キックコイン / KickToken (KICK) とは?

最新価格情報

現在価格:
¥0.03
時価総額:
¥0.00
時価総額ランク :
-
24H取引量:
¥3.48億
24H変動額:
¥-0.00
24H変動率:
-21.64%

簡単にまとめると
[+ 編集]

KickCoinは、KICKICOプラットフォーム(およびそのすべてのパートナー)が立ち上げたプロジェクトで受け入れられ、使用される暗号違反です。 KICKは主にプラットフォーム上の支払い方法として使用されます。 KICKICOは、トークンで開始されたICOキャンペーンの手数料(4%)の半分をKICKONOMY基金に拠出します。 KickCoinはユーザーから採掘することはできず、代わりに資金調達プロセス中に排出されます。スマート契約アドレスに直接キャンペーンに参加した場合は、新しいKickCoinsが発行され、ETHの支払いが行われたアドレスに送信されます。

※日本語字幕の表示方法: 設定⚙ → 字幕 → 自動翻訳 → "日本語"を選択

何がすごいのか?
[+ 編集]

KICKONOMYでは、まず資金調達方法を3つのうちから選択できます。

  • 法定通貨で募るクラウドファンディング
  • 仮想通貨で募るICO株式
  • 証券で募るクラウドインベスティング

利用者はこの3つの中から好きに選べるようになっているのでメインターゲットを捉えた資金調達ができるようになっています。

集まってくる莫大な資金は、すべてKICKトークンでブロックチェーン上に管理されるので、サービス提供者側のコストを大きく抑えられます。

一方、支援者側には、支援をするとKICKトークンを必ず受け取ることになっています。

これは万が一資金調達が失敗した際のリスクヘッジのためで、支援者側のリスクを軽減させ、より気軽に支援をしてもらうという狙いがあります。

ブロックチェーン上で様々な資金調達ができる最大の利点は、国境を越えた調達や支援ができることです。

これまでの資金調達方法は、法定通貨や株式を利用するものだったため国や地域によって厳しい規制がありました。

これがKICKONOMYを利用すると世界中の企業や個人を対象に、資金調達や資金援助を行えるようになるので成功可能性や市場規模も高まります。

また、資金調達をキッカケにして世界中の人々に自身のプロジェクトを知ってもらえるので、資金調達成功した後の発展にも強い後押しを得られるようになります。


どんな技術か?
[+ 編集]

開発状況 github logo

  • スター : 22
  • フォーク : 17
  • ウォッチャー : 9
  • イシュー : 8
  • コントリビューター : 0
  • 1ヶ月のコミット : 0

誰がつくっているのか?
[+ 編集]

メンバー一覧

名前 役職
Anti A. Danilevski CEO & Сo-founder
Alexander Petrov Co-founder and CFO
Andrew Perepelitsa Co-founder, CTO and Solidity developer
Petr Yakimchuk
Dmitry Raskladka Chief Business Developer

これまでの実績
[+ 編集]

今後の将来性は?
[+ 編集]

比較的大きな取引所であるKucoinに上場しているのは安心材料ですね。

日本国内で募集されているクラウドファンディングでは、海外からの支援を受けることはできませんが、KickCoinでは全世界からサポートを受けることができます。

クラウドファンディング市場は、今後も伸び代があるのでそれとともにKIckCoinも上昇していく可能性は十分高いと考えられます。

しかし、現状はまだまだ知名度の低いコインですので、BINANCEなどの超大手取引所へ上場できるかが今後の価格上昇への重要なポイントとなるでしょう。

議論になっていること
[+ 編集]

次にみるべき記事
[+ 編集]

KickToken(KICK)が買える取引所の一覧

取引所 24H 取引量シェア
Uniswap V2 99.56%
YoBit 0.44%

公式情報

KickTokenに設定されているタグ

この記事について