NEAR Protocol (NEAR) とは?

最新価格情報

現在価格:
¥510.08
時価総額:
¥4074.27億
時価総額ランク :
28位
24H取引量:
¥125.51億
24H変動額:
¥-3.4323
24H変動率:
-0.67%

簡単にまとめると
[+ 編集]

  • 開発者に優しい、シャーディングされた、プルーフオブステークのパブリックブロックチェーン。
  • スケーラビリティと安定した料金を提供することを目的としたNightshadeと呼ばれるプルーフオブステーク (PoS) コンセンサスメカニズム上で動作します。
  • NEARの トークンエコノミー は、NEARトークン(別名$ NEAR)を中心に構築されています。これは、トークン所有者がNEARでアプリケーションを使用し、ネットワークガバナンスに参加し、ネットワークに賭けることでトークン報酬を獲得できるようにするプラットフォーム上の価値の単位です。
  • NEARは2021年の第2四半期に、イーサリアムとの互換性を更に高めるため、イーサリアム仮想マシン(EVM)のサポート開始を予定しており、既存のイーサリアムコードをNEAR上で起動できる環境が整うことになる。また、NEAR上に構築されたアプリにも、イーサリアムユーザーが容易にアクセスできるようなり、コミュニティの発展が促進されると考えられている。
  • 今回、ローンチしたRainbowブリッジでイーサリアムとNEARの経済圏を統合することが可能になったわけだが、NEARは今後、CosmosやPolkadotのエコシステムとの接続など、更に多くのブリッジを立ち上げる予定だという。
  • 最大供給数量は、1,000,000,000枚です。
  • 略称はNEAR。

何がすごいのか?
[+ 編集]

どんな技術か?
[+ 編集]

開発状況 github logo

  • スター : 1315
  • フォーク : 229
  • ウォッチャー : 64
  • イシュー : 2201
  • コントリビューター : 61
  • 1ヶ月のコミット : 142

誰がつくっているのか?
[+ 編集]

  • Alexander Skidanov ICPC Gold Medal
  • Illia Polosukhin ICPC Finalist
  • Alexandra Tinsman
  • Mikhail Kever
  • Evgeny Kapun ICPC World Champion
  • Evgeny Kuzyakov ICPC Gold Medal
  • Alexander Kouprin ICPC Finalist

これまでの実績
[+ 編集]

2021年4月16日  South Poleという炭素クレジットの取引や再生可能エネルギーの普及活動、気候変動対策、

低炭素金融のコンサルティング活動などを広範に行う国際環境団体からClimate Neutral Productのラベルを受賞。

 

2021年5月14日 NEAR Protocolとインドの企業であるLumos Labsが提携して行う「NEAR India Accelerator」に

 日本のブロックチェーン企業であるFracton Venturesがに参加。

 

 

今後の将来性は?
[+ 編集]

  • イーサリアムに代わる仮想通貨のひとつとして期待されている。

NEAR Protocolとイーサリアムは共にPoSをコンセンサスアルゴリズムに採用

双方ともシャーディングを実装することでスケーリングを行うという共通点があります。

このシャーディングの実装は容易ではなく、イーサリアムも実装していません(2021年8月現在)

 

NEAR ProtocolはNightshadeという独自のシャーディングを既に実装しており、導入することで

システム全体のシンプルさを維持しながら、高速処理と低手数料という恩恵にあずかることが

でき将来性が期待されています。

議論になっていること
[+ 編集]

次にみるべき記事
[+ 編集]

NEAR Protocol(NEAR)が買える取引所の一覧

取引所 24H 取引量シェア
Binance 49.43%
OKX 21.94%
Deepcoin 12.8%
Bkex 7.35%
Gate.io 3.04%

公式情報

NEAR Protocolに設定されているタグ

この記事について