LTO Network (LTO) とは?

最新価格情報

現在価格:
¥72.75
時価総額:
¥204.05億
時価総額ランク :
284位
24H取引量:
¥17.27億
24H変動額:
¥-5.53
24H変動率:
-7.07%

簡単にまとめると
[+ 編集]

  • LTOネットワークは、デジタル資産のデジタル検証を可能にし、分散型ワークフローを使用してコラボレーションを可能にする、生産準備の整ったブロックチェーンを必要とする企業で使用できます。
  • 2つ以上の企業が一連のイベントを共有することができます。イベントの共有は、権限のある当事者に依存することなく、ピアツーピアで行われます。
  • ネットワーク上で承認を再導入するのではなく、関係者は、パブリックステークオブステークブロックチェーンを活用することで合意に達します。プライベートイベントのハッシュの固定は、パブリックチェーンで行われます。
  • 略称はLTOとなる。

何がすごいのか?
[+ 編集]

LTO Networkは、B2B(企業と企業)取引にブロックチェーンを活用することができる仮想通貨プロジェクト。

これにより、業務の効率化と分散化(非中央集権化)を図ることができます。

具体的に・・・

  • 個人情報の管理
  • プライベートチェーンの提供

といったソリューションを提供しており、企業はLTO Networkを導入することで、低コストでセキュリティの強化を図ることができます。

また予備知識がなくても気軽にネットワークに参加することができる設計になっているのも、LTO Networkの特徴です。

なお独自トークンは、メインネット用のネイティブトークンと、イーサリアムベースのERC20トークンの2つに分かれており、それぞれ1:1で等価交換できます。

ここからは、代表的なLTO Networkの実際の導入事例をご紹介します。

LTO Networkは幅広いソリューションを提供しているので、一言で「こういうトークンです」とはいいにくいものの、ブロックチェーンを使って企業が業務を効率化するイメージをつかんでみてくださいね。


「建物のリース契約」の効率化

企業はビジネスのために、建物をリース契約することがあります。

これまでは契約に紙の文書が利用されてきましたが、これはアナログなので「自動化」できないというデメリットがあります。

つまり、非常に手間がかかるんですね。

たとえばリース契約は金額が大きいため、多くの情報をもとに契約を成立させるべきかどうかを検討する必要があります。

また、大きな商業施設では、イオンモールのように建物内にさまざまな会社が存在しています。

これにより、契約ごとに賃料や支払い方法が異なる場合があり、管理が大変です。

LTO Networkは、商業用の建物のリース契約をブロックチェーンで管理することで、多くの業務を、高いセキュリティで自動化することができます。


ニセモノの商品流通防止

また、物流をブロックチェーンで管理することにもLTO Networkは使われています。

ある商品をユーザーが購入した場合、ユーザーはその商品が「ニセモノではないか?」「実は壊れていないか?」「産地偽装ではないか?」といったことを確かめることができません。そのため、現在もブランド品などのニセモノはなくならないのです。LTO Networkは、商品を改ざんしたり偽ったりすることができないように、LTO Networkの強固なセキュリティを元に検証できるQRコードを発行することができます。


どんな技術か?
[+ 編集]

開発状況 github logo

  • スター : 0
  • フォーク : 0
  • ウォッチャー : 0
  • イシュー : 0
  • コントリビューター : 0
  • 1ヶ月のコミット : 0

誰がつくっているのか?
[+ 編集]

これまでの実績
[+ 編集]

今後の将来性は?
[+ 編集]

LTO Networkはステーキング運用が可能

上述したようにLTO Networkは、幅広いソリューションを提供しています。

企業による導入も進んでいるため、底堅い値動きが期待できるでしょう。

しかし僕がLTO Networkに注目している最大の理由はそこではなく、むしろ「ステーキング」での運用にあります。

ステーキングとは、仮想通貨を購入し所定の場所に預けることで、利息収入を得られる投資法のことです。

LTO Networkのステーキングによる利回りは約8.5%ほどが目安となります(時期により異なる)。

これはステーキングコインの中では控えめなほうですが、コツコツと稼いでいくことができるでしょう。


LTO Networkはステーキングによるインフレ率がゼロ

もう一度、上の画像に注目してみてください。

インフレ率(inflation)の項目が「0%」となっていることがわかりますね。

これはLTO Networkを保有する大きなメリットです。

多くの仮想通貨では、ステーキングを行うとコインが新規発行されるため、トークンの総発行枚数が増加してしまいます。

ビットコインのマイニングなども同じですね。

しかし、LTO Networkはステーキングの際に新規発行されないためインフレしません。

ステーキング報酬は新規発行からではなく、LTO Networkを導入している企業などが支払っている取引手数料から支払われているからです。

インフレ率が高いと、コインの枚数が増えることによって1枚当たりの価値が薄まってしまいます。

たとえば、ゴールドの鉱山がいきなり発見され、この世の金の量が2倍に増えてしまったら、金の価値が半分になってしまうことはイメージしやすいでしょう。

これがまったくないLTO Networkは、ステーキングで得られる年利は8.57%と控えめではあるものの、注目すべきコインであることがわかりますね。



議論になっていること
[+ 編集]

次にみるべき記事
[+ 編集]

LTO Network(LTO)が買える取引所の一覧

取引所 24H 取引量シェア
Binance 85.3%
BitMax 9.84%
Uniswap V2 2.4%
Hotbit 0.95%
Bitladon 0.77%

公式情報

LTO Networkに設定されているタグ

この記事について