Polygon (MATIC) とは?

最新価格情報

現在価格:
¥136.22
時価総額:
¥9056.76億
時価総額ランク :
22位
24H取引量:
¥886.84億
24H変動額:
¥ +4.34
24H変動率:
+3.29%

簡単にまとめると
[+ 編集]

Polygon (MATIC)とは?

Ethereum 互換のブロックチェーン ネットワークを構築および接続するためのプロトコルおよびフレームワークです。マルチチェーンイーサリアムエコシステムをサポートするイーサリアム上のスケーラブルなソリューションを集約します。

  • 2019年4月に仮想通貨取引所のバイナンスにてIEOが行われたトークン。
  • 主にPlasma(プラズマ、サイドチェーン技術)を利用。
  • トランザクション処理をサイドチェーン上で行い、必要なデータのみをイーサリアムのブロックチェーン上にブロードキャストする仕組みなので、スケーラビリティ問題(トランザクションの遅延)が発生しにくい。
  • 通貨単位はMATICとなる。
  • 2017年にイーサリアムのスケーラビリティ問題解決のために始まったプロジェクト・Matic(マティック)で、2021年2月にPolygon(ポリゴン)へとリブランディングされた。通貨単位はMATIC。
  • ポリゴンは、サイドチェーンで1秒あたり最大65,000のトランザクションを処理でき、ブロック確認時間は2秒未満。


Polygon(ポリゴン)の特徴について

~ポリゴンは、イーサリアムとソブリンの最高のブロックチェーンを魅力的な機能セットに組み合わせています。開発者のために、開発者によって構築されました。~


  • ETH互換性:業界の優位性、確立された技術スタック、ツール、言語、標準、企業の採用
  • スケーラビリティー:専用のブロックチェーン、スケーラブルなコンセンサスアルゴリズム、カスタムWasm実行環境
  • セキュリティー:イーサリアムまたはプロのバリデーターのプールのいずれかによって提供されるモジュラー「サービスとしてのセキュリティ」
  • 主権:専用のスループット/リソース、完全にカスタマイズ可能な技術スタック、ソブリンガバナンス
  • 相互運用性:任意のメッセージパッシング(トークン、コントラクトコールなど)のネイティブサポート、外部システムへのブリッジ
  • ユーザー体験:Web2に匹敵する、「ゼロガス」トランザクション、即時(決定論的)トランザクションのファイナリティ
  • 開発者の経験:イーサリアムと同等、プロトコルレベルの知識は不要、トークンのデポジット、手数料、許可は不要
  • モジュール性:高いカスタマイズ性、拡張性とアップグレード性、市場投入までの時間の短縮、コミュニティコラボレーション



開発者のために、開発者によって構築されました

Polygonは、最高のイーサリアムとソブリンのブロックチェーンを組み合わせて、本格的なマルチチェーンシステムを構築します。


Polygonは、セキュリティを犠牲にすることなく、高いガス料金や低速など、ブロックチェーンに関連する問題点を解決します。

このマルチチェーンシステムは、ポルカドット、コスモス、アバランチなどの他のシステムと似ていますが、少なくとも3つの大きな利点があります。

①イーサリアムのネットワーク効果を十分に活用することができます

②それは本質的により安全です

③よりオープンでパワフルです


イーサリアムが抱えたいた問題に向き合うチャレンジ

イーサリアムは最適なブロックチェーン開発プラットフォームですが、制限があります。

×低スループット

×UXが悪い(ガス、PoWファイナリティの遅延)

×主権なし(スループットの共有/目詰まりのリスク、技術スタックのカスタマイズ不可、ガバナンスへの依存)

多くのプロジェクトは、イーサリアムの繁栄しているエコシステムを活用しながら、これらの制限を緩和する方法として、イーサリアム互換のブロックチェーンを模索しています。ただし、そのようなブロックチェーンを構築するための特別なフレームワークも、それらを接続するためのプロトコルもありません。これは重大な開発上の課題をもたらし、生態系の断片化を引き起こします。



Polygonによる解決

ポリゴン-イーサリアム互換のブロックチェーンネットワークを構築および接続するためのプロトコルとフレームワーク。


〇プリセットブロックチェーンネットワークのワンクリック展開

〇カスタムネットワークを開発するためのモジュールの成長セット

〇イーサリアムや他のブロックチェーンネットワークと任意のメッセージを交換するための相互運用性プロトコル

〇モジュール式およびオプションの「サービスとしてのセキュリティ」

〇既存のブロックチェーンネットワークの相互運用性を実現するためのアダプタモジュール



何がすごいのか?
[+ 編集]

ポリゴン(以前のMatic Network(マティック・ネットワーク))は、イーサリアムのスケーリングとインフラストラクチャ開発のために最適化された使いやすいプラットフォーム。

Plasma(プラズマ)と呼ばれるレイヤー2技術を利用したサイドチェーンだったが、リブランディング後のポリゴンは、マティック・ネットワーク(プラズマ)に加え、Optimistic Rollup、zk Rollup、スタンドアローンチェーン(ブリッジによりイーサリアムと接続する)等、様々なレイヤー2技術を使えるプラットフォームになった。

イーサリアムのネットワーク問題を解決すると共に、独自のPoSネットワークの実装を容易にしている。

どんな技術か?
[+ 編集]


ポリゴンアーキテクチャを使用している多くのプロジェクト


【ポリマーケット】

ブロックチェーンスペースで最も人気のある予測市場の1つであるポリマーケットは、スムーズなUXでスペースを再定義しました


【Aavegotchi】

DeFiベースの暗号収集品ゲーム。プレイヤーは、AavegotchiMetaverseで利息を生成するトークンでNFTを賭けます


【分散型ゲーム】

Decentralandメタバースに組み込まれたカジノスタイルのゲーム。選択したアバターでお気に入りのカードゲームをプレイできます。


【SportX】

SportXでお気に入りのスポーツイベントに賭けて、この人気のあるスポーツベッティングプラットフォームで毎週のコンテストでもっと稼ぎましょう

【EasyFi】

複数のDeFi製品を1つの屋根の下に持ち込み、1つのDappで貸し出し、借り入れ、ステーキングなどを利用できるコンパウンドのフォーク


【Neon District】

プレイヤーがSFディストピアで戦い、ゲーム内NFTを獲得できるサイバーパンクRPGアドベンチャーゲーム



開発状況 github logo

  • スター : 291
  • フォーク : 123
  • ウォッチャー : 44
  • イシュー : 52
  • コントリビューター : 17
  • 1ヶ月のコミット : 16

誰がつくっているのか?
[+ 編集]

  • Jaynti Kanani 共同創始者、CEO  Dharmsinh Desai University卒
  • Sandeep Nailwal 共同創始者、チーフオペレーションオフィサー National Institute of Industrial Engineering卒
  • Anurag Arjun 共同創始者、チーフプロダクトオフィサー Nirma Institute Of Technology卒
  • Mihailo Bjelic 共同創始者



これまでの実績
[+ 編集]

  • Polygonは過去、バイナンスのIEOプラットフォームである「Binance Launchpad」で資金調達を実施。その際、560万ドル(約6億円)の調達に成功
  • 株式会社スマートアプリの、国内初クリプトアーティスト登録制NFTマーケットプレイスと提携予定。(2021年春)
  • 日本暗号資産市場株式会社の、日本円ステーブルコインの「JPYC」が手数料削減のため、Polygonネットワークに対応しました。
  • 2020年6月にメインネットをローンチ
  • 2021/5 SushiSwapDeFiとの戦略的パートナーシップを発表

今後の将来性は?
[+ 編集]

Polygonは、レイヤー2や独立したチェーンを開発できるプラットフォームのようなものです。

イーサリアムのネットワークは手数料やTPSの問題を抱えており、Polygonは複数のレイヤー2技術によってそれを支えます。

将来、イーサリアムがPoSに移行した後もPolygonは競合しません。

Polygon SDKは既に日本国内のプロジェクトにも利用されており、ユースケースは今後も拡大するでしょう。

議論になっていること
[+ 編集]

次にみるべき記事
[+ 編集]

Polygon(MATIC)が買える取引所の一覧

取引所 24H 取引量シェア
Binance 28.92%
Coinbase Pro 13.26%
HitBTC 7.44%
OKEx 7.23%
Binance US 6.44%

公式情報

Polygonに設定されているタグ

この記事について