NKN (NKN) とは?

最新価格情報

現在価格:
¥2.35
時価総額:
¥15.26億
時価総額ランク :
175位
24H取引量:
¥2.44億
24H変動額:
¥-0.26
24H変動率:
-10.23%

簡単にまとめると
[+ 編集]

スケーラブルで自己インセンティブ型および分散型ネットワーク

  • NKN(New Kind of Network)はネットワークリソースの分散化に重点を置いており、次世代ブロックチェーンシステムのためのインターネットインフラによる第3の柱を形成する。
  • 第1の柱がBTC,ETH等のブロックチェーン化された計算能力、第2の柱がFilecoinなどのブロックチェーン化されたストレージ、そして第3の柱がNKNによるネットワークインフラのブロックチェーン化である
  • ネット中立性政策の廃止は、インターネットサービスプロバイダーがコンテンツやサービスを望みどおりにブロックし、調整し、優先順位を付けることができることを意味します。

NKNの目的

  • 全てのノードが完全にオープンなネットワークに任意の場所から接続できること
  • ネットワーク共有の促進
  • ネットワーク相の革新によるネット中立性の確保
  • ネットワークのスケーラビリティ確保
  • 効率的で動的なルーティング
  • ネットワーク接続とデータ転送資産のトークン化、及び参加ノードへのインセンティブ
  • 次世代ブロックチェーンネットワークの設計構築

何がすごいのか?
[+ 編集]

ネットワークの共有化による真の公平性と分散化、およびスケーラブル化

どんな技術か?
[+ 編集]

1.NKNは、分散型データ伝送ネットワーク(DDTN)方式の概念を導入、大規模なリレーノードを使用し、ネットワークの冗長データ問題を解決し、ネットワーク接続性とデータ伝送能力を提供

2.NKNはセル・オートマトンを利用しネットワークを再構築する。

 これにより、分散、等価性、並行性をもった分散型ブロックチェーンネットワーク構築を行う。

3.大規模分散システムによる効率的なコンセンサス

4.NKNは、参加者に対し接続性と帯域幅を共有して報酬を与え、ネットワークの接続性とデータ送信容量を増強させる(NKNではこれをPoR:プルーフ・オブ・リレイとしている。)。

5.4によるトークン化と共有メカニズムにより、アイドリング状態のネットワークリソースを有効活用する。

6.NKNはDApps開発者に分散アプリケーションを容易に構築するためのネットワークツールキットを提供する。

開発状況 github logo

  • スター : 40
  • フォーク : 22
  • ウォッチャー : 10
  • イシュー : 0
  • コントリビューター : 6
  • 1ヶ月のコミット : 0

誰がつくっているのか?
[+ 編集]

メンバーには公開暗号鍵の先駆者であるWhitfield Diffie氏が在籍している

メンバー一覧

名前 役職
Yanbo Li Founder & Core Developer
Zheng “Bruce” Li Co-Founder
Yilun Zhang Co-Founder
Allen Dixon Business Development

これまでの実績
[+ 編集]

既にメインネットは実施済み

最新ニュース

今後の将来性は?
[+ 編集]

議論になっていること
[+ 編集]

次にみるべき記事
[+ 編集]

NKN(NKN)が買える取引所の一覧

取引所 24H 取引量シェア
Binance 70.39%
Huobi 23.19%
Gate.io 6.14%
Bittrex 0.2%
Upbit 0.08%

公式情報

NKNに設定されているタグ

この記事について