Origin Protocol (OGN) とは?

最新価格情報

現在価格:
¥102.47
時価総額:
¥216.74億
時価総額ランク :
206位
24H取引量:
¥109.86億
24H変動額:
¥ +8.72
24H変動率:
+9.30%

簡単にまとめると
[+ 編集]

Origin Protocol(OGN)とは?

NFTとDeFiを大衆にもたらすためにつくられたものです。

  • 略称はOGNとなる。
  • Origin Protocolの伸びしろ=シェアリングエコノミー分野の成長
  • Origin Protocolは運営側による利用者の「搾取」を防ぐ
  • Origin Protocolの将来性は社会的に認められつつある

何がすごいのか?
[+ 編集]

  • Origin Protocolは、イーサリアムのブロックチェーン上で分散型(非中央集権的)なシェアリングエコノミーマーケットプレイスを作成する仮想通貨プロジェクト。
  • 2017年から2018年にかけて、ICOで40億円強を調達してスタートした実績があります。
  • シェアリングエコノミーの代表例には、中央集権的なサービスであるAirbnb(居住スペース共有)やUber(乗り物を共有)といったサービスがあるものの、それらを利用するためには運営会社に高額な手数料を支払わなければならないデメリットがあります。たとえば、Airbnbは20%、Uberは33%もの手数料がかかっていることが調査結果から分かっています。


Origin Protocolに置き換えた際のメリットは?

  • 中間業者が不在となるため、手数料が圧倒的に安くなる
  • 銀行口座を持たない人もシェアリングエコノミーに参加できる
  • 管理主体が存在しないため、セキュリティーに強い

といったメリットがあるとされています。

すでにOrigin Protocolでは、こうした分散型のP2Pマーケットがすでに何百も稼働しています。

まさにOrigin Protcolは次世代のシェアリングエコノミーの担い手として注目されているわけですね。

「次世代のUber」「次世代のAirbnb」というにはまだ小規模ですが、そうした可能性を秘めている仮想通貨です。


※メリットの詳細は以下の通りです。


低い手数料

音楽とアートのための一元化されたプラットフォームは、しばしば信じられないほど高い料金を請求し、作成者に生成された価値のごく一部を残し、消費者に商品や体験に対して過剰な支払いをさせます。従来の支払い処理業者もかなりの料金を請求します。

分散型商取引は、仲介業者の力と彼らが莫大な料金を請求する能力を低下させます。買い手と売り手の両方が節約を分かち合うことができます。OUSDを使用すると、Originは高コストの支払いレールに代わるものを提供します。普通の人や企業は、OUSDが提供する優れた歩留まりからコストを削減し、利益を得ることができます。


より良いインセンティブ

一元化されたプラットフォームや金融機関は、多くの場合、顧客と敵対関係にあります。これらの会社を成功させるには料金が必要です。これは、顧客が彼らが作成するのを助ける成功に利害関係がないというひねくれた関係を作成します。

対照的に、Originでは誰もがネットワークの一部を所有できます。ファンとコレクターは、NFTを使用してお気に入りのコミュニティの成功に直接関与することができます。OUSDによって生成された利回りは、すべての保有者に公平に分配されます。Originトークン(OGN)の所有者は、ガバナンスに参加して、ネットワークの将来のルールと方向性を決定し、Originの製品の成功に関与することができます。誰もがネットワークの一部を所有している場合、誰もがネットワークの成長と成功を支援するように動機付けられます。


アドレスの増加

現在、世界中で20億人が銀行口座を持っていません。当座預金口座、クレジットカード、AliPay、またはApplePayはありません。

暗号通貨の出現と安価なスマートフォンの急増により、今こそ、銀行を持たない人々が分散型の商取引と金融に参加できるようにする時です。暗号通貨ウォレットを持っている人は誰でもNFTエコノミーに参加できます。世界中のユーザーが、OUSDで優れた利回りで安定した通貨にアクセスできるようになりました。


強い回復力

分散型マーケットプレイスは、オープンで自由な商取引を促進します。一元化された代替手段とは異なり、これらは単一障害点ではなく、禁止またはシャットダウンすることはできません。分散型商取引はより回復力があり、効率的な市場を促進します。

分散型ファイナンスにより、ユーザーは自分のお金を管理できます。彼らは、ビジネスを行う資産を選択し、貯蓄を維持することができます。従来の集中型システムとは異なり、資金を差し押さえたり、アカウントをシャットダウンしたりすることはできません。DeFiは、信頼の必要性を最小限に抑え、人間の介入と不幸を制限するスマートコントラクトとコードを利用しています。


開発者とサポーターから成り立つ大規模で成長しているコミュニティ



どんな技術か?
[+ 編集]

開発状況

  • スター : 596
  • フォーク : 191
  • ウォッチャー : 70
  • イシュー : 1392
  • コントリビューター : 71
  • 1ヶ月のコミット : 0

誰がつくっているのか?
[+ 編集]

Josh Fraser

ジョシュは10歳でコーディングを開始 。他の三つのベンチャー支援企業も共同設立している

Matthew Liu

スタンフォードのMSとBSを持っている。


コアチーム、コミュニティチーム、アドバイザーとそれぞれの役割をしっかりと全うしつつ、運営をしている。

チームメンバー

これまでの実績
[+ 編集]

今後の将来性は?
[+ 編集]

Origin Protcolの伸びしろ=シェアリングエコノミー分野の成長

上述したようにOrigin Protcolはシェアリングエコノミーに対応する仮想通貨。

そのためOrigin Protcolの今後はシェアリングエコノミーの市場規模の成長に大きく左右されることになります。

シェアリングエコノミーは、2025年に市場規模335億ドル(3.7兆円)に達する成長分野。

もちろんシェアリングエコノミー分野が成長しても、Origin Protcolがその市場でシェアを握ることができなければ意味がありませんが、市場全体が成長していることはOrigin Protcolの値上がりに大きな追い風です。

またOrigin Protcolのメンバーには、PayPalの創設者、YouTubeの開発者、GoogleやDropboxのエンジニアマネージャーが在籍。

優秀なチームであることも、投資家間がOrigin Protcolに期待する理由となっています。


Origin Protcolは運営側による利用者の「搾取」を防ぐ

ただしあなたは、「シェアリングエコノミーの将来性が高いことはわかったけど、別にOrigin Protcolではなくてもいいのでは?」「UberやAirbnbもあるし、今後新しいサービスもできるでしょ」と思うかもしれません。

しかし一般的な会社(中央集権的な企業)が提供するシェアリングエコノミーサービスには、課題もあります。

それは、運営側の力関係が優位で、立場の弱いプラットフォーム利用者が「搾取」されているということ。

たとえばUberはスマホで車を呼ぶことができるタクシーのような配車サービスですが、そのドライバーはUberの社員ではなく、あくまでUberと契約している個人事業主です。

個人事業主なので、一見するとUberと対等な契約関係ですが、実際には社員としての安定はない上、ドライバーとして生計を立てているUberのドライバーはUber側の仕様変更(たとえば報酬)を一方的に受け入れなければならない弱い立場です。

一方のUber側はご存じのように「チャリンチャリン」。つまり、利益率の高いオイシイ商売なのです。

ワシントン大学法大学院准教授のライアン・ケイロー氏と、データと社会研究所の研究者アレックス・ローゼンブラット氏は、Uberの搾取に関する論文『The Taking Economy: Uber, Information, and Power(搾取経済:ウーバー、情報、そして権力)』を発表しています。

この中で、Uberは金銭的にドライバーを搾取してるだけではなく、ドライバーの位置情報などを不正に利用したり、プライベートな情報を握っていることなどが指摘されました。

仮想通貨Origin Protcolは、特定の企業が運営していない分散型のシェアリングエコノミーなので、こうした懸念はありません。

利用者全員が納得できるプラットフォームに成長する可能性があると言えるでしょう。


Origin Protocolの将来性は社会的に認められつつある

またOrigin Protocolは、仮想通貨メディアCryptoWeeklyの「2020年に注目する250の仮想通貨企業」にもランクイン。

2020年に飛躍する可能性のあるエキサイティングなプロジェクトのひとつとされています。

コインベースやバイナンス、リップル社などがランクインしている中、Origin Protocolは41番目に掲載されていますね。

僕自身もOrigin Protocolに注目しており、過去記事「2020年にテンバガー(10倍)が狙える仮想通貨3つ!OGN・BAND・COTI」でも掲載させていただきました。

時価総額が200位前後とまだ小規模、海外の著名なインフルエンサーがツイッターで積極的に取り上げているといった点も追い風と言えます。

議論になっていること
[+ 編集]

次にみるべき記事
[+ 編集]

エグゼクティブサマリー

Originの使命は、非代替トークン(NFT)と分散型ファイナンス(DeFi)を大衆に提供することです。

ブロックチェーンスペースで消費者に優しい製品を構築してから3年後、私たちは多くの貴重な教訓を学びました。

分散型コマースアプリケーションのユーザーの最初の重要な波は、集中型の代替手段からは得られないエクスペリエンスや製品を求めるユーザーです。これらの初期のユーザーの多くは暗号ネイティブになります。出現する最も顕著な製品カテゴリは、非代替トークン(NFT)カテゴリです。NFTは単にデジタル収集品を表すだけでなく、クリエイターやコミュニティにまったく新しい体験を生み出すことができます。

NFTはデジタル収集品として機能することができます。さらに、それらは物理的な商品や収集品のトークン化された表現であり、他のデジタルコンテンツのロックを解除し、デジタルまたは対面の体験へのアクセストークンとして機能することができます。NFTは、さまざまな金融アプリケーションやユースケースに使用できます。NFTの設計スペースはほぼ無制限であり、ブロックチェーンテクノロジーのエキサイティングなパラダイムシフトを表しています。

Decentralized Finance(DeFi)は、貸し手、債権者、流動性プロバイダーにとって、大規模な新しい金融機会を開拓するためのゲートウェイです。DeFiプロトコルには400億ドルを超える価値が固定されており、この数は今後数年間で数桁増加すると予想されています。しかし、私たちはまだDeFi運動の非常に初期の段階にあります。

今日、ほとんどのDeFi参加者は非常に洗練されており、数万人のユーザーがいますが、数百万人の暗号通貨ユーザーの大多数はまだこれらのテクノロジーを大量に採用していません。DeFiプロトコルとの相互作用は困難で面倒であり、ステーキング/アンステーキング、永久損失の測定、高額なガス料金の支払いなどの複雑な操作が必要です。さらに、数億から数十億の主流の消費者、商人、個人投資家、中小企業、およびグローバル企業は、これらの許可のない金融プロトコルについてほとんど知識がなく、お金の発明以来、おそらく最も破壊的な金融運動に参加することができません。自体。

安定したコインやビットコインとイーサを使ってさまざまな業種で取引する買い手と売り手の両方がありますが、クレジットカードやモバイル決済などの既存の広範な支払い方法は、その普遍性、利便性、価格設定の欠如のために、多くの暗号に精通したユーザーに依然として好まれていますボラティリティ。暗号通貨が交換手段の主要な形態になるまで、ピアツーピアコマースは障害があります。

分散型テクノロジーを使用してコマースプラットフォームを作成するだけでは、商人や消費者が広く採用されるとは限りません。暗号中心のテクノロジーなしでは不可能な新しいキラーアプリケーションを作成することによってのみ、私たちの業界は、数億または数十億の人々に影響を与えるグローバルな商取引と金融のためのよりオープンで許可のない、回復力のある未来を作り出すことに成功します。

Origin Token(OGN)は、Originプラットフォーム全体と製品スイートのガバナンスと価値の発生トークンです。OGNトークン所有者は、基礎となるプロトコルを管理するための提案を作成して投票することができます。OGN保​​有者は、Originプラットフォームとその上に構築された製品の成功から直接恩恵を受けています。生成された収益は、ガバナンスプロセスを通じて将来変更される可能性のあるいくつかの経済モデルを介してOGNに直接発生します。

前書き

特にNFT分野でのピアツーピアコマースと分散型ファイナンス(DeFi)の融合により、Originプラットフォームとエコシステムの一部として獲得しようとしている数十億ドルの価値が解き放たれると確信しています。

そこにたどり着くために、私たちはブロックチェーン対応の商取引と金融を大衆にもたらします。Origin Commerceプラットフォームを引き続きアップグレードして、暗号通貨テクノロジーによってのみ可能になる新しいキラーユースケースを可能にします。まず、非代替トークン(NFT)を利用して、Shopify、Amazon、Alibabaなどの既存のプラットフォームでは複製できない新しいコマースエクスペリエンスを構築します。

2020年だけでも、NFTの2億5,000万ドル以上が手に渡り、そのほとんどは年末に発生しました。NFTの売上高と取引量の成長率、およびこの分野のイノベーション率は指数関数的です。NBAやMLBなどのトップブランドはすでに関与しており、ニューヨークタイムズのアンドリーセンホロウィッツの全員がNFTに投資したりコメントしたりしています。NFTは、音楽業界(700億ドル以上)、美術品の販売(600億ドル以上)、ビデオゲーム(1400億ドル以上)、収集品市場(3700億ドル以上)、およびその他の多くの業界を混乱させる可能性があります。NFTは、グローバルな文化と商取引のほぼすべての側面に影響を与える可能性のある大規模な破壊的機会を表しています。

2021年初頭の時点で、NFTは現在Google検索トレンドでDeFiを追い抜いており、他の暗号通貨にはない幅広い主流の文化的魅力を保持しています。これは、NFTが主流のユーザーを暗号に搭載する最初の製品カテゴリになると私たちに信じさせる重要な要因です。NFTの作成者と購入者の両方を正常にオンボーディングできるプラットフォームは、途方もない価値を獲得します。私たちはそのプラットフォームになるつもりです。

さらに、主流の消費者がDeFiの利回り獲得戦略に参加することを非常に簡単にします。投資家と貸し手は、従来の銀行システムが現在提供しているものの10〜100倍(10〜20%)の利回りを獲得する必要があります。借り手は、投資、事業、およびその他の企業に資金を提供するために、クレジットに簡単にアクセスできる必要があります。さらに、これはすべて、今日の第1世代DeFi製品の製品体験とはまったく対照的な、摩擦のない簡単な方法で行う必要があります。

同様に、消費者と商人が数十億ドルから数兆ドル規模の商取引の機会が存在するために暗号通貨とブロックチェーン技術を使用するためのより説得力のある理由が必要であると私たちは信じています。ピアツーピアおよび消費者から商人への暗号通貨取引は、現在よりもはるかに単純にする必要があります。私たちは、既存のクレジット/デビットカードや法定通貨と集中型システムに依存するモバイル決済よりも優れた暗号通貨決済レールを普及させる必要があります。

私たちの野心的なビジョンを実現するために、私たちはOrigin Dollar(OUSD)を、非常に構成可能な重要なDeFiビルディングブロックおよびマネーレゴとして開発および成長させていきます。近い将来、複数の主流の消費者および商人のアプリケーションに電力を供給します。基盤となるDeFi製品を使用していることに必ずしも気付かずに、今後数年間で数百万人のユーザーがOUSDを利用したアプリケーションを使用すると予想しています。

オリジンコマースプラットフォーム

2020年を通じて、我々は構築されており、Originの主力コマースプラットフォーム、時に反復DshopブレイブとKYBERネットワークを含む商人の何百もが使用するとしてマーキーパートナーシップによってサポートされている、Googleクラウドとアマゾン。

Dshopの使用が増え続けている一方で、暗号固有のコマースバーティカル(最も目立つのは非代替トークン(NFT))に重点を置いており、フル機能のNFTプラットフォームの開発に取り組んでいます。

NFTは、暗号中心のコマース製品を今後数年間で数億人とまではいかなくても数百万人のユーザーに提供する、初期の、しかし非常に破壊的なテクノロジーであると信じています。これを書いている時点で、OriginのNFT Launchpadは、1回のNFTドロップでの総売上高が過去最高の1170万ドル近くに達しました。

2021年1月、NFTは記録的な8000万ドルの取引量を占めました。NFTの売上が指数関数的に成長しており、暗号中心の商取引で最も急速に成長している機会であることは明らかです。

ただし、市場の大部分はNFTを単に希少なデジタルアートと誤解していると私たちは考えています。Originでは、NFTは、OUSDのような代替可能な支払い通貨を数十億ドルの機会に橋渡しする暗号中心のビルディングブロックであると信じています。

OriginのNFTLaunchpadは、いくつかの主要な業種でコマースを再定義します。

オフライン商品と交換可能なNFT

2020年5月、グラミー賞を受賞したDJ RACは、物理カセットテープと交換可能な$ TAPENFTをリリースしました。カセットテープと引き換え可能な$ TAPEトークンが最終的にトークンあたり$ 3,000をクリアしたため、彼は単一のカセットテープの最終販売価格の記録を樹立することをほとんど知りませんでした。

これは、NFTが限定版のプレミアム製品の展望をどのように変えたかの一例にすぎません。物理的なオフライン商品を表すNFTは、ブロックチェーンで認証できます。インフルエンサー、アーティスト、クリエーター、その他の商人は、確かに希少であり、貴重な物理的アイテムを代表するNFTを発行できるようになりました。

NFTを使用してこれらのクリエイターコミュニティを強化する絶好の機会があります。NFTはブロックチェーン上で自由に交換できるため、限定版商品のアフターマーケットも本質的に作成します。

希少性と信頼性を強化する必要がある多くの分野でNFTが繁栄する可能性を認識するために、現在28億ドルと評価されているプレミアムスニーカーマーケットプレイスであるStockXを参照するだけで済みます。今日、同社はプレミアムスニーカーが合法であり、不正ではないことを証明するための料金を徴収することにより、4億ドルの収益を生み出しています。これらのスニーカーに関連付けられているNFTを使用すると、スニーカーが購入者から購入者に販売されるため、明確な来歴が確立されます。

オフライン製品に接続されたNFTを使用する別の兆候では、限定された商品を引き換える必要はありません。たとえば、コレクターはNFTを購入して、そのNFTを美術品、高級ハンドバッグ、またはその他の製品と交換する権利を与えることができますが、その製品は元のメーカーに保管できます。償還は将来いつでも発生する可能性があります。繰り返しになりますが、NFTは交換可能であるため、コレクターはこれらのアイテムの価値が高くなることを期待して、高級アイテムに投資することができます。ただし、物理的な配送を行う必要はなく、投資から利益を得るために、アフターマーケットでアイテムを表すNFTを販売するだけで済みます。

この1つのモデルをさらに一歩進めると、NFTを利用したコマースは、製品が開発または製造される前でも収益を生み出すことができます。Web 2.0の世界では、KickstarterやGofundmeなどのクラウドファンディングプラットフォームがどのようにクリエイタープロジェクトの需要を生み出すことができるかを見てきました。Web 3.0では、NFTは、将来の償還可能な製品の所有権を発行するためのより良い形式になる可能性があります。繰り返しになりますが、これらのNFTは自由に交換可能であるため、プロジェクトが完了する前であっても、支援者に所有権を転売する機能を提供します。

デジタルコンテンツにアクセスするNFT

所有者にデジタルコンテンツやサービスへのアクセスも提供するNFT機能をリリースする予定です。たとえば、コンテンツプロバイダーは、ペイウォールサブスクリプションをNFT所有権に置き換えることができます。NFTを購入したユーザーは、プレミアム記事、未発表の音楽、プレミアムビデオコンテンツ、またはソーシャルゲームやモバイルゲームの特別な機能のロックを解除できます。

これがどのように機能するかの例をいくつか示します。現在、Patreonのインフルエンサーは、スーパーファンがプラットフォームを介して独自のコンテンツにアクセスできるようにしています。同社は5,000万ドルの収益を上げており、現在12億ドルの価値があります。ただし、これらのサブスクリプションと個別の支払いは、一意のユーザーに関連付けられています。明日の世界では、クリエイターは代わりに特別な動画や音楽コンテンツのロックを解除するNFTを発行できます。

アクセストークンであるNFT

NFTを利用した商取引における数十億ドルの機会である3番目の機会は、体験型商取引にあります。ブロックチェーンで認定されたNFTは、プロスポーツ、コンサート、その他のライブパフォーマンスのチケットの信頼性を保証できます。これにより、不正なチケットのリスクが軽減され、チケットの再販の明確な来歴も維持されます。

Patreonの例に戻ると、作成者のNFTを使用すると、ユーザーはお気に入りの有名人と1対1のビデオチャットを行うことができます。別のユーザーは、お気に入りのミュージシャンのコンサートへの舞台裏でのアクセスを生涯にわたって許可するプレミアムNFTを購入できます。

NFTランチパッド

NFTを使用してこれらすべての暗号中心の機会の価値を解き放つための鍵は、作成者にとってNFTの発行を非常に簡単にすることです。さらに、Nifty Gatewayのような市場の既存のプレーヤーとは対照的に、クリエイターはブランディングを所有し、価格設定モデル(たとえば、さまざまなオークションの仕組みや段階的な価格設定)を直接制御する必要があると考えています。Dshop NFT Launchpadを使用すると、クリエイターとインフルエンサーは、コンテンツと、物理的、デジタル、および体験型の製品をより直接的に制御できます。多くのマーチャントが、カスタムブランディングやエンドカスタマーとの直接的な関係を許可しないジェネリックマーケットプレイスでの販売よりもShopifyを選択したように、NFTでも同じモデルが成功すると考えています。

前述の3つのNFTを利用したコマースの機会はすべて、すでに当社のプラットフォームでサポートされています。総売上高の約1170万ドルは、最初のキャンペーンでOriginのコマースプラットフォームを使用して生成されました。これは、単一のNFTコレクションの以前の記録を打ち破った金額です。この記録破りのイベントの報道は、ニューヨークタイムズやフォーブスなどの主流メディアに届きました。

同様に、OriginとBraveとの関係はますます深まり、既存のグッズストアでNFTを販売できるようになりました。彼らの最初のコレクション全体は数分で完売しました。すでに月間アクティブユーザー数が2,000万人(MAU)を誇る、指数関数的に成長しているブラウザ会社とのNFT中心の商取引の機会が増えると予想しています。

近い将来、NFTコマースイニシアチブを強化するために、追加の主流のインフルエンサーや象徴的なブランドとの追加のパートナーシップを形成する予定です。Originプラットフォームへの最新のNFT製品のアップグレードを通じて、プレミアムな限定版のオンラインおよびオフラインの商品やサービスを収益化するための未開拓の巨大な市場があると信じています。

ORIGINNFTマーケットプレイス

流通市場での販売は、NFTの真の価格発見と、この初期の市場の成熟に不可欠です。[Origin NFT Auction Platform]で発売されたすべてのNFTと、他のプラットフォームやマーケットプレイスからのNFTの流通市場での販売のためのマーケットプレイスプラットフォームを構築する予定です。Originチームは、ピアツーピアマーケットプレイステクノロジーの構築に4年以上の経験があり、この分野のリーダーです。Origin Marketplaceプロトコルは2018年にイーサリアムメインネットで開始され、さまざまな商品やサービスの数万人のユーザーとリストをサポートしました。Originは、NFTマーケットプレイスのリーダーであり、パートナーのクリエイターだけでなく、独立して、または別のプラットフォームで立ち上げたクリエイターからNFTの売上を獲得することを完全に意図しています。

NFTは、分散型テクノロジー標準の共通セットに基づいているため、NFTエコシステム全体にサービスを提供できる市場を構築できます。他のNFTマーケットプレイスオペレーターによって展開された堀は、分散化の精神に反しているため、すぐに無効になります。私たちのプラットフォームのもう1つの重要な側面は、これらのセカンダリマーケットプレイスは、NFT作成者自身が実行およびキュレートできることです。ギャラリストやアーティストは、資産の価格に大きな影響を与える可能性があるため、プレゼンテーションとキュレーションに常に深く関心を持ってきました。作成者が作成から流通市場での販売までNFTのあらゆる側面を制御できるようにすることは、より一般的なNFTマーケットプレイスに対するOriginのNFTプラットフォームの重要な差別化要因です。

クリエイターがカスタムNFTマーケットプレイスに興奮する必要があるもう一つの理由は、それが彼らがより長期間にわたって彼らの作品をより良く収益化することを可能にするということです。アーティストは、作成したNFTに付随するプログラマティックトランザクション料金からの価値獲得が増加します。これは、流通市場での販売がNFTクリエイターに永続的に収益をもたらすことを意味します。以前は、ミュージシャンはロイヤルティを通じてこの価値のごく一部しか獲得できず、ファインアーティストは二次販売から価値を獲得しませんでした。

流通市場での販売は価格発見にとって重要であるだけでなく、これらの販売からの取引手数料は、将来の[OriginNFT製品]の主要な収益ドライバーの1つになるでしょう。流通市場では、最初の販売時よりもはるかに多くの取引が行われており、将来的には記録的な取引が見込まれます。Originは、フル機能のNFTプラットフォームとエコシステムを構築する予定です。私たちは、この分野で最高のエンドツーエンドのNFTプラットフォームを開発し、ユーザー、NFTクリエーターパートナー、およびトークン所有者に多大な価値をもたらします。

オリジンドル(OUSD)

1999年、PayPalの最初の共同創設者の1人であるYu Panは、従来の銀行システムに接続することなく、利息を生み出す戦略とデビットカードを備えた「新しい世界通貨」の作成を考案しました。いくつかの要点とその後のeBayの買収により、PayPalはこの分野での野心を捨てました。

20年後、Originの創設エンジニアであるYu Panと残りのOriginチームは、ついにこの新しい世界通貨を発売しました。

オリジンドルは、暗号通貨ウォレットに座っている間に利回りを獲得する機会をユーザーに自動的かつ受動的に提供する最初の暗号通貨安定コインです。ユーザーは、基礎となるDeFiプロトコル全体で利回りを獲得するために、賭け/賭けを解除したり、流動性を提供したりする必要はありません。過去のパフォーマンスは将来の結果を保証するものではありませんが、これまでのところ、OUSDは、基盤となるDeFiプロトコルを通じて、任意の時点で20%から150%の年間利回りを生み出しています。

OUSDは、大衆向けの優れたDeFi製品です。自動マーケットメーカー(AMM)に流動性を貸したり供給したりすることで手数料を稼ぐことに通常関連するすべての複雑さを取り除くことにより、OUSDは暗号通貨技術に不慣れなユーザーにとって非常にアクセスしやすくなります。今日、ユーザーは、集中型取引所またはUniswap / Sushiswapなどの分散型スワップサイトでOUSDを購入するだけで、DeFi利回りのエクスポージャーをすぐに取得できます。または、ユーザーはOUSD DAppで既存のstablecoin(現在はDAI、USDT、USDC)を使用してOUSDを作成できます。

現在のAPYと循環供給は、OUSDダッシュボードで透過的に公開されます。

OUSDを使用すると、OUSDを使いたいときに、複雑なポジションを解消する必要がありません。使用可能な資本のロックを解除するためにガスを支払うことなく、それを自由に転送することができます。さらに、OUSDを使用すると、面倒なことなく、主要なDeFi機会のバスケットを利用できます。OUSDスマートコントラクトは、基礎となる資本を多様な利回り獲得戦略のセットに展開し、リスクを多様化しながら強力な利回りを達成するために時間の経過とともに自動的にリバランスします。OUSDを保持している間、収益は自動的にウォレットに蓄積され、継続的に複利計算されます。繰り返しになりますが、ステーキングやロックアップは必要ないため、OUSDは他のERC-20トークンと同じくらい簡単に転送できます。OUSDは、理想的なアカウント単位としても機能します。

歩留まり戦略

OUSDは、利回りを生み出すために、貸付とマーケットメイクという2つの高レベルの戦略を使用します。

貸し出し:

DeFi貸付プラットフォームにより、ユーザーは仲介者なしで暗号資産を貸与および借用できます。貸し手と借り手の両方が彼らの暗号からより多くの価値を得る。貸し手は利息を稼ぎますが、借り手は従来の銀行の頭痛の種なしにクレジットへのアクセスを得るために担保として暗号を預けます。DeFi貸付プラットフォームは現在、従来の市場で一般的に利用可能なものよりもはるかに優れたリターンを貸し手に提供しています。

OUSDは、過剰担保ローンを提供するDeFi貸付プラットフォームと統合されています。過剰担保は、清算に関する賢明なルールと組み合わされて、貸し手に合理的なレベルのセキュリティを提供します。Aaveはさらに、それぞれAAVEトークンを使用して貸出プールを保護し、リスクをさらに低減します。

OUSDは、スマートコントラクトを監査した確かな実績を持つ2つの主要な貸付プロバイダーであるCompoundとAaveと統合されており、問題なく数億ドルの貸付に成功しています。

マーケットメイク:

自動マーケットメーカー(AMM)は、イーサリアムネットワークでの分散型取引所の好ましい形態として急速に台頭してきました。これは、イーサリアム1.0でオーダーブックDEXをサポートすることが難しいためです。これは、集中型取引所での即時の低スリップエクスペリエンスに匹敵する可能性があります。さらに、UniswapのようなAMMは、比較的ユーザーフレンドリーでガス効率に優れています。

AMMは、流動性プロバイダーが流動性を提供する場合にのみ新しい市場を有効にすることができます(たとえば、特定の取引ペアまたはプールに複数のトークン)。流動性を提供する見返りに、他のユーザーがトークンを交換すると、流動性プロバイダーは取引手数料を受け取ります。たとえば、トレーダーがUniswapでUSDTをUSDCに交換する場合、現在、ガス料金に加えて0.3%が請求されます。これらの手数料は、提供した総流動性の割合に基づいて、USDT-USDCペアの流動性プロバイダーに比例配分されます。

OUSDプロトコルは、USDT、USDC、およびDAIを、取引量と報酬トークン(たとえば、バランサーが流動性プロバイダーにBALトークンを報酬する)によって決定される高性能の流動性プールにルーティングします。その後、利回りはOUSD保有者に渡されます。OUSDスマートコントラクトは現在Curveと統合されており、将来的にUniswap、Sushiswap、Balancerと統合される可能性があります。

貸付からの利息とマーケットメイクからの手数料を集めることに加えて、私たちは多くのDeFiプロトコルによって配布されているボーナスインセンティブを自動的に請求して変換するつもりです。たとえば、CompoundはCOMPトークンを提供し、BalancerはBALトークンを提供し、CurveはCRVトークンを提供します。これらのボーナス報酬は定期的にstablecoinに変換され、市場に展開され、追加の利回りの形でOUSD保有者に配布されます。

OUSDは、OUSD保有者に返される報酬を増幅する重要な設計上の決定の組み合わせにより、競合するプロトコルよりも高い利回りを生み出すことができます。

退場料はプールに戻され、長期保有者に報います

価格オラクルは個人よりも集合体を支持し、長期保有者に再び報いる

スマートコントラクトは、利回りを獲得するために手動でオプトインする必要があります。これにより、プロトコルは、他の方法で可能であるよりも多くの資本を機能させることができます。

OUSDスマートコントラクトを使用すると、ユーザーは、基礎となる単一の戦略に資本を投入するよりも、リスクと報酬のバランスをより効果的にとることができます。

OUSDにおけるオリジンの役割

OUSDは、ユーザーがDeFiエクスポージャーに簡単かつ受動的にアクセスできるようにするツールとなることを目的としています。OUSDの開発におけるオリジンの役割は、管理職ではなく大臣職です。つまり、Originは、OUSDをビジネスとして積極的に管理したり、OUSDボールト内の資金を積極的に管理したりする代わりに、プロトコルの機能を維持し、ユーザーの壊滅的な損失や障害を回避するために、開発者としてOUSDスマートコントラクトを維持します。オリジンは、OUSDボールトから資金を割り当てるための戦略的決定を行うつもりはありません。OUSDボールトの資金は、上記で概説したように、Compound、Aave、Curveなどの最大かつ最も一般的なDeFiプロトコルに自動的に展開されます。OUSDは、アクティブな管理のないイーサリアムブロックチェーン上の分散型プロトコルです。資金は、Originの従業員ではなく、OUSDのスマートコントラクトによって割り当てられます。Originの開発者は、最大の利回りや利益を追求するのではなく、DeFiでの安全性と遍在性のために、前述のDeFiプロトコルを選択しました。OUSDプロトコルは100%オープンソースであり、完全に分散化された方法で管理されるOUSDを迅速に追跡しています。

読者は、ドキュメントでOUSDの技術的な詳細について詳しく知ることができます。

OUSDのメリット

現在、主流の暗号通貨ユーザーは、OUSDを保持しているときはいつでも、イーサリアムウォレットに自動的に組み込まれた高利回りの普通預金口座に相当するものを持っています。これにより、DeFiのアドレス可能なユーザーベースが数万から数十万の洗練されたユーザーから数千万のユーザーに瞬時に増加します。比較すると、これまでで最も広く使用されているDeFi製品であるUniswapは、発売以来、約25万のイーサリアムウォレットとしか相互作用していません。

OUSDを使用すると、消費者は支出モードと貯蓄モードを簡単に切り替えることができるため、交換の理想的な媒体にもなります。今日、黒またはグレーマーケットを扱っている商人以外の多くの商人は、暗号通貨を受け入れるための多くのインセンティブを持っていません。現在、ほとんどの消費者はクレジットカードとモバイル決済を使用しているため、マーチャントは主にこれらの方法で支払いを受け入れることを余儀なくされています。その過程で、2.90%のクレジットカード処理手数料が請求されることが多く、他の支払い仲介業者(マーチャントバンカーやインターチェンジネットワークなど)もビジネスのコストを増加させます。

伝統的に暗号通貨の支払いを受け取ることに懐疑的だった商人にとって、伝統的な普通預金口座を打ち負かし、最低20%のAPYで即座に利回りを稼ぐ利回りの安定したコインを受け入れることができることは強力な動機です。販売ごとにお金を失う代わりに、彼らは即座に複合する彼らの商人の口座に即座に資本を追加し、時間とともにより多くの運転資本を彼らに与えます。キャッシュフロー管理や在庫の問題に直面することが多い加盟店にとって、利回りのある支払い方法を受け入れることができることは非常に魅力的です。

OUSDは、商人がビジネスで暗号通貨の使用を受け入れるだけでなく促進するためのインセンティブを作成します。より多くのユーザーがOUSDを保持して購入するにつれて、より多くのマーチャントが同様にOUSDを受け入れます。これらの強力なネットワーク効果は、オンラインとオフラインの両方の商取引の支払いレールを徐々に置き換える可能性があります。

短期的には、OUSDのターゲットオーディエンスには、まだDeFiに投資されていない世界中の数百万の暗号通貨ユーザーが含まれます。さらに大きなチャンスは、現在従来のピアツーピアおよびマーチャント決済システムを使用している何億人ものユーザーをターゲットにすることにあります。

今日、PayPalは3億500万人以上の消費者と2200万人の商人を誇り、1四半期に2,000億ドル以上の支払いを処理しています。私たちの目標は、来年、OUSDプロトコルに基づいて構築されたOUSDおよび将来の決済アプリケーションでその顧客ベースに浸透し始めることです。

今後の製品

基礎となる支払いレールとしてOUSDを使用する、オンラインおよびオフラインの支払いのより良い未来を想像します。以下に、OUSDプロトコルの上に構築してもらいたいものに対するビジョンの概要を示します。また、サポーターとオープンソース開発者の大規模なコミュニティが、DeFiと暗号通貨の支払いを大衆にもたらすための追加の魅力的な製品を構築することをお勧めします。

Venmoは高利回りの節約とデビットカードを満たしています

今日、ピアツーピアのモバイル決済は、取引量で数兆ドルを占めています。米国では、VenmoとSquareCashが優勢です。取引量で暗号通貨の最大の市場である中国では、WechatとAlipayは消費者と商人をほぼ独占的に保持しています。これらのシンプルな一元化された支払いアプリは、マーチャントに支払う顧客や、友人や家族がお互いに送金するときに使用されます。さらに、多くの市場、特に米国とヨーロッパでは、銀行カードは依然としてオンラインおよびオフラインの取引にお金を使うための頼りになる方法です。クレジットカード会社、支払い処理業者、銀行がこの市場を支配しており、PayPalなど、加盟店や消費者がオンラインでカードを使用するのを支援するさまざまな会社があります。

これらの既存の支払い方法を使用している何十億ものユーザーは、摩擦の増加とネットワーク効果の欠如のために、暗号通貨支払いを採用するインセンティブをほとんど持っていません。

OUSDプロトコルの上に構築された関連するデビットカードを備えた新しいピアツーピア決済アプリは、既存企業を混乱させる可能性があると考えています。今日、Venmoユーザーは、Venmoアカウントと当座預金口座およびクレジットカードの間でお金をシャッフルします。前者の場合、Venmoに座っているお金や当座預金口座は利息を稼ぎません。クレジットカードで資金を調達しているVenmoの残高は、複数の仲介業者から手数料がかかるため、さらに悪化します。後者の場合、特にインフレを考慮に入れると、ユーザーが獲得する利息は通常無視できます。キャッシュバックまたはリワードプログラムはユーザーにインセンティブを提供できますが、支払いを逃した場合の高金利はユーザーの強い阻害要因になります。

OUSDを搭載した明日のピアツーピアモバイル決済アプリケーションは、2桁の利回りのキラー機能を導入します。私たちのバージョンのVenmoは、ピアツーピア支払いの容易さと、従来の普通預金口座を10倍から100倍上回る高利回りの普通預金口座を組み合わせます。

OUSD支払いアプリは、主流ユーザーのユーザーの摩擦を最小限に抑えるために、一元化されたモバイルアプリとAPIを使用して構築されます。ユーザーは、米ドルやその他の法定通貨をアプリに預け入れて、一元化されたアプリケーションのシームレスなユーザーエクスペリエンスを楽しむことができます。ただし、バックエンドでは、これらの法定紙幣はOUSDの作成に使用されます。新規ユーザーは、暗号通貨を理解する必要なしに、Originの保管ウォレットのOUSDで残高を保持します。彼らは、支出していないときに、業界をリードする利回りを獲得することができます。繰り返しになりますが、OUSDは常に収益を上げており、同時に使用または転送する準備ができています。

将来のOUSD決済アプリのウイルス効果は誇張することはできません。ペイメントアプリは本質的にすでにバイラルであり、ユーザーは彼らと取引するために友人や家族をオンボーディングし、強力なネットワーク効果を確立しています。マーチャントは、ほとんどのユーザーを引き付ける支払いサービスをすぐに採用します。新規紹介ユーザーが紹介ユーザーから資金を受け取るとすぐに利回りを獲得する機能を追加することにより、新規ユーザーを紹介する既存ユーザーのビリアル係数は、従来の決済アプリケーションでこれまでに見られたものの倍数になると考えています。

OUSDデビットカードは将来のOUSD支払いアプリに関連付けられ、ユーザーがアプリ上のOUSD残高を使い切ることができるようになります。ユーザーがOUSDを使用したいときはいつでも、OUSDはVisaのインターチェンジネットワークを介してUSDに変換され、世界中の4,000万の加盟店に即座に受け入れられます。マーチャントはUSDを受け取り、トランザクションを強化するための基礎となる元の通貨としてOUSDが使用されたことを知る必要はありません。繰り返しになりますが、ユーザーのOUSDが使用されていない場合、既存のキャッシュバンクやクレジットカードのリワードプログラムよりも優れているはずの驚異的な利回りが自動的に蓄積されます。

ホスト型またはマネージドウォレットでのリリースを計画していますが、マネージドウォレットを使用したくない場合は、ユーザーが自分の資金を管理する必要があると考えています。私たちが構築するサービスはアプリケーションとミドルウェア層に集中化されますが、コアプロトコルは分散化されます。ユーザーはいつでもマネージドウォレットからイジェクトして、同じアプリ内の独自のセルフマネージドウォレットにOUSDを保持することができます。基盤となるプロトコルの利点について教育を受けるにつれて、時間の経過とともにマネージドウォレットからセルフホストウォレットに徐々に移行するユーザーが増えると予想されます。

従来のプラットフォームでのOUSD支払い

オンラインおよびオフラインのマーチャントにOUSDRailsを利用した支払いを受け入れるようにすることは、大きな一歩です。ただし、さらに先の目標は、加盟店にOUSDを直接受け入れてもらうことです。

従来のクレジットカードやモバイル決済よりもOUSDをマーチャントとして受け入れるインセンティブは非常に魅力的です。商人は、複数の支払い手数料で課税されるのではなく、商品やサービスの販売で2桁の利回りを得ることができます。

OUSDを受け入れる最初のeコマースプラットフォームは、Origin独自のDshopプラットフォームです。ただし、Dshopは比較的新しいプラットフォームであり、オンラインeコマースストアの大部分はShopifyやWooCommerceなどの既存企業によって運営されています。

ありがたいことに、ShopifyとWooCommerceの両方に成熟した開発者プラットフォームとAPIがあります。これらの既存のプラットフォーム上にアプリケーションを構築し、マーチャントがOUSDで支払いたい顧客から直接OUSDを受け入れることができるようにする予定です。これらの開発者プラグインは比較的簡単に作成でき、代替の支払い方法の例は数多くあります。

たとえば、Shopifyアプリストアは現在、Coinbase Commerce、Bitpay、およびGoCoinをすでに提供しています。今後、マーチャント向けのOUSD決済アプリをリリースする予定です。

クロスチェーンOUSD

ETHの価格とイーサリアムネットワークの使用の両方の最近の高騰を考えると、ガス料金はますます法外になり、私たちが望む種類の小売りの採用を得るための主要な抑止力になっています。

Ethereum is by far the most dominant layer 1 chain when it comes to DeFi activity and total value locked (TVL) today. However, as other layer 1 chains gain DeFi adoption, it is our intention to make OUSD accessible on other chains like Binance Smart Chain, Solana, Cosmos, and Polkadot which offer faster transactions and lower gas costs.

OUSDのすべての利回りは、イーサリアムプラットフォームで引き続き生成されます。これは、今日、資本と収益の機会の大部分がイーサリアムプラットフォームに存在するためです。ただし、チェーン固有のバージョンのOUSDは、クロスチェーンブリッジにOUSDをロックする人なら誰でも作成できます。たとえば、Solanaエコシステム内で自由に転送できる100 sOUSDを生成するために、Solanaブリッジで100OUSDをロックできます。元のOUSDは、利回りを獲得し続けるスマートコントラクトに固定されたままになります。Solana内では、循環するsOUSDトークンは、スマートコントラクトでロックされたOUSDとロックステップでリベースされます。退出を希望する人は誰でも、sOUSDを、元々ロックされていた資本に加えて、それを保持している間に生成された利回りと引き換えることができます。

オリジントークン(OGN)

Origin Token(OGN)は、Originプラットフォーム全体と製品スイートのガバナンスと価値の発生トークンです。

ガバナンス

OUSDプロトコルの分散型ガバナンスが最初に行われます。OUSDをコミュニティ所有にする移行が成功した後、Originコマースプラットフォームの段階的な分散化も開始します。

今日、OUSDプロトコルはすでに完全な分散化への進歩的な道を進んでいます。完全な分散化までの4つのフェーズの概要を説明し、現在フェーズ2にあります。

OGNトークン所有者は、基礎となるプロトコルを管理するための提案を作成して投票することができます。これには次のものが含まれます。

新しいタイプの利回り獲得戦略の追加/削除

戦略のバスケット全体に資本を割り当てる

プロトコルによって請求される料金の決定

継続的に提供されるインセンティブ(流動性マイニングに対するOGN報酬など)の決定

分散型ガバナンス特権は、短期的にOUSD上に構築されるピアツーピア決済製品やデビットカードなどの集中型アプリケーションには適用されないことに注意してください。ただし、基盤となるプロトコルは2021年末までに完全に分散化されます。

価値の発生

OGN保​​有者は、Originプラットフォーム上に構築された製品から発生するプロトコルの収益と料金から直接利益を得ることができます。これには、OUSDからのオンチェーン収益だけでなく、OUSDまたは将来の当社のコマース製品からの潜在的なオフチェーン収益源も含まれます。

OUSD

現在、OUSDから生成されたDeFi利回りの10%がプロトコルサービス料金として徴収されています。これらのオンチェーン料金は、市場でOGNを買い戻すために使用されており、OUSDのガバナンストークンに対する一貫した購入圧力を生み出しています。

分散型ガバナンスを通じて、コミュニティはサービス料金の設定やその他の価値発生パラメータを調整できるようになります。

たとえば、コミュニティは、OUSDの利回りベンチマークに基づいて変動するサービス料金に投票する場合があります(たとえば、OUSDが50 %% +の利回りを返す場合と20 %% +の利回りを返す場合のサービス料金の増加)。

他のコミュニティ提案モデルには、これらのサービス料金をOGN保有者への配当として直接OGN保有者に振り向けることが含まれる場合があります。

追加のモデルは、トークンを賭けるOGN保有者に、より大きな料金を報酬として与える場合があります(たとえば、3か月間賭けるOGN保有者は、1か月間賭けるよりも多くの報酬を受け取ります)

したがって、OGN保有者はOUSDを促進するように奨励されます。OUSDの循環供給が増加すると、生成されるサービス料金も増加し、OGN保有者に直接経済的に利益をもたらします。逆もまた真です。OUSD保有者は、OGN保有者になるように奨励されているため、プロトコルのガバナンスに積極的に参加できます。これにより、Originの2つのトークン間に強力なフライホイール効果が作成されます。

新しいピアツーピア決済製品やデビットカード製品など、OUSDプロトコルの上に強力なアプリケーションを構築することが私たちの意図であるため、これらのアプリケーションを使用して新しい収益化の機会を創出することもできます。たとえば、これらのエクスペリエンスを強化するために集中型インフラストラクチャを実行するコストをカバーするために、OUSDの利回りのごく一部を収益として使用する場合があります。オフチェーンで生成された利益は、同様にOGN買戻しプログラムまたは上記の他の料金分配オプションに再投資することができます。

創設チーム

Originは、JoshFraserとMatthewLiuによって設立されました。これらの起業家は、複数のベンチャー支援企業を設立し、成功を収め、過去に複数の事業に協力してきました。彼らは、創立エンジニアが参加したユー・パン。Yu Panは、Elon Musk、Peter Thiel、Max Levchin、Ken Howery、LukeNosekと並んでPayPalの共同創設者の1人でした。Yu PanはYouTubeの最初の従業員でもあり、GoogleとAffirmで上級職を歴任しました。

Joshは10歳からコーディングを続け、2011年から暗号通貨に携わっています。彼はWalmartLabsに買収されたWeb最適化会社Torbitを設立しました。マットはスタンフォード大学で工学の学士号と修士号を取得し、YouTubeで3番目のプロダクトマネージャーを務めました。マットはイーサリアムのクラウドセールに参加し、2014年から暗号通貨に携わっています。

オリジンの主要な投資家は、世界最古の暗号通貨ファンドであるパンテラキャピタルです。その他の注目すべき投資家には、Foundation Capital、Blocktower、Blockchain.com、KBW Ventures、Spartan Capital、PreAngel Fund、Hashed、Kenetic Capital、FBG、QCP Capital、Smart ContractJapanなどがあります。有名なエンジェル投資家には、YouTubeの創設者であるSteve Chen、Redditの創設者であるAlexis Ohanian、YCombinatorのパートナーであるGarryTan、Akamaiの創設者であるRandallKaplanが含まれます。

結論

NFTと分散型ファイナンスを使用したピアツーピアコマースを大衆に提供するという新たな焦点と使命により、私たちはこれまで以上に主流の数十億ドルの機会を解き放つことができると信じています。すでに数百万にのぼる暗号通貨の基本的な理解をすでに持っているユーザーから始めていますが、今年は積極的に主流のユーザーをターゲットにし始めます。今後数年間で、当社の製品は溝を越え、当社の野心は、基盤となるプロトコルに裏打ちされたOrigin製品を使用して数億人のユーザーを集めることです。

Origin Protocol(OGN)が買える取引所の一覧

取引所 24H 取引量シェア
Binance 68.99%
Coinbase Pro 12%
Omgfin 9.52%
Huobi 6.44%
Uniswap V2 1.21%

公式情報

公式サイト : http://www.originprotocol.com

Origin Protocolに設定されているタグ

この記事について