Plug (PLG) とは?

最新価格情報

現在価格:
¥0.0006
時価総額:
¥0.0000
時価総額ランク :
-
24H取引量:
¥41.74
24H変動額:
¥-0.0000
24H変動率:
-2.71%

簡単にまとめると
[+ 編集]

  • PLUGとは、仮想通貨業界で課題となっている「相互運用性」を提供するプロジェクト。
  • 仮想通貨プロジェクトCentralityと、イングランド拠点の企業Qadreが協力することで開発されています。

何がすごいのか?
[+ 編集]

仮想通貨同士の「相互運用性」を解決

「相互運用性」とは仮想通貨PLUGは、プラグ(コンセント)のことで、日本語でつなぎ合わせることを意味します。

仮想通貨業界には無数のコインが存在していますが、それぞれ異なる規格の仮想通貨が乱立していることで、ユーザーの利便性を低下させています。

たとえば、ビットコインとイーサリアムの各ユーザーは、それぞれお金をやり取りしようとすると、直接取引できないことがわかるでしょう。

この垣根を無くし、互いにやり取りできる状態を「相互運用性」、といいます。

PLUGは異なるブロックチェーンを持つ仮想通貨同士をコンセントのようにつなぎ合わせます。

それを無数の仮想通貨で行い、網の目のように張りめぐらせることで、ブロックチェーン・仮想通貨業界をひとつにすることを目指しているのです。


Centralityとの深い関係

PLUGは、知名度のある仮想通貨プロジェクトCentralityが手がけています。

Centralityはニュージーランドを拠点としている仮想通貨で、DApps(分散型アプリケーション)を手軽に開発することができるプラットフォームとして機能します。

2018年1月に行われたCentralityのICOでは、開始6分で100億円相当の圧倒的ともいえる資金調達に成功。

また技術力も伴っており、投資家から高く評価されるプロジェクトとなっています。

CentralityとPLUGは、互いの弱点を補い合うように設計されています。

どんな技術か?
[+ 編集]

開発状況 github logo

  • スター : 0
  • フォーク : 0
  • ウォッチャー : 0
  • イシュー : 0
  • コントリビューター : 0
  • 1ヶ月のコミット : 0

誰がつくっているのか?
[+ 編集]

これまでの実績
[+ 編集]

今後の将来性は?
[+ 編集]

今後増加する「ブロックチェーン」の採用

PLUGの役割について、異なる仮想通貨同士を相互運用することである。

PLUGはそれに加え、現在、ブロックチェーンや仮想通貨を利用していない企業のサービスに、ブロックチェーンを導入させることが可能。

今後、コスト削減やセキュリティ向上などを狙って、多くの企業がブロックチェーンを採用すると考えられます。

結果、PLUGへの需要が高まることが期待されます。


PLUGは「Python」で開発可能

ブロックチェーンの開発では、多くの場合、特殊なプログラミング言語を用いる必要があります。

そのためプログラマーの中でもごく一部の人しか開発できず、ブロックチェーン導入が頓挫することも多いのです。

しかしPLUGは、もっともメジャーな部類に入るプログラミング言語の「Python」で開発できます。

これにより、ブロックチェーン企業や仮想通貨企業に限らず、一般企業でもアプリをブロックチェーン上に移行させることができます。

議論になっていること
[+ 編集]

次にみるべき記事
[+ 編集]

Plug(PLG)が買える取引所の一覧

取引所 24H 取引量シェア
Hotbit 100%

公式情報

公式サイト : https://plgtoken.com/

Plugに設定されているタグ

この記事について