IRON Titanium Token (TITAN) とは?

最新価格情報

現在価格:
¥0.0000
時価総額:
¥0.0000
時価総額ランク :
-
24H取引量:
¥2480.38万
24H変動額:
¥ +0.0000
24H変動率:
+0.86%

簡単にまとめると
[+ 編集]

IRON Stablecoin

※PolygonネットワークおよびBinanceSmartChain上の部分的に担保されたstablecoin

 

IRON トークンは部分的に担保されたトークンで、米ドルにソフトペッグされており、Polygon ネットワークと BinanceSmartChain の両方で利用できます。

このプロトコルは、タイムロックされたスマートコントラクトに十分な担保を保管することにより、IRONトークンの価格の安定性、つまりペグを維持することを目的としています。この担保は償還に使用され、価格の安定を維持するのに役立ちます。担保は 2 つのトークンで構成されます。Polygon ネットワークでは、USDC および TITAN トークンを使用しますが、BinanceSmartChain では、BUSD および STEEL トークンを使用します。USDC または BUSD トークンは、ユーザーが IRON トークンを作成するときにプロトコルにデポジットされ、鋳造に使用される TITAN または STEEL トークンは焼き付けられます。ユーザーが IRON トークンを引き換えると、プロトコルは USDC または BUSD トークンを払い戻し、必要な量の TITAN または STEEL トークンを鋳造します。

  • 鋳造および償還機能で使用されるUSDCまたはBUSDとTITANまたはSTEELトークンの比率は、それぞれ目標担保比率および有効担保比率によって決定されます。
  • 略称はTITANとなる。

 

何がすごいのか?
[+ 編集]

資本効率の面から

従来の市場では、「資本効率」という用語は、企業が特定の利益を受け取るために費やさなければならないお金の比率を指すためによく使用されます。これは、企業が特定の投資、製品、またはサービスに対して受け取る投資収益率を表しています。この用語は、マーケティングに関連してよく使用されます。暗号市場、特に安定したコインの場合、資本効率についての考え方はまったく異なります。この章では、我々はされている議論暗号で資本効率を、そしてなぜIRONなどの細分stablecoinsはUSDC、USDT、DAIなどのような彼らの過担保の選択肢よりも効率的です。


定義1:ペグを維持するために必要な資金

ほとんどのステーブルコインは、資産を担保し、希望する 1 ドルのペグに近づけるために一定額の資本を必要とします。たとえば、DAIは過剰担保の安定したコインであり、発行者は150%の担保を差し入れる必要があります。言い換えれば、ユーザーが100 DAIをミントしたい場合、CDP契約にイーサリアムで150ドルを送る必要があります。担保の価値が特定のしきい値を下回った場合、このポジションは清算される可能性があります。この担保の価値は、固定されたDAIの価値を維持するものです。

USDC(一元化された法定不換紙幣の安定したコイン)の場合、Coinbaseは発行されたUSDCごとに1ドルを保管庫に保持します。USDCは常にミンタブルであり、1ドル相当の米ドルと引き換えることができます。この例では、USDCは1 USDCをミントするために1ドルの担保しか必要としないため、DAIよりも資本効率が高くなっています。BUSD (Binance)、USDT (Bitfinex/Tether) などの他の中央集権型ステーブルコインにも同様の手順が適用されました。

アルゴリズム的(無担保)安定コインは資本準備金を使用しません。一般に、彼らは純粋にアルゴリズムまたはメカニズムに依存しており、供給が多すぎる場合にトークンを燃やす (価格を上げるため) か、供給が低すぎる場合に新しいトークンを作成する (価格を下げるため)。無担保の安定したコインは、成功するために継続的な成長を必要とします。価格が暴落した場合、コインを清算するための担保がなく、そのようなデザインを利用しようとする過去の多くのプロジェクトで見られるように、所有者のお金が失われます。

以下のために細分化または部分的に担保stablecoins、ミントに必要な資金は、部分的にしか他の安定した資産建てです。残りの部分は、担保として必要とされるボラティリティ資産で建てられています。この要件は、不安定な資産に対する自然な需要と価値の獲得の両方を生み出します。IRONの場合、この揮発性資産はTITAN(ポリゴン)またはSTEEL(BSC)です。この価値獲得の性質は、TITAN の価値と IRON の循環供給との間に直接的な関係があることを意味します。さらに、IRONの担保比率は浮動小数点数です。つまり、ペグが適切に機能する場合、TITANのより効果的な値の取得になります。

定義2:あなたがあなたのお金のために得るもの

一部のstablecoinsの唯一の目標はペグを維持することですが、IRONはガバナンストークン所有者の利回りを生み出しながらそうします。これは、アイドル状態の担保を、財務省の契約につながる利回りを生み出す金庫に投資することによって実現されます。財務省はその後、利益分配機能を経由してstakersへの歩留まりを払い出します。

結論

IRONは、資本効率を最大化することにより、安定したコインの展望を前進させています。IRONは、変動担保比率を実装することにより、可能な限り最も効率的な方法でペグを維持するだけでなく、TITANおよびSTEEL保有者の価値を獲得し、分散型金融エコシステム全体の保有者のコミュニティに利回りをもたらします。


価格の安定性

IRONトークンの価格安定性は、複数のメカニズムによってサポートされています。価格安定性の主な柱は、IRONトークンを約1米ドル相当のトークンと交換できる可能性にあります。

価格ペグをサポートする別のメカニズムは、ミンティングおよび償還機能によって提供される裁定取引の機会です。

IRONトークンの価格が1米ドル未満の場合、誰でも公開市場で購入し、有益な裁定取引の機会があれば、約1米ドル相当の価値と引き換えることができます。

IRONトークンの価格が1米ドルを超える場合は、誰でもプロトコルを使用して約1米ドル相当の価値でそれを作成し、有益な裁定取引の機会があれば公開市場で販売できます。 



どんな技術か?
[+ 編集]

開発状況 github logo

  • スター : 0
  • フォーク : 0
  • ウォッチャー : 0
  • イシュー : 0
  • コントリビューター : 0
  • 1ヶ月のコミット : 0

誰がつくっているのか?
[+ 編集]

これまでの実績
[+ 編集]

IronFinanceは2021年3月4日にBinanceSmartChainでリリースされ、2021年5月18日にPolygonネットワークに拡張されました。

2021年3月16日、以前のシェアトークンであるSILトークンが、ValueDefiによる人為的エラーによりクラッシュしました。これは、所有しているファームのファームプール報酬率の計算方法を変更したためです。結果として、彼らのコードは、1 年分の計画された SIL 排出量を一瞬で鋳造しました。事件から2日以内に、IronFinanceはSTEELと呼ばれる新しいシェアトークンで再起動し、2021年5月28日までに影響を受けたすべてのSILトークン所有者に完全に補償しました。


2021年5月6日、IronFinanceはDragonBallと呼ばれる独自のリアルスタイルの宝くじを開始しました。この宝くじでは、ユーザーは2つのIRONトークンのチケットを購入し、IRONトークンでも賞品を獲得できます。私たちの宝くじでは、ユーザーは自由に番号を選択し、任意の順序でそれらを獲得することができます。


2021年5月8日、ハッカーがValueDefiのコードを悪用し、IRON / STEEL流動性プールからのSTEELトークンを含む、多くのDeFiプロトコルの流動性プールからの多数のトークンが盗まれたとき、IronFinanceは2回目のValueDefiインシデントに見舞われました。IronFinanceは、影響を受けるすべてのSTEELトークン所有者にこのValueDefiインシデントについても補償することを計画しています。IronFinanceはValueDefiとの関係を完全に断ち切り、PancakeSwapで新しい流動性プールを設定し、ValueDefiがハッキングされてから24時間以内に、新しいPancakeSwap流動性トークンと互換性のある新しいWebサイトを展開しました。ほどなくして、自動複利プールのためにBeefyFinanceと提携しました。


2021年5月18日、IronFinanceはPolygonネットワークに拡大し、2021年5月31日までに2億ドルを超えるTVLに達しました。

Iron Financeは、2021年5月18日にPolygonネットワークでプロジェクトを開始しました。立ち上げからのこの短い数週間で、プロジェクトは発火し、TVLで約12億ドルを集めました!このような短期間で多くの成功を収めたIronFinanceチームのチームは、コミュニティとそのすべてのユーザーのすばらしいサポートに感謝します。

このような急速な成長は、Polygonネットワークでは言うまでもなく、DeFiではほとんど前例のないものです。このレベルの継続的な成功により、IRONはDeFiの次の優良トークンになる可能性があるように見えます。





今後の将来性は?
[+ 編集]

ロードマップ

IronFinanceは、市場の需要と変化に対する柔軟性と迅速な対応を信じています。このため、ロードマップと今後の機能を数週間ごとに公開します。

今後の製品と機能:

ポリゴンネットワークへの部分的に担保された合成トークン

自社開発のPolygonネットワークとBinanceSmartChainの両方への貸し出しプラットフォーム。これにより、ユーザーはIRONトークンと合成トークンで借りたり貸したりできます。

予測ゲーム(バイナリーオプション取引)


アイアンファイナンスのポリゴンへの拡張


Iron Financeエコシステムは、Polygon(Matic)ネットワークにクロスチェーンします。これは、プロトコルと製品をPolygonの新しいユーザーに提供し、エコシステムを複数のチェーンで同時に成長させるために行っています。ポリゴンはイーサリアムのサイドチェーンであり、現時点では超高速で超安価なトランザクションを提供しています。



ポリゴンネットワーク上でstablecoinIRONとそのシェアトークンTITANを起動します。つまり、現在の技術的制限と経済的理由により、最初はBinanceSmartChainから既存のトークンをブリッジしないため、今のところ、別のポリゴンチェーン上のIRONおよびSTEELトークンのセット。橋は2021年第3四半期までに考慮されます。

コンセプトとモデルは同じままです。唯一の違いは、STEELトークンはTITANと呼ばれ、Polygonネットワーク上のIRONトークンはUSDCとTITANによって動的に担保されることです。BSCネットワーク上のIRONトークンは、BUSDによって担保され、STEELによって動的に担保されたままになります。

DiamondHandによって発行されたdTokenは、5月下旬にPolygonネットワークで利用できるようになります。これについては、別の記事がまもなく公開されます。TITANをPolygonのDiamondHandの共有トークンとしても使用することを検討しています。言い換えると、TITANにはSTEELとDNDの両方のユーティリティがあるため、Polygonに2つの共有トークンは必要ありません。


強力なパートナーシップ

BSCネットワークの最大かつ有名なイールドアグリゲーターの1つであるBeefy Financeと提携しており、バトルテスト済みの監査済みボールトを提供しています。ただし、BSCだけでなく、Polygonネットワークでも提携する予定です。その結果、ユーザーはBSCネットワークとPolygonネットワークの両方で、STEEL、DND、およびTITANトークンをファームおよび合成できるようになります。


ポリゴンのトケノミクス

TITAN排出量

総供給量:10億

割当:700 百万コミュニティー流動性の採掘のため、300 百万財務省のために

財務省基金は、パートナーシップ、コラボレーション、マーケティング、開発基金として、およびファウンドリにインセンティブを与えるために使用され、36か月にわたって権利が確定します。事前採掘や開発報酬はありません。プロジェクトを立ち上げ、流動性プールに初期資金を追加するために、5kIRONと45kTITANだけが採掘されています。


SushiSwapのTITAN流動性!

SushiSwap でTITAN 流動性プールを立ち上げます。農場は私たちのアイアンファイナンスのホームページにあります

打ち上げの正確なブロックの高さは発表されます

発売時の排出率:1日あたり639,270 TITAN

TITAN / MATIC:191,780 TITAN /日(30%)

IRON / USDC:1日あたり447,488 TITAN(70%)

これらのファームにはロックされた報酬はなく、新しいファームが後で追加される可能性があります!

ファウンドリ(TITANステーキング)

配布用の余剰担保がいくらか蓄積されると、TITAN / IRONLPトークンステーキングを備えたファウンドリも稼働します。ファウンドリには、BSCのDiamondHandCastlesですでに公開されている特定のアップデートが含まれます。詳細については、別の記事で共有します。

TITANリワードを獲得するTITANステーキングは、発売時にライブになります。

ロックされた報酬はありません



議論になっていること
[+ 編集]

20億ドルがほぼゼロに──「世界初の大規模な暗号資産の取り付け騒動」(※Coindeck より引用)


DeFi(分散型金融)プロジェクト「Iron」の独自トークン「Iron Titanium(TITAN)」の時価総額は一時、20億ドル(約2200億円)にのぼったが、16日にほぼゼロまで下落した。現在も価格は回復していない。「世界初の大規模な暗号資産の取り付け騒動」と、発行元のIron Financeの関係者はブログに記している。

Ironプロジェクトは、ステーブルコイン「IRON」を発行していた。IRONは、ドル連動型ステーブルコインのUSDコイン(USDC)と独自トークンのTITANに裏付けられ、1ドルの価値を持つように設計されていた。

だがブログによると、多くのユーザーがIRONを清算し、それに伴ってTITANが売られたことで「マイナスのフィードバックループ」が発生したという。その結果、さらに多くの保有者がTITANの売却に走り、Iron Financeが「古典的な取り付け騒ぎ」と呼ぶ状況に陥った。

「我々が経験したことは、プロトコルに起こりうる最悪の事態であり、現代のハイテクな暗号資産における歴史的な取り付け騒動だ」(Iron Financeのブログ)

だが、Iron Financeが十分な担保を持っていなかったことが、今回の事態を招いた。

またビリオネアの投資家、マーク・キューバン氏がIronプロジェクトのユーザーだったことでさらに大きな注目を集めた。今回の暴落を受けて、キューバン氏は規制当局に「ステーブルコイン」の構成要素を明確にするよう求めている。

キューバン氏は、損失額についてはコメントを避けたが「まったくハッピーではない金額」と述べた。

次にみるべき記事
[+ 編集]

IRON Titanium Token(TITAN)が買える取引所の一覧

取引所 24H 取引量シェア
Bkex 56.91%
MEXC 25.8%
QuickSwap 14.26%
Hotbit 2.62%
SushiSwap (Polygon Network) 0.4%

公式情報

公式サイト : https://iron.finance/

IRON Titanium Tokenに設定されているタグ

この記事について