Ledgis (LED) とは?

最新価格情報

現在価格:
¥166.78
時価総額:
¥192.83億
時価総額ランク :
215位
24H取引量:
¥5377.19万
24H変動額:
¥ +2.28
24H変動率:
+1.39%

簡単にまとめると
[+ 編集]

LEDGIS Blockchain Ecosystem

次世代ブロックチェーンレジスはパブリックとプライベートチェーンの境界なし
誰のサービスに参加できるエコシステムを目指しています。

 

 

 

何がすごいのか?
[+ 編集]

Why LEDGIS?

レジスは差別化された技術力をもとに
、お客様に最適化されたブロックチェーンプラットフォームを提供することにより、サービスの価値を継続的に引き上げます。

 

高速処理

3,000TPS(Transaction Per Second)以上、ブロックタイム0.5秒など韓国認定機構(KOLAS)試験・評価を通じて認められた処理速度とDPoSSベース合意アルゴリズムを使用して、高速取引速度で糸のサービスをサポートします。

 

強力な報酬システム

投票とトークンの販売量、ブロックの作成数に応じて報酬が支払わ、トークン購買に比例してペイバック(Payback)になります。ブロックプロデューサー(BP)投票に参加したホルダーにはREX権限が付与されます。

 

自発的な生態系

生態系への寄与度に応じてブロックプロデューサー(BP)を選出し、ラッパーランダム(Referendum System)システムを介してブロックチェーンポリシーを自由に提供します。

 

大容量のデータや敏感情報の保存管理

大容量のファイルを迅速かつ効率的に共有し、データへのアクセス権の設定、データの暗号化を利用した保存および管理が可能です。

 

インターブロックチェーン通信(IBC)

パブリックブロックチェーンとプライベートブロックチェーンの連動で、各ネットワークを相互接続して大規模ネットワーク構築し、ネットワーク間の情報を共有します。

 

便利なユーザー認証

ユーザーの生体情報を利用して、秘密鍵の管理、およびトランザクションの発生、生体情報と連動したDIDなど、便利なユーザー認証を提供します。




DID

Decentralized Identifier

ユーザーが自分の主権(SSI、Self Sovereign Identity)を実現する脱集中身元証明システムです。
ユーザー自身が自分の身元を直接証明する、管理、共有(対象、範囲選定)を行うことができます。

「自己主権を実現するインフラストラクチャ技術 "

「分散データベースベースの脱集中された識別システム」

「オンライン上の新しい識別システム」

 

 

 

どんな技術か?
[+ 編集]

開発状況

  • スター : 0
  • フォーク : 0
  • ウォッチャー : 0
  • イシュー : 0
  • コントリビューター : 0
  • 1ヶ月のコミット : 0

誰がつくっているのか?
[+ 編集]

これまでの実績
[+ 編集]

今後の将来性は?
[+ 編集]

議論になっていること
[+ 編集]

次にみるべき記事
[+ 編集]

公式情報

公式サイト : https://www.ledgis.io/

Ledgisに設定されているタグ

この記事について