メタヴァース / Metaverse ETP (ETP) とは?

最新価格情報

現在価格:
¥50.55
時価総額:
¥38.89億
時価総額ランク :
107位
24H取引量:
¥2.03億
24H変動額:
¥ +1.95
24H変動率:
+4.00%

簡単にまとめると
[+ 編集]

新しい現実

Metaverseは、ブロックチェーンテクノロジに基づいた分散プラットフォームです。 MetaverseはSmart PropertiesのWebを構築し、自由にデジタル値を流通させるオープンなエコシステムを構築しています。 ETPはMetaverseで使用されるトークンであり、Metaverseのスマートプロパティの価値の測定や金融取引の担保として使用できます。 ETPは、Metaverseに適用される取引およびその他の手数料の支払いにも使用されます。

※日本語字幕の表示方法: 設定⚙ → 字幕 → 自動翻訳 → "日本語"を選択

何がすごいのか?
[+ 編集]

・あらゆる資産をデジタル化することで流動性の向上を目指す

・分散型取引所を持つため容易に且つ迅速に交換することが可能である。

どんな技術か?
[+ 編集]

・Metaverse Smart Token(MST)

Metaverseブロックチェーン上のデジタルアセットであり、自由に登録、送信、発行、寄託、担保、焼却が可能である。信頼性は高く、トレース可能な分散型スマートプロパティとして働く


・デジタルアイデンティティ (Avatar)

 デジタルアイデンティティはMetaverseブロックチェーン上の自己主権型デジタルアイデンティティの元帳である。デジタルクレジットは資産や他のアイデンティティとのやり取りを通じて作成される。


・オラクル層

 デジタルアイデンティティを持つサービスプロバイダ。分散型ではなく、ブロックチェーンに仲介者を統合し、迅速かつ透明性の高い管理を行う。


・オンチェーン交換

 Metaverseは価値を自由で容易に交換することを可能としている。資産管理は盗難を防ぐため、ユーザー主導で行われる。

ETPはMetaverseで使用されるトークンで、スマートプロパティの価値測定、取引担保、取引などの手数料支払いに使用される。


・コンセンサスアルゴリズム

数年間はPoWのコンセンサスアルゴリズムを採用するが、第二フェイズではDPoSを採用予定としている。また、MetaverseではToken Hight(TH)の概念を導入する予定である。一時的ETPを大量取得するとTH値が小さくなり、投票プロセスへの影響が小さくなり、攻撃コストが増加する。

開発状況 github logo

  • スター : 222
  • フォーク : 76
  • ウォッチャー : 41
  • イシュー : 0
  • コントリビューター : 10
  • 1ヶ月のコミット : 0

誰がつくっているのか?
[+ 編集]

メンバー一覧

名前 役職
Eric Gu Founder & CEO
Sven Senior Software Engineer
Chen Hao CTO & Co-Founder
Laurent Senior Blockchain Engineer
Shawn Senior Blockchain Engineer

これまでの実績
[+ 編集]

最新ニュース

今後の将来性は?
[+ 編集]

議論になっていること
[+ 編集]

次にみるべき記事
[+ 編集]

Metaverse ETP(ETP)が買える取引所の一覧

取引所 24H 取引量シェア
RightBTC 67.45%
MXC 10.47%
Bitfinex 5.6%
Covesting 5.58%
HitBTC 4.23%

公式情報

Metaverse ETPに設定されているタグ

この記事について

  • 執筆者 :
  • 最終更新日 : 2019年9月4日 (編集履歴)
  • PV :