Internet Computer (ICP) とは?

最新価格情報

現在価格:
¥5410.16
時価総額:
¥9433.90億
時価総額ランク :
25位
24H取引量:
¥565.92億
24H変動額:
¥-371.2833
24H変動率:
-6.42%

簡単にまとめると
[+ 編集]

  • グーグルクラウドやアマゾンウェブサービスなどクラウドコンピューティングサービスは特定の企業に大きく依存しているためブロックチェーン技術により、分散型へ移行して依存脱却を目指すために立ち上げられたプロジェクトの一つ。独立したデータセンターが世界中にあり、提供される計算リソースをICP(Internet Computer Protocol)で集約することで、アプリケーションサービスなどを実装できる分散型のネットワークでシステムの構築を行う。

 

  • 分散型”インターネット・コンピューター”の創設により、スマートコントラクトのスピードアップやクラウドサービスコストを現在の100万分の1かそれ以上にコスト低減することを目指している。  
     
  • 仮想通貨取引所のBinanceで上場されたコイン  
     
  • このブロックチェーン上で使用されるトークンは「Internet Computer(インターネット・コンピューター)」  
     
  • 通貨単位は【ICP】  
     

非営利団体DFINITY財団が2021年5月7日にローンチした分散型ネットワーク「Internet Computer」のガバナンストークンである。     

インターネットコンピューター(The Internet Computer)とは?

~Web速度とインターネットスケールを備えた世界初の摩擦のないブロックチェーン~

 

インターネットのパワー、スピード、スケールを備えた無限のブロックチェーン

DFINITY Foundationは、サーバーレスクラウド機能をインターネットに拡張するための「インターネットコンピューター」の構築を目指しています。

 

このアイデアには多くの影響があります。

特に、Webの分散化と、Facebook、LinkedIn、WhatsApp、Salesforce、eBayなどのオープンバージョンなどの自律型ソフトウェアの有効化、および今日の3.9兆ドルのレガシーITスタックを置き換える機能を中心に展開しています。成功すれば、これはインターネットの運用方法における強力なパラダイムシフトになります。

インターネットコンピュータは、テクノロジーにおける最も野心的な取り組みの1つであり、これを達成するためにDDINITYは、大規模で優秀なチームを立ち上げました。

 

 

スマートコントラクトのみからトークン化されたマスマーケットソーシャルメディアサービスを構築する

  • AWSやGoogle Cloudのような中央集権的クラウドコンピューティングサービスからの脱却を目指し、次世代の分散型インターネットの基盤となるL1ブロックチェーンを使用してスマートコントラクトに無制限な環境を提供することを目的とした革新的なパブリックネットワークプロジェクト。トークンシンボルはICP。
  • DiFiからオンチェーンで実行されるマス・マーケット(大衆市場)のトークン化されたソーシャルメディアサービスやイーサリアムDAppsを拡張する環境を構築しアプリケーションを展開することが出来る。

 

Internet Computerの概要を動画で見る

 

最後のオリジナルのレイヤー1ブロックチェーンプロジェクトは、Web速度で実行され、Webにサービスを提供し、拡張し、コンピューティングコストを100万倍以上削減するスマートコントラクトに無制限の環境を提供する革新的なパブリックネットワークを立ち上げています。DeFiから、オンチェーンで実行されるマスマーケットのトークン化されたソーシャルメディアサービスまで、またはイーサリアムdappsを拡張するすべてを構築します。

インターネットコンピュータは、2021年5月10日にDFINITY Foundationによってオープンソース化され、パブリックインターネットの一部としてスピンアウトされました。

 

Internet Compuret のソースコードはこちらから

 

Internet Computerのチェーンキーテクノロジーの動画はこちら

チェーンキーテクノロジーは、インターネットコンピューターを数百万のノードに拡張できるようにする根本的なブレークスルーの1つです。チェーンキーテクノロジーの最も注目すべき革新は、インターネットコンピューターが単一の公開鍵を持っていることです。これにより、スマートウォッチや携帯電話を含め、インターネットコンピューターによって生成されたアーティファクトの信頼性を任意のデバイスで検証できます。

 

Internet Computer のコンセンサスオーバービュー(概要)

インターネットコンピュータは世界中にある独立したデータセンターのノードのネットワーク上で実行されるため、すべてのサブネットが同じ状態を確実に達成するために、同じメッセージを同じ順序で処理する必要があります。サブネットに電力を供給しているノードが処理するメッセージの順序について合意できるようにするために、インターネットコンピュータは、このプレゼンテーションで説明されているように、新しいコンセンサスプロトコルに依存しています。

 

Internet Computer のWeb認証とIDについて

今日、オンラインで使用されるIDと認証の主な手段は、ユーザー名とパスワードです。インターネットコンピュータは、このモデルを、サービスプロバイダーがデータを盗んだり、動きを追跡したりする機能を排除する、より高度で安全な暗号化認証の方法に置き換えました。

 

Internet Computerによる非対話型分散キー生成(NIDKG)

NIDKGは、ForwardSecreticおよび非対話型ゼロ知識証明を使用した暗号化を含む高度な暗号化を適用します。

何がすごいのか?
[+ 編集]

どんな技術か?
[+ 編集]

開発状況 github logo

  • スター : 164
  • フォーク : 42
  • ウォッチャー : 14
  • イシュー : 65
  • コントリビューター : 24
  • 1ヶ月のコミット : 4

誰がつくっているのか?
[+ 編集]

Dominic Williams (創始者)

Dfinityの創始者であり社長兼主任研究員。同時に、String Labsの共同創始者であり社長も務めている。

 

King's College Londonのコンピュータ科学部を首席卒業後、複数のスタートアップ企業を設立

(System7、Airdocs、Smartdrivezなど)仮想通貨プロジェクトのインキュベーター。

ベンチャー支援を受け、何百万人ものユーザーに広まった

MMOゲーム「Fight My Monster」の  最高経営責任者(CEO)も務めた。

 

理論家で、ブロックチェーンに関する技術に関わるシリアルアントレプレナー。

 

Gian Bochsler

財団評議員

Jan Camenisch

最高技術責任者

Josh Drake

運営担当者であり副社長。

Lomesh Dutta

成長担当副社長

Michael Lee

コミュニケーション担当副社長

Paul Meeusen

財務担当副社長

Artia Moghbel

プロジェクト進行計画者・マネージングディレクター

これまでの実績
[+ 編集]

  • 約1億2100万米ドルを調達、Polychain Capital、SV Angel、Aspect Ventures、Electric Capital、ZeroEx、Scalar Capita社、 Multicoin Capitaなど、初期のEthereum支持者も参加。

 

  • 2021/5 バイナンスとKuCoinに上場

今後の将来性は?
[+ 編集]

議論になっていること
[+ 編集]

次にみるべき記事
[+ 編集]

公式情報

Internet Computerに設定されているタグ

この記事について