Pancake Bunny (BUNNY) とは?

最新価格情報

現在価格:
¥1539.61
時価総額:
¥7.85億
時価総額ランク :
1038位
24H取引量:
¥8.52億
24H変動額:
¥-87.8056
24H変動率:
-5.40%

簡単にまとめると
[+ 編集]

Pancake Bunnyとは、Binance Smart Chain上のAMM(自動マーケットメーカー)のひとつであるPancakeSwap(パンケーキスワップ)で高い利回りを得るための環境を提供する仮想通貨プロジェクト。

PancakeSwapでは、仮想通貨を預けることで利息収入を得るイールドファーミングが可能ですが、運用方法によって利回りが上下します。

もっとも高い利回りを得るには、こまめな最適化(定期的にPancakeSwapをチェックし運用を改善したり再投資したりする)が必要となります。

Pancake Bunnyは、そんなPancakeSwapでの運用を自動で最適化してくれるDeFiイールドアグリゲーターです。

なお、Pancake Bunnyの「バニー」とはウサギのことで、より多くのパンケーキ(報酬)を生むためにウサギが走り回ってくれます。

何がすごいのか?
[+ 編集]

Pancake Bunnyでは、主に2つの機能があります。「独自トークンBUNNYでの報酬の受け取り」と「再投資(自動複利運用)」の2つです。

上述したように、Pancake Bunnyを使うと運用戦略が最適化されるため、単体でPancakeSwapを使うよりも高い利回りを狙うことができます。

Pancake Bunnyでは、その利回りを値上がり益が狙える独自トークンBUNNYで受け取れます。

また、通常PancakeSwapで運用した場合、報酬を「再投資」することが多いでしょう。

もちろん必ず再投資しなければならないわけではありませんが、「利息が利息を生む」複利運用はイールドファーミングの大きな魅力。

Pancake Bunnyでは、自動複利運用があるため、報酬の再投資まで行ってくれます。


Pancake Bunnyは、いくつか存在するBinance Smart Chain上のDeFiイールドアグリゲーターの中でも、世界最大の仮想通貨取引所であるバイナンスのお墨付きを得ているという強みがあります。

たとえば、Pancake Bunnyを開発しているMOUNDは、Binance Labsなどから160万ドル(1億8000万円)の資金調達に成功。

バイナンスのCFO(最高財務責任者)のウェイ・チャウ氏は、Pancake Bunnyについて、

「成長と実行に対するMOUNDのコミットメントはすばらしい。MOUNDのチームのライブ製品のデザインとサービスに関する専門知識が、私たちが投資を決定した主な要因だ。MOUNDとともにDefiの視野を広げることが楽しみ」

と発言しています。

どんな技術か?
[+ 編集]

開発状況 github logo

  • スター : 0
  • フォーク : 0
  • ウォッチャー : 0
  • イシュー : 0
  • コントリビューター : 0
  • 1ヶ月のコミット : 0

誰がつくっているのか?
[+ 編集]

これまでの実績
[+ 編集]

pancakebunnyという運用サービスがある

今後の将来性は?
[+ 編集]

議論になっていること
[+ 編集]

次にみるべき記事
[+ 編集]

Pancake Bunny(BUNNY)が買える取引所の一覧

取引所 24H 取引量シェア
PancakeSwap V2 100%

公式情報

公式サイト : https://pancakebunny.finance/

Pancake Bunnyに設定されているタグ

この記事について