Ocean Protocol (OCEAN) とは?

最新価格情報

現在価格:
¥98.01
時価総額:
¥425.40億
時価総額ランク :
197位
24H取引量:
¥53.46億
24H変動額:
¥-0.2013
24H変動率:
-0.21%

簡単にまとめると
[+ 編集]

  • Ocean Marketアプリを使用して、データを販売し、データをキュレート/ステーキングして収益を上げます。Ocean Protocolライブラリを使用して、プライバシーを保護する安全なデータ交換のための独自のアプリを構築します。
  • Ocean Protocolでは、各データサービスは独自のデータトークンを取得します。これにより、暗号ウォレット、交換などを直接活用することで、データウォレット、データ交換、およびデータ協力が可能になります。
  • 略称はOCEANとなる。

何がすごいのか?
[+ 編集]

どんな技術か?
[+ 編集]


・Oceanは、データ所有者に完全な透明性を与えるためにトランザクションの完全な履歴を持ちながら、データと暗号資産の双方での価値の交換を可能にします。

 

・Ocean Protocol(オーシャン・プロトコル)の中核となるのは、サービス実行契約(Service Execution Agreements、SEA。以下詳細)です。SEAは、データとサービスの所有者がデータの使用方法を管理するのに役立つスマートコントラクトです。

 

・Oceanは、アルゴリズムやモデルがデータにアクセス・活用し、データを自宅の環境の外にさらされるとなく離れることを可能にします。これにより、セキュリティとプライバシーを損なうことなく、すべてのソースからデータを開放できます。


・Ocean Protocolでデータセットやサービスを公開することで、データ科学者やAI研究者の世界中の人々が利用できるようになります。これにより、中央の調整機能やプラットフォームを使用せずに、アルゴリズム、計算、ストレージ、およびデータの相互作用が可能になります。これは、規則が恣意的に変更されることやアクセスが遮断されることを心配することなく、多様なマーケットプレイスとサービスがプラットフォーム上で出現する可能性があることを意味します。

 

・分散協調(decentralized coordination)により、データおよびサービスの所有者は、中央の機関に依存することなく、資産を完全に管理できます。つまり、データとサービスの所有者は、データパイプライン、キュレーションサービス、マーケットプレイス、およびアルゴリズムから、取引および証券化可能な資産を作成できます。

 

・サービス実行契約(Service Execution Agreements、以下SEA)について、技術の根幹になる部分なので少し掘り下げて説明してみたいと思います。

SEAはサービスレベルアグリーメント(Service Level Agreements、SLA)をブロックチェーンに持ち込むことを目的として様々な契約の条件を規定する、オーシャンプロトコルネットワークのサービスプロバイダ(Service Provider、SP)、消費者、検証者を結び付ける技術です。

開発状況 github logo

  • スター : 0
  • フォーク : 0
  • ウォッチャー : 0
  • イシュー : 0
  • コントリビューター : 0
  • 1ヶ月のコミット : 0

誰がつくっているのか?
[+ 編集]

主要開発者は以下の通りです。ガッツリ資金調達してるだけあってかメンバーもかなり多いイメージですね

これまでの実績
[+ 編集]

今後の将来性は?
[+ 編集]

議論になっていること
[+ 編集]

次にみるべき記事
[+ 編集]

Ocean Protocol(OCEAN)が買える取引所の一覧

取引所 24H 取引量シェア
Binance 72.7%
Hotbit 11.17%
Kraken 8.11%
Kucoin 5.76%
Uniswap V2 1.13%

公式情報

Ocean Protocolに設定されているタグ

この記事について