
時価総額:
¥0.00
時価総額ランク :
-
24H取引量:
¥6.20億
24H変動額:
¥-0.01
24H変動率:
-1.85%

簡単にまとめると
[+ 編集]

  • 仮想通貨HEXとはユーザー同士が所持しているトークンをロックして売却できないようにすることでトークンの価値を維持し、ある種の銀行と同じ役割を持たせたもの


何がすごいのか?
[+ 編集]

HEXの特徴と仕組み

先程「HEXはユーザー同士がトークンをロックすることで価値を維持する」と書きましたが、何故ユーザーは自身のトークンをロックするのでしょうか?ロックするということは、仮にトークンの値段が上昇しても売却できず利益を得られないということです。

ユーザーにとって、ロックを行うメリットが無ければ誰もロックなんてしませんよね。HEXでは自動的に毎年3.69%ずつトークンの全体供給量が増え、その分だけトークンの価値が下がる所謂インフレが起こります。

そしてこのインフレで増えたトークンは、自身のトークンをロックしているユーザーに分配される仕組みとなっており、これが利息収入になるという訳です。

つまりトークンのロックをしているユーザーは定期的に収入が得られる一方、ロックしていないユーザーは自身のトークンの価値が毎年下がっていくだけということですね。

このようにHEXは「トークンをロックした方が利益が出る」という仕組みを導入することで価値を維持し、預けておくだけで利息収入が貰える銀行と同じような機能を提供しているのです。

また、HEX公式サイトは上記のような仕組みは「市場が下落した時の安全な避難所」としても機能すると発表しています。

というのも、例えばトークンをロックするユーザーが多くなればトークンを分配される人数も多くなるので一人あたりが受け取る利益も少なくなってしまいますよね?

ですが多くのトークンがロックされたことで市場に出回るトークンの量が減り、相対的にHEXの価格は上昇します。

逆にロックをするユーザーが少ない場合、一人あたりの分配されるトークンは増えますが、市場に多くのトークンが流通するためHEXの価格は下落します。

これをHEXでは「セルフバランシングメカニズム」と呼んでいます。


どんな技術か?
[+ 編集]

開発状況 github logo

  • スター : 0
  • フォーク : 0
  • ウォッチャー : 0
  • イシュー : 0
  • コントリビューター : 0
  • 1ヶ月のコミット : 0

誰がつくっているのか?
[+ 編集]

メンバー一覧

名前 役職
Richard Heart Creator

これまでの実績
[+ 編集]

今後の将来性は?
[+ 編集]

セルフバランシングメカニズム

今までに無い画期的なシステムで銀行口座と同じ仕組みを確立したHEXですが、果たして将来性はあるのでしょうか?

結論から言って、仮想通貨HEXはあまり長続きしないのでは無いかと思われます。

理由としては先程ご紹介した「セルフバランシングメカニズム」はHEXトークンの価値が大幅な下落をせず、なおかつ今後も価値が上がる可能性があることを前提としている為です。

どういうことかと言うと、例えばトークンをロックするユーザーが減り、トークンの市場価格が下落したとしましょう。

この際、ロックしているユーザーは多くのトークンを貰える訳ですが、HEX自体の価格があまりにも低い場合いくら大量のトークンを貰っても利益を得られませんし、今後も価格が上がらなければ保有している意味も無いでしょう。

確かにコンセプトや仕組みは銀行口座と似ていますが、預けた資金が減らず、価値が下落しないお金を貰える銀行に比べてHEXはやや足りない部分があるように感じます。

また、HEXの仕組みを開発したリチャード・ハート氏に対して「新手の詐欺ではないのか」という非難もあります。

というのも、何とハート氏が全体流通量の50%のHEXを保有することになっているんですね。

HEXのシステムは自動で動作する「非中央集権」でなので、システム自体がハート氏に有利になっている訳ではありませんが、ユーザーとそもそもの保有量が違うので「不公平だ」という声も上がっています。


議論になっていること
[+ 編集]

次にみるべき記事
[+ 編集]

HEX(HEX)が買える取引所の一覧

取引所 24H 取引量シェア
BitMart 75.87%
Uniswap V2 17.44%
HitBTC 5.6%
YoBit 1%
Uniswap V1 0.05%

公式情報

HEXに設定されているタグ

この記事について