マイナリウム / Minereum (MNE) とは?

最新価格情報

現在価格:
¥23.59
時価総額:
¥0.00
時価総額ランク :
-
24H取引量:
¥1.73万
24H変動額:
¥ +0.00
24H変動率:
+0.00%

簡単にまとめると
[+ 編集]

  • Minereumは初めてのスマート契約トークンとなる。
  • コインは、数式でオンザフライで生成され、MNEトークンはEthereumベースのトークン。
  • Genesis Addresses Collectionは、UTC4月14日午後5時(UTC)と4月15日午後5時(UTC)に発生し、4268アドレスがコミュニティから収集されました。
  • 各創世記のアドレスは3268のコインに帰属し、4268の創世記アドレスがあるため、合計最大供給額は136,576,000 MNEに設定されています。総最大供給量は136,576,000NNEに設定されているが、この供給は約47年後にしか達成されない。これは、各創世記アドレスがエーテルブロックごとに0.00032のMNEを採掘することを許可するminereumの自己採掘原則のためです。

※日本語字幕の表示方法: 設定⚙ → 字幕 → 自動翻訳 → "日本語"を選択

何がすごいのか?
[+ 編集]

Minereumの特徴「セルフマイニング」

  • Minereumは、マイニングの仕組みが他の仮想通貨とまったく異なっている。
  • Minereumでは、スマートコントラクトによって、公平かつ高い透明性を保ちながら、マイニングが可能。
  • 一般的な仮想通貨(たとえばビットコインやイーサリアム)では、仮想通貨をマイニングするためにマイニング機器への投資、電気代、大規模な施設では建物への投資が必要となるのが当たり前なので、画期的ですね。

どんな技術か?
[+ 編集]

開発状況

  • スター : 0
  • フォーク : 0
  • ウォッチャー : 0
  • イシュー : 0
  • コントリビューター : 0
  • 1ヶ月のコミット : 0

誰がつくっているのか?
[+ 編集]

これまでの実績
[+ 編集]

今後の将来性は?
[+ 編集]

オリジナリティは高い

トークン生成が簡単に発行できるプロジェクトとしては、Minereumのほか、ビットコインのブロックチェーンを使ったCounterparty(XCP)がありますね。

2021年1月現在、XCPの時価総額は約3億円、Minereumは約2億円と、同程度です。

しかしMinereumには上記のようにセルフマイニングスマートコントラクトが実装されているというオリジナリティが担保されています。

この差によって、Minereumが選ばれるケースも多いでしょう。

ライバルとの差別化ができているため、一定の存在感を保ち続けられるのではないでしょうか。

また、イーサリアムやネムでも独自トークンを作成できますが、簡易性でMinereumが圧倒的に勝っているため、比較対象とはなりません。


本格的なプロジェクトには選ばれにくいか

ただし、セルフマイニングスマートコントラクトのメリットは、まだ広く認知されていません。

そのため本格的に仮想通貨をビジネスに取り入れたいプロジェクトは、時価総額の小さなMinereumではなく、定番のイーサリアムやネムなどのプラットフォームを選択することになるでしょう。

もしくは、ビットコインのブロックチェーンを用いており信頼性が高いXCPです。

セルフマイニングが市民権を得れば、状況は変わってくるかもしれません。


Android版スマホゲームをリリース

2018年5月、Android版スマホゲームが誕生しました。

ゲーム内でMinereumが使えるようになっているみたいですね。

簡易的な、ゲーム内の独自通貨としてはMinereumは便利なのでしょう。


MinereumのV2が発表

直近では、Minereumの最新バージョンである「V2」がローンチされています。

ここ注目したいのが、ローンチとあわせてエアドロップ(仮想通貨の無料配布)が実施されること。

誰でも「32,000MNE」が入った仮想通貨のアドレス(ジェネシスアドレス)を受け取ることができます。

セルフマイニングができるジェネシスアドレスは初期のエアドロップのみで無料配布されるため、後発の人は、購入するしかないんですね(備え付けのDEXで売買可能)。

将来的にセルフマイニングスマートコントラクトが評価されれば、ジェネシスアドレスが高値で取引されることになり、先発組は利益を獲得できる仕組みになっています。


議論になっていること
[+ 編集]

次にみるべき記事
[+ 編集]

公式情報

Minereumに設定されているタグ

この記事について