Origin Protocol (OGN) とは?

最新価格情報

現在価格:
¥43.87
時価総額:
¥92.81億
時価総額ランク :
275位
24H取引量:
¥49.75億
24H変動額:
¥ +0.64
24H変動率:
+1.48%

簡単にまとめると
[+ 編集]

  • 略称はOGNとなる。
  • Origin Protcolの伸びしろ=シェアリングエコノミー分野の成長
  • Origin Protcolは運営側による利用者の「搾取」を防ぐ
  • Origin Protocolの将来性は社会的に認められつつある

何がすごいのか?
[+ 編集]

  • Origin Protocolは、イーサリアムのブロックチェーン上で分散型(非中央集権的)なシェアリングエコノミーマーケットプレイスを作成する仮想通貨プロジェクト。
  • 2017年から2018年にかけて、ICOで40億円強を調達してスタートした実績があります。
  • シェアリングエコノミーの代表例には、中央集権的なサービスであるAirbnb(居住スペース共有)やUber(乗り物を共有)といったサービスがあるものの、それらを利用するためには運営会社に高額な手数料を支払わなければならないデメリットがあります。たとえば、Airbnbは20%、Uberは33%もの手数料がかかっていることが調査結果から分かっています。


Origin Protocolに置き換えることで、

  • 中間業者が不在となるため、手数料が圧倒的に安くなる
  • 銀行口座を持たない人もシェアリングエコノミーに参加できる
  • 管理主体が存在しないため、セキュリティーに強い

といったメリットがあるとされています。

すでにOrigin Protocolでは、こうした分散型のP2Pマーケットがすでに何百も稼働しています。

まさにOrigin Protcolは次世代のシェアリングエコノミーの担い手として注目されているわけですね。

「次世代のUber」「次世代のAirbnb」というにはまだ小規模ですが、そうした可能性を秘めている仮想通貨です。


どんな技術か?
[+ 編集]

開発状況

  • スター : 561
  • フォーク : 186
  • ウォッチャー : 67
  • イシュー : 1391
  • コントリビューター : 71
  • 1ヶ月のコミット : 2

誰がつくっているのか?
[+ 編集]

これまでの実績
[+ 編集]

今後の将来性は?
[+ 編集]

Origin Protcolの伸びしろ=シェアリングエコノミー分野の成長

上述したようにOrigin Protcolはシェアリングエコノミーに対応する仮想通貨。

そのためOrigin Protcolの今後はシェアリングエコノミーの市場規模の成長に大きく左右されることになります。

シェアリングエコノミーは、2025年に市場規模335億ドル(3.7兆円)に達する成長分野。

もちろんシェアリングエコノミー分野が成長しても、Origin Protcolがその市場でシェアを握ることができなければ意味がありませんが、市場全体が成長していることはOrigin Protcolの値上がりに大きな追い風です。

またOrigin Protcolのメンバーには、PayPalの創設者、YouTubeの開発者、GoogleやDropboxのエンジニアマネージャーが在籍。

優秀なチームであることも、投資家間がOrigin Protcolに期待する理由となっています。


Origin Protcolは運営側による利用者の「搾取」を防ぐ

ただしあなたは、「シェアリングエコノミーの将来性が高いことはわかったけど、別にOrigin Protcolではなくてもいいのでは?」「UberやAirbnbもあるし、今後新しいサービスもできるでしょ」と思うかもしれません。

しかし一般的な会社(中央集権的な企業)が提供するシェアリングエコノミーサービスには、課題もあります。

それは、運営側の力関係が優位で、立場の弱いプラットフォーム利用者が「搾取」されているということ。

たとえばUberはスマホで車を呼ぶことができるタクシーのような配車サービスですが、そのドライバーはUberの社員ではなく、あくまでUberと契約している個人事業主です。

個人事業主なので、一見するとUberと対等な契約関係ですが、実際には社員としての安定はない上、ドライバーとして生計を立てているUberのドライバーはUber側の仕様変更(たとえば報酬)を一方的に受け入れなければならない弱い立場です。

一方のUber側はご存じのように「チャリンチャリン」。つまり、利益率の高いオイシイ商売なのです。

ワシントン大学法大学院准教授のライアン・ケイロー氏と、データと社会研究所の研究者アレックス・ローゼンブラット氏は、Uberの搾取に関する論文『The Taking Economy: Uber, Information, and Power(搾取経済:ウーバー、情報、そして権力)』を発表しています。

この中で、Uberは金銭的にドライバーを搾取してるだけではなく、ドライバーの位置情報などを不正に利用したり、プライベートな情報を握っていることなどが指摘されました。

仮想通貨Origin Protcolは、特定の企業が運営していない分散型のシェアリングエコノミーなので、こうした懸念はありません。

利用者全員が納得できるプラットフォームに成長する可能性があると言えるでしょう。


Origin Protocolの将来性は社会的に認められつつある

またOrigin Protocolは、仮想通貨メディアCryptoWeeklyの「2020年に注目する250の仮想通貨企業」にもランクイン。

2020年に飛躍する可能性のあるエキサイティングなプロジェクトのひとつとされています。

コインベースやバイナンス、リップル社などがランクインしている中、Origin Protocolは41番目に掲載されていますね。

僕自身もOrigin Protocolに注目しており、過去記事「2020年にテンバガー(10倍)が狙える仮想通貨3つ!OGN・BAND・COTI」でも掲載させていただきました。

時価総額が200位前後とまだ小規模、海外の著名なインフルエンサーがツイッターで積極的に取り上げているといった点も追い風と言えます。

議論になっていること
[+ 編集]

次にみるべき記事
[+ 編集]

Origin Protocol(OGN)が買える取引所の一覧

取引所 24H 取引量シェア
Binance 78.04%
Omgfin 7.47%
Huobi 4.88%
MXC 4.77%
Uniswap V2 2.95%

公式情報

公式サイト : http://www.originprotocol.com

Origin Protocolに設定されているタグ

この記事について