Kusama (KSM) とは?

最新価格情報

現在価格:
¥3.90万
時価総額:
¥3509.20億
時価総額ランク :
57位
24H取引量:
¥120.90億
24H変動額:
¥-1410.7109
24H変動率:
-3.49%

簡単にまとめると
[+ 編集]

クサマ(Kusama )とは?


Kusamaは、ポルカドット(Polkadot)の初期の未監査の未精製のリリースです。Kusamaは試験場として機能し、チームと開発者がパラチェーンを構築して展開したり、実際の環境でポルカドットのガバナンス、ステーキング、指名、検証機能を試したりできるようにします。

  • クサマ(Kusama/)はpolkadotの創設者で、ETHの共同創設者兼元CTOであったGavinWood氏によって2019年に作られたプロジェクトです。
  • クサマはSubstrateとPolkadotとほとんど同じコードベースを使用して作られたブロックチェーンのスケーラブルなネットワークと、そこで使われる暗号資産です。
  • 可能なことの限界をすばやく押し上げたいブロックチェーン開発者のための前例のない相互運用性とスケーラビリティ。KusamaのいとこであるPolkadotとほぼ同じコードベースと業界をリードするマルチチェーンインフラストラクチャを備えたSubstrateを使用して構築されています。
  • クサマは水玉模様(ポルカドット)のデザインで有名なデザイナーの草間彌生氏からその名前が来ていると言われています。
  • 略称はKSMとなる。

何がすごいのか?
[+ 編集]

どんな技術か?
[+ 編集]

スケーラビリティ

クサマのシャード型ブロックチェーンとオープンガバナンスは、ビジネス、マーケットプレイス、アプリケーションの展開と発展に向けたスケーラブルで将来性のあるインフラストラクチャを提供します

 

相互運用性

クサマは複数のブロックチェーンを1つのシャードネットワークにまとめ、開発者はレガシーブロックチェーンネットワークによって作られたしがらみから解放されます

 

カスタマイズ

Substrateを使えば、開発者は独自のアプリ固有のブロックチェーンを構築し、それをクサマに接続することができます

 

なお、ポルカドットを調べているとSubstrate(英語で基盤の意味)というワードが何度も出てきていますが、PolkadotはSubstrateで開発されており、SubstrateとはParity Technologies(パリティーテクノロジー)社のブロックチェーンフレームワークです

PolkadotはSubstrateで構築されており、Substrateで構築されたプロジェクトはPolkadot上でネイティブに動作させることができますが、今すぐにでも新しいブロックチェーンを構築するためにSubstrateを使うことができます

Substrateに関しては、ステークテクノロジー(Stake Technologies)社の渡辺創太さんによる記事が詳しいです

開発状況

  • スター : 0
  • フォーク : 0
  • ウォッチャー : 0
  • イシュー : 0
  • コントリビューター : 0
  • 1ヶ月のコミット : 0

誰がつくっているのか?
[+ 編集]

Polkadotの創始者であり、元イーサリアムの共同創業者でもあったGavin Wood(ギャビン・ウッド)さんがPolkadot上で実験的なプロジェクトを立ち上げたのがクサマのようです。

クサマは、ポルカドット上で初期の未監査・未完成のリリースを行い、チームや開発者がパラチェーンを構築して開発やガバナンス、ステーキング、ノミネーション、バリデーション(検証)を行ったりする、実験場としての役割を果たすとのこと。

 

Gravin Wood氏によるKusama の概要説明

これまでの実績
[+ 編集]

今後の将来性は?
[+ 編集]

議論になっていること
[+ 編集]

次にみるべき記事
[+ 編集]

パラチェーンスロットオークションについて

Kusamaのスケーラブルなマルチチェーンアーキテクチャの鍵であるパラチェーンは、許可のないオークションを介してリレーチェーンのスロットをリースすることでネットワークに接続します。ポルカドットのカナリアネットワークとして、草間はテストと最適化のために最初にパラチェーンオークションを展開しています。パラチェーンは、すべてがスムーズに実行されていることを確認するために、最初は徐々に草間に搭載される可能性がありますが、約束はありません。

カオスを期待してください。

 

チームはどのように参加しますか?

草間でパラチェーンを立ち上げるまでの道のりはチームごとに異なりますが、一般的なプロセスは次のようになります。

 

オークションの仕組み

パラチェーンスロットオークションは、変更されたキャンドルオークション形式に従い、各オークションは約1週間続きます。オークションのスナイピング(最後の瞬間に入札する戦略)を防ぎ、より正確な価格発見を促進するために、特定のオークションの正確なエンドポイントは、オークションが終了するまで不明のままです。

 

①parachainを設計し、使用してその基盤を構築する

②ローカルでテストして最適化し、次にRococoのようなテストネットでテストする

③スロットリースオークション戦略を決定する

④オークションに参加して約1週間入札する

⑤リース開始後、取得したスロットに展開する

⑥別のオークションに参加して、リース期間の終了時に更新する

 

Part 1:How to Register a Parachain on Polkadot and Kusama(パート1:ポルカドットとクサマでパラチェーンを登録する方法)

Part 2: How to Register a Parachain on Polkadot and Kusama(パート2:ポルカドットとクサマでパラチェーンと登録する方法)

How to Participate in Crowdloans on Kusama(クサマで、クラウドローンに参加する方法)

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

オークションの進行について

 

1)

チームは、1〜8のリース期間(各リース期間は6週間)の少なくとも1つの連続した範囲と、選択した範囲の期間中にロックアップできるKSMの量を指定して入札します。

2)

公開入札はオークション期間中継続されます。チームは他の入札を確認し、時間の経過とともに入札を増やして、オークション全体で競争力を維持できます。

3)

オークションの終了時に、オークションの終了の正確な瞬間は、検証可能なランダム関数(VRF)によってランダムかつ遡及的に決定されます。

4)

勝ったパラチェーンは、リースの開始時に自動的にオンボーディングされます。入札されたKSMの金額は、リース期間中はロックされたままになり、その後はロックを解除できます。

5)

チームは、現在のスロットリース期間が終了する前に、別のオークションに勝つことでリースを延長できます。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

オークションのタイムテーブル

各オークションには約1週間の公開入札期間があり、最大48週間の合計スロット期間が割り当てられます(それぞれ6週間の8つのリース期間に分割されます)。オークションは5回のオークションの最初のバッチから始まり、新しいオークションがほぼ毎週行われます。この後、オークションは約2週間ごとに行われるように切り替わります。

 

 

※最初のオークションは、2021年6月15日から2021年6月22日までの期間で、2021年6月22日から2022年5月13日までの期間になります。

 

 

kusama のパラチェーンスロットオークションの概要と詳細については、公式ページでもご確認ください。

Kusama(KSM)が買える取引所の一覧

取引所 24H 取引量シェア
Binance 52.1%
BitMart 22.2%
Kraken 8.94%
Kucoin 5.99%
Bkex 4.26%

公式情報

公式サイト : https://kusama.network

Kusamaに設定されているタグ

この記事について