NoFakeCoin (NFC) とは?

最新価格情報

現在価格:
¥0.2493
時価総額:
¥0.0000
時価総額ランク :
-
24H取引量:
¥1.78万
24H変動額:
¥ +0.0000
24H変動率:
+0.00%

簡単にまとめると
[+ 編集]

既存の技術(ブロックチェーン、RFIDチップ、QRコード、800フリーダイヤルなど)は技術力が高すぎて不便であるか、攻撃に対して非常に脆弱であるため、機能していない。

消費者は自分の購入が本物かどうかを知りたがっているが、消費者自身がチェックして追跡できるようにするための普遍的なプラットフォームはない。

生産者は、本物の製品のみが顧客に届けられることを保証したいと考えていますが、多くの場合、製品を追跡して製品の信頼性を保証することはできない。例えば、ポイントプログラムやマーケットプロモーションを使用し、顧客とやり取りしたいと考えているが、すぐに利用できるチャネルや手頃なシステムはない。

  • 新しい認識技術は、単純な識別技術であるだけでなく、さまざまな生活分野です。
  • 略称はNFCとなる。

何がすごいのか?
[+ 編集]

ハイエンドの電子機器、医薬品、日用品、自動車部品、食品およびワイン、サプライチェーンの管理と資金調達、製品マーケティング、ユーザー統合管理、証明書、その他の分野で、製品追跡により、製品の独自性を識別でき、製造、流通、販売からユーザーの手に渡るすべての情報を取得することができる。










既存の技術の比較

ee

壊れやすい

費用

ユーザー体験

その他

ブロックチェーン

信頼性を高めることができることを期待して、9年前の技術が製品の追跡に使用されています。ただし、追跡情報は簡単に複製できます。

特にICO期間中の高額な取引手数料

待ち時間が長く、混雑している場合は信頼性が低い

成果物はありません。ほとんどは単なる概念です。パブリックチェーンでの違法行為を防ぐことはできません。機密情報は無関係の関係者に公開されます

RFIDチップ

44歳のテクノロジー。チップ周波数は複製可能です

高価:各US $ 2〜US $ 25

iPhoneをサポートしない専用ソフトウェア。グローバルスタンダードなし

特別なソフトウェアが必要です。iPhoneはサポートされていません。グローバルスタンダードはありません。腫瘍などの健康と環境への懸念。

コーディング

複製可能なコード。誰でもコードをコピーできます

高価:専用システムを構築して維持する必要がある

お客様は特別な知識とツールを備えている必要があります

インタラクティブで平等なエコシステムを構築する方法はありません

セキュリティ印刷

偽造者は同じテクノロジーを簡単に使用できます。違法なプロデューサーに開放されており、簡単にコピーできます

高価な機器と材料; 最も安いセキュリティタグは0.10米ドルかかる可能性があります

お客様は特別な知識とツールを備えている必要があります

使用される一部の材料(特殊なインク、プラスチック、銅、亜鉛など)は有毒です

パッケージデザイン

最も脆弱

高い

Little confidence

Additional costs - such as designer cost, packing cost, patent fees

No Fake Today

World leading algorithm on top of customised high performance Blockchain; Unbreakable without quantum computers

Extremely Cheap: requires just a QR code which any printer can print

Fast thanks to the customised e-commerce Blockchain protocol; Simple and efficient QR scan. Supports both iPhone and Android

Existing products and 24/7 accessible; Universal platform for any product; No dependency on any third party including NFT; Widely distributed tokens; Extensive potential for supply chain management, micro-finance and e-commerce

ブロックチェーン(分散型元帳)

許可されたチェーンのノードは、製造業者や寄稿者(ロジスティクス、卸売業者、小売業者、銀行、信用機関、品質検査官、税関など)などの信頼できる参加者によって提供されます。







どんな技術か?
[+ 編集]

開発状況

  • スター : 0
  • フォーク : 0
  • ウォッチャー : 0
  • イシュー : 0
  • コントリビューター : 0
  • 1ヶ月のコミット : 0

誰がつくっているのか?
[+ 編集]

これまでの実績
[+ 編集]

今後の将来性は?
[+ 編集]

議論になっていること
[+ 編集]

次にみるべき記事
[+ 編集]

公式情報

公式サイト : https://nofake.io/en

NoFakeCoinに設定されているタグ

この記事について