PancakeSwap (CAKE) とは?

最新価格情報

現在価格:
¥1656.94
時価総額:
¥3367.52億
時価総額ランク :
40位
24H取引量:
¥194.98億
24H変動額:
¥ +0.7900
24H変動率:
+0.05%

簡単にまとめると
[+ 編集]

  • PancakeSwapは、Binance Smart Chainで実行される分散型取引所であり、トークンを獲得して、他の機能を利用できる仕組みを備えています。
  • PancakeSwap(分散型取引所)で、通貨を預けると、手数料の一部としてCAKEを貰うこともできます。
  • 高速で安価で、誰でも使用できます。
  • ジャムやベーカリーなどのお菓子系のDeFi通貨の先駆け
  • PancakeSwapとUniswap間で大きく違うのは「利用しているブロックチェーン・規格」にあります。PancakeSwapは「BSC(BEP20)」を採用。Uniswapは「イーサリアムブロックチェーン(ERC20)」を採用。
  • 略称はCAKEとなる。
  • pancakeswapなどで高金利でステーキングできる

何がすごいのか?
[+ 編集]

どんな技術か?
[+ 編集]

開発状況 github logo

  • スター : 0
  • フォーク : 0
  • ウォッチャー : 0
  • イシュー : 0
  • コントリビューター : 0
  • 1ヶ月のコミット : 0

誰がつくっているのか?
[+ 編集]

これまでの実績
[+ 編集]

2021/4 binaceにCAKE/GBPの取引ペアが追加される。

今後の将来性は?
[+ 編集]

PancakeSwapは、すでにイーサリアム系のAMMとして成功を収めているUniswapの「Binance Smart Chain版」

イーサリアム系列と異なり、ガス代の高騰という懸念がない、BSC系列特有の処理の速さから、今後への期待は高く、AMM分野の注目株であることは間違いありません。

しかし、新しいプラットフォームなので、詳細に関する情報が日本語では入手しづらく、多くの投資家が不確定要素を抱えている。

pancakebunnyなどDefi分野で高金利で運用することができる

議論になっていること
[+ 編集]

リリース当初、ガバナンストークンだった「Syrup(シロップ)トークン」に、2020年11月3日・脆弱性が発見


コントラクトにおける脆弱性を悪意のあるハッカーに突かれた。


Syrupトークンが持っていたガバナンス機能は、CAKEに統合。

次にみるべき記事
[+ 編集]

PancakeSwap(CAKE)が買える取引所の一覧

取引所 24H 取引量シェア
Binance 50.92%
PancakeSwap V2 45.76%
GokuMarket 2.15%
Asia Exchange 0.43%
Bkex 0.31%

公式情報

PancakeSwapに設定されているタグ

この記事について