Olympus (OHM) とは?

最新価格情報

現在価格:
¥12.86万
時価総額:
¥4212.24億
時価総額ランク :
54位
24H取引量:
¥265.33億
24H変動額:
¥-1.35万
24H変動率:
-9.52%

簡単にまとめると
[+ 編集]

OHMは早く、安全で、エネルギー効率の良い仮想通貨で、ブロックチェーンを活用した寄付をするプラットフォームになることを目指しています。

OHMのプラットホームでは、Karmanode(あるいは自分の仮想通貨ウォレット)を使って保有している人たちが、新たな事業を作り出し、その事業に対してOHMで寄付を行います。

Karmanodeはそのほかの仮想通貨におけるマスターノードのような役割を担います。その他の仮想通貨ではマスターノードを立てるには、大量のコインを保有する必要があり、多額の金銭が必要になります。一方、Karmanodeは少額から立てることのできるマスターノードになります。

Karmanodeを保有している人がgofundmeやgivealittleと同じように寄付活動に参加できるようにしようとしています。あるキャンペーンが賛同を得れば、すぐにOHMネットワークがそのキャンペーンに寄付をする仕組みになります。

 

OHM(オーム/OHM)の特徴・仕組み

善行を積み上げていく仮想通貨

ブロックチェーンに最初に登場したビットコインの成功により、ブロックチェーンの扉が開かれその他の多くの通貨が登場しました。OHMもその一つです。OHMは新しい、革新的な通貨で、けれども他者愛に満ちた人間性に目的を定めている仮想通貨です。

OHMの特徴の一つは、AOK (Act of Kindness、親切な行動)プラットフォームです。このプラットフォームは個人が社会に貢献する機会を提供します。その他の人への貢献親切な行動に応じて対価が支払われます。

AOKプラットフォームの最も大事な特徴は、OHMコミュニティのメンバーが行う良い行動が取引として蓄積していき、それがブロックチェーンのブロックを形成するということです。善行の連鎖が、ブロックチェーンになるのです。

仮想通貨が現在の金融システムを廃れさせようとしている大きな理由の一つは、その取引スピードの速さです。OHMコインももっと名高い他の仮想通貨と同じように、高速ネットワークを実装しており、取引時間はとても短くなっています。

 

プライバシーが確保された取引

OHMコインはOHMウォレット間でのプライベートな送信をオプションとして用意しており、それを使うことでブロックチェーン上で行われる取引の最大限保護します。これにより送信者と受信者の間の取引のあらゆる観点から匿名性とプライバシーが保証されます。

OHMコインはPOF(proof of stake)アルゴリズムを使ってブロックの管理を行っています。そのため、OHMコインの保有者は鍛造によってネットワークの管理をしている報酬を得ることができます。

また、そのほかのPOSによるメリットとして、参入に必要なコストを劇的に減らすことがあげられます。

 

参入しやすい独自のノード

OHMコインの特徴の一つにKarmaNodeがあります。KarmaNodeはそのほかの仮想通貨でいうマスターノードにあたり、OHMコインのネットワークの安全性を高めています。

Karmanodeを立てるのに必要なコストはそのほかの仮想通貨のマスターノードと比較して安く、新たに参入する人も参入しやすくなっています。

一つもしくは複数のKarmaNodeの管理者はOHMコインを報酬として得ることができます。KarmaNodeのもう一つの特徴として、ノードの管理者はブロックチェーン上でのクラウドファンディングに似た寄付のキャンペーンに参加できる権利が手に入ることがあげられます。

 

出典:仮想通貨(コイン)の OHM(オーム/OHM)とは?

何がすごいのか?
[+ 編集]

どんな技術か?
[+ 編集]

開発状況

  • スター : 0
  • フォーク : 0
  • ウォッチャー : 0
  • イシュー : 0
  • コントリビューター : 0
  • 1ヶ月のコミット : 0

誰がつくっているのか?
[+ 編集]

これまでの実績
[+ 編集]

今後の将来性は?
[+ 編集]

議論になっていること
[+ 編集]

次にみるべき記事
[+ 編集]

Olympus(OHM)が買える取引所の一覧

取引所 24H 取引量シェア
SushiSwap 100%

公式情報

公式サイト : https://olympusdao.eth.link/

Olympusに設定されているタグ

この記事について