アイエグゼック / iExec RLC (RLC) とは?

最新価格情報

現在価格:
¥458.26
時価総額:
¥326.88億
時価総額ランク :
283位
24H取引量:
¥20.82億
24H変動額:
¥ +6.30
24H変動率:
+1.39%

簡単にまとめると
[+ 編集]

-

  • RLCは、ブロックチェーンベースの分散クラウドコンピューティングプラットフォームであるiEx.ecで使用されるEthereumベースのトークンです。開発者は、コンピューティングパワー、サーバー、データセンターをレンタルし、Ethereumブロックチェーン上の独自の市場を通じて、未使用のリソースを利用できるようにします。 RLCトークンを使用すると、分散アプリケーションを実行するためにサーバ、データ、アプリケーションをレンタルすることができます。
  • ブロックチェーンの送金遅延を解決するという目的を持った仮想通貨です。
  • 略称はRLCとなる。

※日本語字幕の表示方法: 設定⚙ → 字幕 → 自動翻訳 → "日本語"を選択

何がすごいのか?
[+ 編集]

Execネットワークは、コンピューティングリソースプロバイダーで構成されています。これらはiExecワーカーとして知られています。ユーザーがこれらのワーカーになりたい場合は、マシンを接続でき、ネットワークにリソースを提供するとRLCトークンが付与されます。

アプリケーションプロバイダーはアルゴリズムを現金化でき、貴重なデータセットを所有するデータプロバイダーは、iExecを介してそれらを使用できるようにすることができます。次に、オフチェーンコンピューティングに関するコンセンサスを提供するPoCoまたは貢献証明として知られるコンセンサスプロトコルもあります。この貢献の証明のおかげで、外部リソースプロバイダーは、ブロックチェーン自体で認定されたリソースの使用法を利用できます。

IExecは、DAppsと呼ばれるブロックチェーン上で実行される分散アプリケーションも提供し、サーバー、データセット、コンピューティングリソースへのスケーラブルで安全かつ簡単なアクセスを提供します。これらはすべてイーサリアムで機能するため、高性能コンピューティングを提供できる仮想クラウドインフラストラクチャが可能になります。オンデマンドのサービス。

そのため、iExecは、ブロックチェーンベースの分散アプリケーションの新しいクラスをサポートし、分散型クラウドインフラストラクチャを通じて費用効果の高い高性能コンピューティングを可能にします。分散型クラウドは、マシンへのアクセスを容易にすることで、データセンターの環境フットプリントを大幅に増加させることができます。

どんな技術か?
[+ 編集]

開発状況 github logo

  • スター : 400
  • フォーク : 27
  • ウォッチャー : 41
  • イシュー : 65
  • コントリビューター : 6
  • 1ヶ月のコミット : 1

誰がつくっているのか?
[+ 編集]

メンバー一覧

名前 役職
Gilles Fedak CEO, Co-founder
Haiwu He Co-Founder
Oleg Lodygensky Technical Leader
Mircea Moca Business Developer,Fintech Expert
Julien Béranger Head of Communications

これまでの実績
[+ 編集]

  • 2017/4 取引開始

今後の将来性は?
[+ 編集]

議論になっていること
[+ 編集]

次にみるべき記事
[+ 編集]

iExec RLC(RLC)が買える取引所の一覧

取引所 24H 取引量シェア
Binance 71.73%
Coinbase 19.34%
Bitvavo 3.23%
Gate.io 1.51%
BitForex 1.33%

資金調達の状況

累計調達額 : 13.26億円

調達ラウンド 調達額 リード投資家 日時
Initial Coin Offering 13.26億円 不明 2017/4

公式情報

iExec RLCに設定されているタグ

この記事について